*

日本では新参のコメタ社と空気銃リンクスの実力は?

公開日: : 最終更新日:2016/10/17 銃・射撃

自分の空気銃、レインストームの性能にはひとまず満足しているのでここ最近は空気銃探しからは遠ざかっていたのですが、今日何気なく東京銃砲のカタログを見ていると、ちょくちょく耳にするようになってきた空気銃メーカーの製品が目に留まりました。

コメタ社の空気銃

それがこのスペインはコメタ社。カタログによると創業は1874年だとか。日本ではマイナーだけど100年以上の歴史を誇る老舗であるようです。

この会社のリンクスという空気銃の名前を初めて知ったのは2年ほど前だったように記憶しています。加えて今年のカタログには「オリオン」というモデルが加わっていたので、おっ。と思った次第です。

右上のところの赤ラインで値段をハイライトしています。リンクスで248,000円、オリオンで198,000円。安いですね! ・・・いや、高いけど安いのです。

スポンサーリンク

だって、ねぇ。一時は高性能低価格の代名詞みたいに言われてたエバニクス社のレインストームでさえ、今じゃ

レインストーム価格

このお値段ですから。僕が買ったときより10万円ほど値上がりしてるよ。(´・_・`)

まぁ、このカタログの値段は定価なので、実売価格はここから1割かそこら安いですが、それにしても高い! _:(´ཀ`」 ∠):_ …

これが狩猟用プリチャージ空気銃の雄、FX社の売れっ子であるサイクロンになると

FXサイクロン価格

金385,000円也。コメタの銃を見て安いと言った意味がおわかりいただけたかと。

しかし、まだまだこれぐらいで驚いてもらっては困ります。FX社の狩猟用プレチャージ空気銃の最新鋭モデル、ボブキャットときた日にゃ

FXボブキャット価格

498,000円になりまーす☆

・・・はっはっは。髪の毛抜けるわ。

といった具合なので、このコメタ社のプレチャージ空気銃の価格設定が輝いてくるわけです。

そうなると、次に気になるのはスペック。値段が安い(高いけど)のはわかった、じゃ性能はどんなもんだろうか? 上のカタログ画像で5連発30ft/lbだということはわかるけど、実際の使い勝手はどうだろう?

コメタ製空気銃リンクスの性能

ここでは、日本ではオリオンに先んじて発売されているリンクスを取り上げることにします。

といっても、日本にしてもサンプル数はかなり限られているようなので、youtubeで海外のリンクス動画を拾ってきました。日本仕様とは細部が違うかも知れませんが、そう大きな差はないでしょう。


※BGM注意

まずはこちら。リンクス(4.5ミリモデルだそうです)で50m先の標的を狙う様子です。見た感じ5発100円玉ぐらいにおさまっているようで、悪くないんじゃないかという気がします。

お次はこちら。今度は5.5ミリモデルのリンクスでの標的射撃。25mとはいえかなりまとまってるので、50mでも箸にも棒にもかからない精度、だということはなさそうな感じ。

あとはこの「コーーーーン」という音。レインストームでも似たような音がしますが、これは発射音です。僕はこの音が気になって一度はレインを候補から外したのでした。。。。orz

ただ、今ならわかるけど、空気銃の発射音は音質より音量を気にした方がいいと思います。楽器を買うんじゃないんだから、音質はアレでも静かでさえあればその方がいいです。

僕のレインもあんな感じで「コーーーン」って音はしますが(あの動画ほどじゃないですけど)、全体的な発射音は小さいので、射掛けて外した後でも獲物に気づかれずにすむことも少なくないです。

海外物でよければ動画はまだまだありますが、ここらで日本の銃砲店が作ったリンクス動画をば。鹿児島県のサツマ火薬銃砲販売所という銃砲店の動画です。

こちらはリンクスの通り一遍の動作であるとか基本的なところの紹介ですね。こちらの空撃ちシーンでは例の「コーーーン」という反響音はしていません。どちらが正しいんでしょうかね???

まぁ、レインストームでも動画によってはあの音はしてないけど実物ではしてるので、たぶんリンクスもそうなんじゃないかという気はしますが。(´・ω・`)

耐久性はどうだろうか

音や精度以上にわかりにくいのが故障の頻度。こればっかりはyoutubeにもなかなか上がってこないでしょうしねえ。

ひとつ参考になるブログがありまして、「六太夫の釣り狩り日記」というブログのコメント欄にリンクスのトラブルについての記述があります。こちらの記事のコメント欄です。

リンクスの特徴として、低価格(高いですが)なのにエアの吐出量を一定に保つレギュレータつきである。というのがありますが、どうやらそのあたりの問題が発生した様子。

気になった方はこのブログの管理人さん、あるいはちょっと前からコメタ社の取扱いを始めた豊和精機さんあたりに聞いてみてもいいかもしれません。

僕自身もそうですが、狩猟の世界へのとっかかりとして空気銃猟から入り、どっぷり肩まで漬かった結果、装薬銃にも手を伸ばすことになる。ということも大いに考えられること。

そう考えると「安くて使い勝手のいいプレチャージ式空気銃」が存在すれば、狩猟人口の増加に一役買ってくれるはず。コメタ社のこれからの活躍に期待したいところです。がんばれコメタ! (・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サワエンタープライズ

ここでもエースハンターの修理が!山梨の銃砲店「SAWA Enterprise」

画像は豊和精機ウェブサイトより[/caption] とあるところから少し前にお話を聞いて

記事を読む

hunting master AR-6

独断と偏見でゆるーく紹介する、狩猟用空気銃インプレッション

抜けるような秋晴れ。今日の南河内はすばらしい陽気でした。 そんな行楽日和の日に僕は

記事を読む

raindrop

梅雨時の除湿防錆。ガンロッカーに除湿剤を設置する際に注意すること

梅雨まっさかりのこの時期。我らが南河内でもうっとおしい日が続いています。外出する機会が減って

記事を読む

FEGS社と築地コラム

今なお輝くガンスミスの金言。故・築地恵氏の銃&射撃コラム

こんなブログを閲覧しているような物好きな人は、たいていの場合は銃か狩猟のどちらか、あるいはそ

記事を読む

エースハンター

【朗報】エースハンター、まだまだぜんぜん余裕で修理可能だった!!

空気銃エースハンター。豊和精機ウェブサイトより[/caption] 「猟期終了間際の脂がよく

記事を読む

swissminigun

まるで玩具、でも実射可能。超々ミニピストル「C1ST」

銃猟ハンターを志したなら、何をおいても突破せねばならないのが猟銃等初心者講習会の考査。これに

記事を読む

エースハンター

エースハンターのシャープチバが廃業?空気銃取得予定の方はご注意!

画像は豊和精機ウェブサイトより[/caption] 国内の空気銃製造メーカーの雄であるシャープ

記事を読む

大砲

狩猟用空気銃の口径。4.5mm・5.5mm ・6.35mmのどれがいいの?

狩猟用空気銃の口径は大きく分けると三つ。4.5mm(177口径)、5.5mm(22口径)、6

記事を読む

gun

実銃を持つことのデメリットについてちょっと語る。

今猟期で5年目になるので、僕がハンターを志したのは今から7年ぐらい前、実際に動き出したのが6

記事を読む

Comment

  1. ltchughes より:

     う~ん。。。ちょっと微妙な。。。

     コメタのオライオンは、海外では6万円を切る価格です。それがポンプ付きで19万円。ポンプの仕入れ価格は2万円もしないはずですから、抱き合わせでこの価格はちょっと。。。

     コメタのリンクスも同様に12万円を切りますから、それがポンプと抱き合わせで24万とは。。。

     サイクロンは17万円を切っている物が38万円。
     レインストームは10万を切っている物が28万円。
     ボブキャットは21万を切っている物が49万円。

     レインストームは極東銃砲店でも扱っていますが、19万ほどですね。この値段は、良い感じかも。

     ちなみに私は髪の毛少ないので、これ以上抜けてしまっては困ります。。。

    • spinicker より:

      oh・・・。海外ではそんな値段で売られてるんですか、これはひどい。実売ベースでもほぼ倍じゃないか・・・orz

      若い人の新規参加が狩猟界の活性化には不可欠だってのに、若い人の手が届かないようなアホほど高い値段設定にしてる銃砲店は本当に先のこと考えてるんでしょうかね?

      ltchughesさんは髪が少ないということですが、安心してください。僕は収入が少ないです。なんなら収入と髪の毛を交換してください。一説によると金がないのは首がないのといっしょだそうですよ。(´;ω;`)

  2. 藤屋 より:

    今、日本で流行のボブも米国では20万円位で、個人輸入経費を掛けても23万で手にする事が可能ですね。ポンプは付属しませんが。基本、米国では空気銃は「子供のオモチャ」扱いですから、ヨーロッパよりの輸入経費を無視して売られてる製品も多いです。特にSP銃がメインですからPCP銃はお得感が必要なのでしょう。レギュレータは構造は単純ですが精密機器に部類するので安い海外製は調整も含めて厳しいでしょう。メイドイン日本のPCP銃が早く望まれますが、そのためには、空気銃ファンを増やす事が先決ですネ。

    • spinicker より:

      シャープのPCPも一時噂になりましたね。あとはCTCのエアワンとかはどうなんでしょうかね?
      現実的にはやはり個人輸入するかしないかがキーになってきますか。

      「個人輸入ばっかやってると国内の銃砲店が衰退して困ることになるぞ、いいのか? ん?」

      みたいな意見を聞いたこともありますが、ネットや通販が今ほど盛んじゃなかった時代なら地元の銃砲店が潰れたらお手上げだったかもしれないけど、今じゃネットで修理の受けつけやら配送なんかもできるし、個人輸入が盛んになっても生き残る銃砲店はあるはずだから、修理なんかはそういったところに依頼するようにすればお高い店は淘汰されて対応できる店は繁盛して我々も経費が安くなって万歳、ってのが市場原理なんじゃないかと思うんですけどねー。(´・ω・`)

  3. 槍のナガサKI より:

    28万より10万安でも18万…
    ちっとも「プア」じゃないよッ!
    spinickerさん、ボクを騙したなッ!(TДT)
    父さんやカヲルくんと一緒だッ!(笑)

    PS.「三匹の山羊のがらがらどん」spinickerさんのコメ返見て当方も思い出しました!懐かしいなぁ…(T▽T)

    「一匹目・知恵を振り絞って難を逃れる」
    「二匹目・知恵を振り絞って難を逃れる」

    三匹目はどうなるんだろう?(o´Д`o) ドキドキハラハラと思ってたら…

    「三匹目・喧嘩上等で敵を即フルボッコ」

    「なんじゃそりゃ!Σ(゜Д゜)」と幼心にもツっこんだ幼稚園時代、思い出しました。(笑)

    • spinicker より:

      当時は父のことで実家にいたので、資金的にはあの頃の方がまだ今よりプアじゃなかったような。でも痛かったのはまちがいないですけどね。。。(´;ω;`)
      しかもFEGSのお年玉セールとかで買ったんだったかな? 18万よりもうちょっと安かったです。

      がらがらどんの内容をちょっと思い出してきた。トロルが待ち伏せしてる谷か橋みたいなところを切り抜ける、みたいな感じだったかな。ラストはそんなオチだったんですね。それは覚えてなかったw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑