*

大阪の山奥にある猫と遊び放題の楽園へ行ってきた!(画像・動画あり)

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 ねこ

ARK(アニマルレフュージ関西)

周知のように、猟師は動物を殺めます。これは間違いのないことです。

ただ矛盾するようですが、ほとんどの場合「動物がきらいだから」という理由でハンター活動をやっているわけではありません(農家さんが罠猟師をやる場合などはまた別でしょうが)。

むしろ、どちらかといえば動物に興味がある人の方が多いです。大学の畜産科の人とかもいるぐらいですから。

そういう僕もご多分に漏れず、動物はたいてい好きです。昔から興味はあったし、今でもアニマルプラネットとかナショジオワイルドなんかも契約してます。

なかでも、身近な動物でいえば猫が特に好きですね!

そんなわけで昨日、11日の土曜日に大阪は能勢町の山奥にあるアニマルシェルター(動物保護施設)、「ARK(アニマルレフュージ関西)」へボランティアに行ってきました。

ARK(アニマルレフュージ関西)

ARK(アニマルレフュージ関西)

僕はごくたまに、この施設で「猫のアニマルソーシャライザー」ボランティアに参加しています。これがなかなか大変なわけでして。

こういった施設に入っている動物たちは、虐待や放置をされて、大なり小なり人間に不信感を持っている個体がほとんど。そんな動物たちとスキンシップをとることで人間との絆を再構築し、再び人間とともに暮らせるようにするための準備をする。

これがアニマルソーシャライザーの仕事です。具体的に何をするかといえば・・・

要するに遊び倒すのです、特に猫の場合は! なのでまぁつまるところ、タダで遊びに来てるだけですね! 猫カフェだと金かかるし。( ̄∇ ̄*)ゞ

犬のアニマルソーシャライザーだと散歩が大きな仕事ですが、僕はハンターなんかやっていながら犬が若干苦手なので猫オンリー。なので、にゃんころ達と遊んで遊んで遊びまくります! ぃやっほう! (≧▽≦)

この動画ではねこじゃらし好きなにゃんころが登場しましたが、なかには

ARK(アニマルレフュージ関西)

まったく興味を示さない個体もいます。なんというジト目! w

が、めげずにGO!

・・・ふぅ。ねこは大好きなので楽しいのですが、同時に僕は猫アレルギーでもあるので涙と鼻水が止まりません。まぁ、猫のかわいさにくらべればどうってことはないですけどね! (≧▽≦)

ARK(アニマルレフュージ関西)

ここには犬もいて、犬のボランティアさんもまたひっきりなしに犬の散歩に出ておられます。

そして、猫もそうですが、犬もこの画像のようにフェンスに年齢・性別・備考を記したカードが掲示されていて、里親希望の見学者が一目でその子の特徴を把握できるようになっています。

ARK(アニマルレフュージ関西)

なかにはレスキューした時にはもう足を失っていた犬もいます。

タチの悪いブリーダーなんかはわりと真剣に「てめえらの血は何色だ! ヽ(`Д´)ノ」というような劣悪な環境で犬の繁殖をしたりしてますが、そういったところから来た子たちはこんなふうに体の一部を欠損している場合が少なくないそうです・・・ (´;ω;`)

しかも傷ついているのは体だけとは限らず、心にも深いダメージを負っていることも。そういった子は人間を恐れたり敵視したり。だからこそのアニマルソーシャライザーなのです。

さぁ、今僕の微力でできるのは猫と遊ぶこと。アニマルソーシャライザーの役割を引き続き請け負います! (`・ω・´)

ひととおりの猫舎をまわったところで時計を見ると、もう夕方。今日はこのあたりで切り上げることにし、猫とのすばらしい一日が終わりました。

実のところ、ARKの活動というか方針のすべてに1から10まで賛成してるわけじゃないんですけどね、個人的には。里親料が一頭につき15000円かかることとか、去勢のこととかね。 (-_-)

ただ、数百の犬猫にしっかりした世話をしようとすれば人手も設備も必要、とくればどうしたってお金が必要にもなるよなぁ。山奥とはいえハコ(土地+施設)も構えてるわけだし。去勢にしてもしたくてしてるわけないか、苦肉の策なんだろうな。

ARKのサイトと施設をしっかり見ればまともに運営してることは一目瞭然、だからこそ薄い財布から(わずかな額ですが)寄付したりボランティアに出たりもしてるんですけどね、実際。

動物を家に迎える方法はいくつかあります。

ペットショップで犬や猫を買えば、買った当人や、その人に家族がある場合は家族の人もうれしいでしょう。

ただ、必ずしも血統書付きの犬や猫でなくてもいいのなら。

こういった施設から里子を受け入れてあげれば、当人とその家族に加えて、さらに施設のスタッフや僕のようなボランティアも笑顔になれます。あの時遊んだ、あの白ねこに家族ができた! (^∇^)

いずれペットを家族の一員として迎えることを考えておられる方は、ぜひともこういった施設やこんな掲示板、または保健所からの引き取りも検討していただければ幸いです。m(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

猫

野生鳥獣とノネコの関係―ハンターとしての猫

今年の2月9日づけで、環境省からこんな発表がありました。以下に一文を抜粋します。

記事を読む

Comment

  1. みみみ より:

     これはパラダイスですね!!たまりません。
     
     こちらは「ねこ寺」なるものがありまして、30~50匹ほどの猫が飼われていたり、もらわれていったりしています。
     
     飼いたい気はあるのですが、単身赴任中であるが故に、ちゃんとしたお世話が出来ません。大切な命、中途半端な世話ですますわけには行きませんし。
     
     最近は庭に野良が遊びに来るようになりましたので、ご飯を用意しています。前から入れるモノを入れれば、必然的に後ろから出てくるモノもあるわけで、庭も掃除しなくてはなりませんが。

    • spinicker より:

      みみみさんも猫好きでしたか、かわいいですよね。(・∀・)
      アレルギーさえなければ猫飼いたいんですけどねぇ、花粉症といい猫アレルギーといい、なんとかならんかなこれ。。。orz
      家に猫が来るというのがうらやましくて仕方ないです。それこそリアルねこあつめですね。ねこあつめでは糞の手間はかかりませんけどw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑