*

狩りバカ日誌 2015年1月11日(キジ猟)

公開日: : 最終更新日:2015/01/22 狩りバカ日誌2014

曇り 8℃1℃ 日出 07:00 日没 17:08

これから鴨の捕獲が増える。はずだが、どうも今年は渡りが遅いか、でなければ数そのものが少ないような気がする。

困るなぁ、シーズンが終わるまでに10羽ぐらいはストックしておかないと、次のシーズンまでもたんぞ。今のストックは2か3ぐらいしかなかったはず。あと7~8羽は獲っておきたい。もうそろそろ数獲りに入るか。

などと獲らぬマガモの肉算用をしながらぼろアパートを発つ。今日の水場はどうかな、っと。

・・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・・

いつものルートも7割ぐらいまで消化したが、カモの捕獲はゼロ。なんだというのだ。去年はよく見かけた池も今年は惨憺たるありさま、閑古鴨が鳴いている状態だ。

あーあ、一日に何羽も羽根むしるのめんどいからスルーしてたけど、こうなるのがわかってたらシーズン前半でもっと獲っとけばよかった! ヽ(`Д´)ノ

ぼやきながら、次のポイントへ向かう幹線道路をひた走る。道路の脇はちょっとした谷をへだてて棚田が広がり、あちこちにキジが好きそうなボサが点在している。奥には森。これでキジがいないわけがない、ってなもんだ。

と、そこで視界の端に違和感を感じて二度見する。黒い塊の近くに茶色い塊がふたつ。動いている。

・・・あー。キジだ。一羽のオスがメス二羽を引き連れている。春頃ならまだしもこの時期には珍しい光景だ。

一瞬、どうしようか迷った。うーん、キジかぁ。大ガモが欲しいのだが。このキジはスルーしてカモ探しに時間を割くか、それとも目の前の獲物を確実にものにするか。

が、ハンターとは現金なものだ。カモが欲しいのは山々だが、うまくやれば獲れる状況にいるキジを眼前にしてすっこむような精神構造はしていない。少なくとも自分は。

路肩に車を止め、スニーキングに入った。

狩りバカ日誌2015年1月11日概要図

キジは棚田の中腹あたりで2羽のメスを引き連れて歩いている。地形的に下からのスニーキングになる。しかし幹線道路から40mはありそうなところにいたこいつらをよく見つけたものだ、我ながら。

これぐらいの傾斜であれば、高いところにいる鳥へ低いところからスニーキングするのはまだ楽だ。よほど棚田の低い方のはしっこにでもいない限り、背の低い鳥にこちらの姿はそうそう見つけられない。

比較的簡単に30mほどまで近寄れた。おあつらえ向きにキジの進行方向の真逆だ。にゅっと上半身をのばして伏射の体勢に入る。状況はイージーではあるが、目が6つあることを考えるとそうゆっくり狙うわけにもいかない。

師匠の言葉に「構えて5秒、できれば2秒」というのがある。挙銃してスコープをのぞいてから遅くとも5秒以内に撃てるようになれ、という意味だ。まだまだその域には達していないが、それでも、現時点での最速で挑む!

パコーン!

7秒ほどの後に首のあたりの羽根が散り、緑はもんどりうって倒れる。茶色ふたつは空に逃れた。

スコープのレンズには、ひっくり返ったオスが起き上がろうともがく姿が映っている。首には当たったけどたぶん浅かった、まずい! けっこう元気だ!

止め矢を放つより走って手づかみにした方が確実と判断し、銃を抱えたままダッシュする。手でつかもうとしたものの、死にものぐるいの大型鳥類の力は思いのほか強い。最近せり出してきたメタボ腹でのしかかるようにして動きを封じ、手探りで腰のナイフを引き抜くと、無我夢中でそのまま首に突き立てた!

しかし、なんせ安物のなまくら。当たり所も悪かったようで、たいした出血はなかった。が、その代わりに手に伝わってきた鈍い手応え。おそらく骨に大ダメージを与えた、はず! 折れたように思うが、この状況ではじっくり確認もできない。

そのまましばらく抑え込みを続けながら、首を絞める。抵抗がなくなったので体をあげてみると、すでにこと切れていた。

格闘の末にしとめたキジ

しかし野生の力とは大したものだ。首に大けがを負ってるというのに、このキジは人間の思うなりにはならなかった。すごい抵抗だった。

鳥類といえども、ヒクイドリは人間の腹を一撃で蹴破るという。もちろんキジにそこまでの力はない。が、死にものぐるいで暴れる力はこちらがひるんでしまうほどだった。

威風堂々としたルックスと行動、そして見た目以上の膂力。桃太郎の昔話に出てくるのがなんとなく理解できた。

下処理を済ませて再度水場めぐりを再開するも、結局カモの猟果はなし。けど、勇敢なキジに出会えたおかげで思い出深い、充足感のある猟になった。ありがとう、いただきます。

【本日の猟果】
発砲 3
失中 2(カルガモ×2)
命中 1(キジ)
捕獲 キジx1(27m伏射・首に軽症→ナイフで頸椎骨折? 窒息死?)

【本日の経費】
ガソリン代 約1800円
弾代 21円(5.5ミリペレット×3発)
合計 1821円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狩りバカ日誌2014年12月28日

狩りバカ日誌 2014年12月28日(大物猟)

曇りのち雨 7.4℃/-3.6℃ 日出 06:58 日没 16:58 いよいよ今日は大

記事を読む

狩りバカ日誌2015年1月3日

狩りバカ日誌 2015年1月3日(五目猟)

晴れのち曇り 8.2℃/-0.8℃ 日出 07:04 日没 16:58 元旦にアオクビ

記事を読む

狩りバカ日誌2015年2月1日

狩りバカ日誌 2015年2月1日(鹿グループ猟)

曇り時々雪 -1℃/-6℃ 二度目のグループ猟参加の日。前シーズンまでは見学するだけだ

記事を読む

白いヒヨドリ

狩りバカ日誌 2015年2月15日

曇り一時雨 8℃/-2℃ 奈良県ではシカ、イノシシを対象とした狩猟は3月15日までだが、そ

記事を読む

狩りバカ日誌2015年1月12日

狩りバカ日誌 2015年1月12日(大物猟・忍び猟)

雪のち曇り 2℃/-3.7℃ 日出 07:00 日没 17:10 今日は忍び猟の練習。

記事を読む

狩りバカ日誌2015年2月7日

狩りバカ日誌 2015年2月7日(カモ猟)

曇り 9℃/-5℃ やはり猟期が進むにつれて、カモを見かける機会が増えてきた。今日も今シーズン

記事を読む

狩りバカ日誌 2014年11月15日

晴れのち曇り 13℃/6℃ 日出 06:25 日没 16:50 新猟期、明けましておめ

記事を読む

忍び猟概要図

狩りバカ日誌 2015年3月8日(単独忍び猟・グループ猟)

曇り時々雨 11℃/4℃ 2014年度猟期ももうすぐ終わり、いよいよラストスパートに入る。

記事を読む

猟場の渓流

狩りバカ日誌 2015年3月7日(大物忍び猟)

曇りのち雨 8℃/5℃ 猟期終了まであと2週間。なんとか一頭は大物を手にしたい。 代

記事を読む

雪の宇陀野

狩りバカ日誌 2014年12月6日

雪時々曇り 8℃/1℃ 日出 06:49 日没 16:46 天気予報によると、今日は雪

記事を読む

Comment

  1. やんま より:

    さすがですね!1

    おらは初めてキジを落としたのに、川に流されて未回収です(T_T)

    • spinicker より:

      そう言ってもらえるのはうれしいですが、僕より上の人はごまんといます。特に僕の周りの人はすごい人ばかりでして。。。^^;

      ブログを拝見していると、そちらは奈良よりキジが多いように思います。今期中には手にできそうですね。僕が初めてキジを手にしたのは3年目、今シーズンのことでした! ^^;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑