*

狩猟ヒヤリハット体験その6 ハンターと餌付け民

公開日: : 狩猟ヒヤリハット・事故

餌

以前にも言った記憶がありますが、たいていの場合、ハンターというものは動物が好きな人種です。動物に対する興味が高じた結果狩猟への道を歩んだ、とも言えるかもしれません。

捕獲される動物からすればなんとも迷惑な話なんでしょうけど、一方で、ハンターとはまた違った方法で動物への興味を表現する人もいます。「餌付け」です。

都市部では猫や鳩に対する餌やりが問題になっていることもあります。餌をやるのが生き甲斐で、周囲の迷惑やなんかは我関せず。という人たちです。(´・ω・`)

では、猟場でハンターがそんな人たちに出会ったらどういうことになるでしょうか?

スポンサーリンク

鴨が寄ってくる!

奈良県にある「A水路」はカルガモがよくつく優秀な水場。今までに何羽か捕獲しているいい猟場です。いや、いい猟場でした。

今年の猟期前、軽く猟場の見回りに出て、そのA水路にさしかかった時のこと。

カルガモ

やはりいました。数羽のカルが群れて泳いでいます。

こちらはまったく忍んでいないので15mほどの至近距離で気づかれました。ははっ。これはすぐ飛ばれそうだな。

…が、どうも様子が変です。

カルたちは「!」という様子を見せた直後、こっちめがけて泳いでくるではありませんか!

カルたちはすぐ足元まできて、こちらをチラチラとうかがいながらくるくる泳ぎ回っています。これは一体…。

不思議に思っていると、水面がおもむろに波打ち、カルたちがいっせいに騒ぎだしました。

顔を上げると、先ほど車で追い越したおじいさんが、手に持っていたコンビニ袋からパンくずのようなものをばら撒いていたのでした。

なんとなく立ち去るタイミングを逸してしまったのでしばらく様子を見ていると、おじいさんは一言の言葉を発することもなく数分ですべての餌を撒きつくし、最後にこちらをジロッと一瞥して来た道を戻っていきました。

line

この見るからに頑固一徹そうな餌付けじいさん。ここのカルガモを自分のペットのように思ってるんでしょうね。カルの方もここにいれば人間が餌をくれるのを知ってるので、僕の姿を見ても逃げなかったのでしょう。

餌付けじいさんがいつから餌付けをしているのか、来る時間が決まっているのかいないのかは知りません。しかし実際、僕は以前に何度か、このすぐ近くでカルをしとめています。

今まではしとめてから回収までの間に誰も来ませんでしたが、この人と出くわさなかったのは運がよかっただけなのかも。

ペットのように思っている鴨に銃を向けられているところを、いやそれどころか、頭から血を流してぐったりしているところを発見して、そのかたわらにタモ網で回収しようとしている猟師がいたりなんかした日にゃ…。超特大のトラブル必至です。

それ以降、この猟場は放棄、巡回の対象外となりました。こういったことがあるので、やはり見回り(と、運)は大切ですね。

いつもと違う様子、今回であれば「逃げるべき鴨が寄ってくる」点に気づいて様子を見たことで、接近するべきでない猟場をふるいにかけることができました。

法的な問題はなくても、同時に人的な問題もクリアしておかないと円滑な狩猟は難しいもの。できうる限り見回りや下見を行って、この手のトラブルを避けられる可能性を高めておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

こける

慣れてきた頃が危険。spinickerのシカ猟中プチ滑落動画2

あと一ヶ月半ほどの山開きを楽しみにしながら昨シーズンの動画を見返していたところ、そのうちup

記事を読む

こける

狩猟ヒヤリハット体験その2 単独猟、忍び猟で負傷

人間、生きている以上、ケガはつきもの。「ケガなんかしたことない!」ってな人は皆無でしょう。小

記事を読む

救急

狩猟中の事故紹介その2 自損事故事例

狩猟中の事故紹介、その2は「自損事故」。自分で自分をケガさせたり死なせてしまったりした事故の

記事を読む

タイーホ

狩猟中の事故紹介その3 他損事故事例

狩猟事故紹介シリーズ、最終回は自分以外の人間に危害を加えてしまう「他損事故」の事例、日猟会報

記事を読む

caution

新しい狩猟読本が猟銃事故防止にいい感じな件。

僕が初めて狩猟免許を取得したのは2011年か2012年か、まぁそのへんです(適当)。 2種

記事を読む

ストロング猪

狩猟中の事故紹介その1 獲物の反撃による事故

狩猟にケガはつきもの。ベテランはもちろん、キャリアの短い人であっても、「いや、狩猟でケガなん

記事を読む

注意一秒ケガ一生

瞬時に止血できる新発明「Vetigel」はハンターの救世主となるか?

僕自身は今のところ幸いにも狩猟中に大量の出血をともなう外傷を負ったことはありません。ちょっと

記事を読む

オペ

気持ちを新たに昨年度の狩猟事故を振り返る。狩猟事故2014

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。m(_ _)m 年が明

記事を読む

高圧電線

狩猟ヒヤリハット体験その4  体験と西伊豆の事故から学ぶ電気柵

先月19日に西伊豆町で違法に設置された電気柵で2名が死亡した事故から1ヶ月あまり。その後、今

記事を読む

子供は神出鬼没

狩猟ヒヤリハット体験その1 子供は神出鬼没

銃猟ハンターであれば、公道(発射した弾丸が公道上を通過する場合も含む)での発砲は禁止である。

記事を読む

Comment

  1. Naoo より:

    いつも体験談読ませてもらってます。
    新米猟師の私にとって貴重なお話しでした。
    せっかくの良い猟場が使えなくて残念ですね。
    こういった人と遭遇したら、こちらに非がなくても通報とかされそうですし、揚げ足とられないように諦めるしかないんですかね。
    私はまだ猟場自体を探すことに苦労してますが、
    周囲の状況含めて用心しておきます。
    ほんとありがとうございます。

    • spinicker より:

      非があって通報されたら仕方ないとして、非がないのに通報されるのはつらいものです。でもハンターじゃない人はそのへんの細かい法律なんか意識することないだろうから、やむを得ない面もあるんですけどね。(´・ω・`)

      鴨はまだ在庫があるので今のところ大丈夫です! 今のところですが。

  2. ガンハンド より:

    自ら餌付けしてズドン!

    新しい猟法?いや、罠も餌付けしてるしw

    • spinicker より:

      箱罠も言ってみれば餌付け猟法ですね。なので場所によっては、というか農家さんによっては箱罠は置くのやめてくれ、というところもあるそうです。さもありなん。(´・ω・`)

  3. ltchughes より:

     いやぁ、私だったら、やっちゃいますね。間違いなく。15メートルって、確実に回収出来ますね!
     おじいさん、ありがとう!!おかげでおいしい焼き鳥にありつけました!!

    • spinicker より:

      撃ちゃ外さないだろうし回収もすぐだけど、じいさんの件を抜きにしても、こちらを見つけて近づいてくるような人に慣れてるのはやっぱり撃ちにくいですよ。それまでは姿隠して接近してたから近寄ってくる、ということはなかったですけど。orz

  4. JOHN より:

    この餌やりおじいさんの目的は何でしょうか?
    バードウォッチか写真撮影か自然保護かはわかりませんが、所詮その人の自己満足でしょう。
    野生動物への餌やりは、生態系を崩し人間と野生動物との関係をも崩す結果しかもたらしません。これは違法行為とまでは言えませんが、非常識な行為であり立派なマナー違反です。本人達は良いことをしていると思っていますから、ハンターこそこういう人達と戦わなければならないのではないでしょうか。

    • spinicker より:

      おそらく好きでやってるんでしょうけど、そうでなくばいいことをしてるつもりか、もしくは何も考えてないかのどれかでしょうね。
      けど、やってることはともかく、動物が好きだというのはわからなくもないので、正面から四角四面に理屈を言うのもなかなかやりにくい…。こういう人は説得に耳を貸そうともしないだろうし。どうしましょうかね。(´・ω・`)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑