*

先達から学ぶバイク猟。空気銃+アメリカンバイクの場合。

2017/02/03 | その他バイク

冬まっさかりということは猟期の終了も間近。鳥猟はあと10日あまりです。 こうなってくると装薬持っててよかったな、と思います。シカ・イノシシは3月15日まで、ってところが多いですからね。こ

続きを見る

狩猟の経費はブログで稼ぐ!その8―原則1記事1ネタで

2017/02/01 | 狩りブログ運営

ブログのアイディアはいつ舞い降りてくるかわからないもの。ひねり出そうとして出てくるものもあれば、それこそ記事を書いている途中にまた別のネタを思いつくのもよくある話です。 そういった場合、

続きを見る

狩りバカ日誌 2017年1月29日(散弾銃・シカ巻き狩り)

2017/01/31 | 狩りバカ日誌2016

曇りのち雨 12℃/-6℃ 今日もいつもの手順でいつものグループ猟。 …となるはずだったのだが、鹿師匠の猟犬が右手を故障してしまい、出撃不可になってしまった。(´・ω・`)

続きを見る

鳥猟ハンター垂涎。面倒な羽根むしり代行マシーンはこちら。

銃猟はやってるけど鳥はやらない、という人の理由に 「鳥は羽根むしりがめんどくさい」 という点をあげる人が少なくないようです。 確かに面倒ですねぇ。いい加減にむしっ

続きを見る

狩りバカ日誌 2017年1月22日(散弾銃・忍び猟)

2017/01/25 | 狩りバカ日誌2016

曇り時々雪 5℃/-3℃ 昨日いいカモとヒヨが獲れたので今日は忍びで大物を狙うことにする。行き先は某峠近辺の山だ。 この某峠は鳥師匠に教えてもらった(鳥のことを多く教えてもらったので便宜上

続きを見る

狩りバカ日誌 2017年1月21日(空気銃・五目猟)

2017/01/22 | 狩りバカ日誌2016

晴れ時々曇り 6℃/-2℃ 骨折して以来、久々の鳥猟。ここのところ大物猟ばっかりだったが、空気銃の狙撃感にも捨てがたい魅力があるものだ。 いつものように夜明けとほぼ同時に見回り

続きを見る

私の戦闘力は13倍です。真冬の狩猟もぽっかぽか、強力ハクキンカイロ!

当地での大物猟の猟期は3月15日まで。残すところ2か月を切りました。そしてここから一年で一番寒い時期に入っていきます。 暗くて寒い、早朝の森。でもそここそが我々ハンターが用のある場所

続きを見る

狩りバカ日誌 2017年1月15日(散弾銃・シカ巻き狩り)

2017/01/16 | 狩りバカ日誌2016

曇り時々雪 0℃/-6℃ 最強寒波とやらが来襲ということでかなり冷えはしたけれども、わき水が見事なつららになっていたぐらいで積雪はほとんどなく、今日も元気に出猟。 犬を入れての巻き

続きを見る

鴨鍋を作ってみた。

自分で獲ってきたカモでうまい鴨鍋が食べたい。何度も言うようですが、これが狩猟を始めた原点でした。 志を立てて地元警察の生安課へ赴き、一挺目の空気銃を手にし、そして月日は流れ…。ありがたい

続きを見る

狩りバカ日誌 2017年1月9日(散弾銃・シカ巻き狩り)

2017/01/10 | 狩りバカ日誌2016

曇りのち雨 9℃/2℃ 天候の崩れが心配ではあるものの、本日も出猟。銃と装備一式をサンバーの荷台に放り込んで出発する。車中泊用具は秋からそのまんま積みっぱなし。我ながら大ざっぱである。

続きを見る

狩猟ヒヤリハットその7 猟銃紛失・見失いはこうして起こる!

猟銃に関するトラブルといえば誤射などの他損事故を思い起こしがちですが、地味に「紛失」というのも個人的には気になるところ。 ちょっと変わったところでは、去年の11月15日。狩猟解禁の日に起

続きを見る

狩りバカ日誌 2016年12月30日(散弾銃・シカ巻き狩りのち忍び猟)

2017/01/05 | 狩りバカ日誌2016

曇り 7℃/-3℃ 本日はあばら骨折から約1か月ぶりの出猟。 まだ靴や靴下をはく時などに体をかがめる動作をすると痛みが残るが、おおむね問題ないところまで回復した。何よりもうこれ以上猟期中の

続きを見る

鹿のレバーペースト(レバーパテ)を作ってみた。

実は内臓系はあまり好きではないspinicker。店で食べるモツ鍋やホルモン焼きなんかはぜんぜん気にならないんですけどね…。 食肉とジビエの差はこのへんにも現れているのかも。食肉はやっぱ

続きを見る

意外な気づきも。格言カレンダーで糺したい己の2017年。

まがいなりにもブログという文章をメインにした表現法をたしなんでいるせいか、ことわざや格言に魅力を感じます。昔うちに「こどもことわざ辞典」なんて本があったのも理由の一つかもしれません。 一

続きを見る

狩猟の質問「銃(空気銃)は単発でおk?連発が必要?」に答えます!

少し前からじわりじわりと人気上昇中のマンガ、ゴールデンカムイ。明治時代の蝦夷地(北海道)を舞台にした冒険活劇です。アイヌ民族の狩猟とジビエ料理(それがメインテーマではありませんが)も劇中に登場

続きを見る

猟師予備軍におすすめ。狩猟トレーニング法「カメラハンティング」

2016/12/26 | 狩猟よもやま話

こう見えても新規ハンターの世話・勧誘に貢献している…つもりのspinicker。ほぼブログ経由オンリーですけどね。元来はあまり面倒見のいい人間ではありません。orz 以前にはハンター予備

続きを見る

狩猟の質問「鴨キャッチャーとタモ網、どっちが必要?」に答えます!

現状、当ブログに寄せられる質問で一、二を争うぐらいなのがタイトルの質問。…まぁ、そうバンバン質問がくるわけじゃないんですけどね。 最近の狩猟ブームで猟を始めようという人には、最初は空

続きを見る

鉄(クロガネ)で表現する漢の浪漫。最も格好いい猟用バイクはこちら

2016/12/20 | その他バイク

こないだ「激安の維持費が魅力。原付二種は貧乏猟師の狩猟車になりうるか?」というのを公開したところ、数日で人気記事ランキングの3位に食い込みました。猟師であろうがなかろうが、やはり男の子はバイク

続きを見る

食わず嫌い厳禁。人生初のナマコを食してみた。

2016/12/19 | 食わず嫌い克服

ジビエを食べたいから猟師になるのか、猟師になったからジビエを食べるようになるのか。 どちらが先かは人によって異なるんでしょうけど、僕は前者です。マイ鴨鍋が食べたい、というところからスター

続きを見る

激安の維持費が魅力。原付二種は貧乏猟師の狩猟車になりうるか?

2016/12/16 | その他バイク

このブログの名前にもなっているとおり、僕はお金がありません。orz ブログからあがる広告料収入で狩猟と射撃の費用+αぐらいにはなっているのでお金のかかる大人の趣味を続けていく上ではかなり

続きを見る

日本史上最悪の獣害「三毛別羆事件」のwikipediaが恐ろしすぎる件

2016/12/13 | 狩猟よもやま話

今年の6月に秋田県で4名がツキノワグマに襲われて死亡、その一部が食害されていた。という事件があったのは記憶に新しいところだと思います。 僕もそれまでは 「ツキノワは臆病っていうし、

続きを見る

僕が首都圏在住の猟師予備軍なら埼玉の「猟師工房」の門を叩いてみる

2016/12/10 | 狩猟・射撃団体

最近、サイトに届く「狩猟に興味あるんだけど、どこへ行けばいいですか?」という内容のメールが増加しつつあります。 stingerの強力なSEO対策パワーのおかげでこのブログも『ネッ

続きを見る

猪と鹿の煮込みハンバーグを作ってみた。

例年であれば猟期に入ると休日には猟ばっかりしてるせいか、あまりジビエを「食べる」方には意識が向かないのが僕の場合は普通です。「獲る」ばっかり。 しかし「狩りバカ日誌 2016年11月27

続きを見る

狩りバカ日誌 2016年12月4日(空気銃・流し猟)

2016/12/04 | 狩りバカ日誌2016

晴れのち雨 15℃/1℃ 先週の猟ではしとめたアオクビを回収するさなかに肋骨を骨折してしまった。絶賛療養中である。(´・ω・`) しかし、だ。 このところ空模様にめぐまれ

続きを見る

セミキャブ車vsフルキャブ車。狩猟車としてはどっちがおすすめ?

2016/12/02 | 狩猟車・猟用車

二代目狩猟車をスバル製最終型サンバーパートタイム四駆モデルにしてから約1年が過ぎました。 先代の狩猟車エブリイとの乗り比べインプレッションについては去年の11月にこちらの記事で紹介してい

続きを見る

狩猟の経費はブログで稼ぐ!その7―文章は奇をてらわず読みやすさ優先で

2016/12/01 | 狩りブログ運営

ブログの情報伝達手段は文字がメイン。文字を集めて文章を形作って読んでもらうのがおもな作業となります。 そうなると迷いも出てくるわけですね。「自分の文章はレベル低くないだろうか、うまく書け

続きを見る

狩りバカ日誌 2016年11月27日(空気銃・流し猟)

2016/11/27 | 狩りバカ日誌2016

雨 12℃/4℃ 今日はM870で大物猟へ行く予定だったが、天気が悪いということで、家で用事をする予定。 …であったところが、思いの外手早く片付き、雨もパラパラとした時雨程度のもの

続きを見る

これは安い。手動ポンプ式の真空パック、フードフレッシュバッグ

獲物のサイズがハトより大きい場合、ジビエ一捕獲あたりの肉の量は一度には食べきれないケースが少なくありません。 なので当然、冷凍保存の必要性が出てきます。それも普通に冷凍庫に放り込んでいた

続きを見る

狩猟ヒヤリハット体験その6 ハンターと餌付け民

以前にも言った記憶がありますが、たいていの場合、ハンターというものは動物が好きな人種です。動物に対する興味が高じた結果狩猟への道を歩んだ、とも言えるかもしれません。 捕獲される動物からす

続きを見る

狩りバカ日誌 2016年11月18日(空気銃・流し猟)

2016/11/19 | 狩りバカ日誌2016

曇りのち晴れ 18℃/-1℃ 何の変哲もないサバゲー用ジャケット。しかしこれは僕にとって特別な装束だ。 こいつに袖を通すのは狩猟の時だけ。猟場の見回り時にも着ることはない。これ

続きを見る

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑