*

ハンターになってわかったハンターに向けられる反対者からの視線

公開日: : 最終更新日:2017/04/29 ハンターになってわかったこと

非友好的

母が亡くなってからもうずいぶんになりますが、彼女は「動物大好き」な人でした。その息子はハンターなんてことをやってますけど。( ̄∇ ̄;)ゞ

当然、狩猟なんてのも野蛮、反対も反対。といったスタンスで、父が狩猟をやめるに至った原因のひとつも母のそういった態度であったとつい最近聞きました。

クマが住宅地に出没、猟友会員が射殺。といった、忘れた頃に流れるニュース。母はそういったニュースなんかにも

「なんで殺さなあかんの? 山へ帰したらいいのに!」

と憤る人でした。

僕がハンターになったのは母の死後。その頃はまだハンターではなかった僕にとってもクマの脅威というものは自分に関係のないことで、母と同じような考え方をしていたものです。

魚を釣って食べることは当時からしていましたが「魚はOK、動物はアウト」という考えでした。僕も昔は「動物大好き」で狩猟には反対な人だったのです。…いや、今でも動物は好きなんですけどね。

スポンサーリンク

月日は流れ、母は亡くなり、僕は何の因果かハンターになって以前よりクマについての知識もつき、住宅街でのクマ射殺についても手間ひま経費、再発の可能性、その場合の人的被害その他もろもろを考えるとやむなしと考えるようになりました。

立場が変わることによって見方も変わったのです。

その一方で、立場が変わったけど変わらないものもあります。

トロフィーハント

http://karapaia.com/archives/52197940.htmlより

自分もハンターのくせになんかイラッとくるハンティングがあるのです。

ハンターだけどイラッとくるハンティング

トロフィーハント

http://karapaia.com/archives/52197940.htmlより

こういった画像の出所はアフリカのトロフィーハンティング。そのための狩猟可能枠が定められ、狩猟者は費用を支払って狩りをするシステムで、現地では合法であるとのこと。違法ではないのです。

動物600頭の狩猟権オークション始まる(ナショナルジオグラフィック日本版)

なんで合法な狩猟なのにイラッとくるのか。自分でもうまく説明できません、不思議なことに。

食べるならおkだけど食べないだろうからアウトだとか、なんか獲物をバカにするような構図や表情だとムカッとするだとか、草食動物だとそれほどでもないけど肉食動物が獲物だと倍率ドンさらに倍ではらわたが熱くなるだとか、なんらかの関連性はあるようだけど、今のところまだ明瞭に言語化できません。

確かに食べるか食べないかは大きな要因、でもそれじゃあどれぐらい食べればセーフなのか、一口二口食べればライオンでもおkなのか。こういった狩猟は富裕層のものだそうだから、ひょっとしたら僕はねたんでいるのか。

などといった考えがぐるぐると脳内をめぐりめぐり、そうこうしているうちに、日本でもハンターは動物愛護家に嫌われてるけど、ひょっとしたらベースとなってる感情は同じなんじゃないか。という考えが芽生えました。

もちろん頭(理屈)では理解していたんだけど、自分がハンターになってからは、心(感情)では共感できなくなってました。食べるんだから、生態系の維持に貢献しているんだからいいじゃないか。という大義名分のせいかもしれません。

が、大義名分ということであれば、アフリカのトロフィーハントも種の保全に役立っている、という意見もあるのです。

SCI基金の保全担当責任者メリッサ・シンプソン氏は、2013年にナショナル ジオグラフィックのウェブサイトに意見記事を寄稿し、「米国で一定の管理のもとに狩猟が認められているのと同様に、アフリカでも管理された狩猟は保全活動に重要な貢献をしている。特に狩猟で訪れる旅行客は、地域社会や野生生物保護団体へ貴重な収入をもたらしている」と書いた。

(中略)

 DSC代表のベン・カーター氏もナショナル ジオグラフィックに対し、きちんと管理されたトロフィーハンティングは、健康で強い個体群を保つために野生生物管理当局が使う手段であると語る。「非生産的な個体を群れから取り除けば、群れはむしろ繁栄するものです」

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/020400045/より

狩りバカ日誌2017年2月12日

これは僕がしとめたシカ。僕が横に笑顔で写ってるわけじゃないけど、動物愛護家からするとやはりトロフィーハンターと同類なんでしょう。(´・_・`)

狩りバカ日誌2017年2月12日

確かに食べました、このシカを。

けど、肉片のひとかけら残さず、というわけではありません。廃棄した部位もあります。となると、どれだけ食べればおkでどれだけ食べなければアウトなのか以下ループ。

食べる食べないということなら、僕らミートハンターはもちろん獲物を食べるけど、動物愛護家は食べないわけですからね。「自分が食べないものを殺している」という点では、日本のシカ猟もシシ猟も、海外のライオン猟もゾウ猟も同列なんでしょうね。

(家畜は食べてるだろう、というのはこの際おいといて)

スポンサーリンク

上では自分の考えを言語化できない、と書きましたが、もしかすると「実は自分もトロフィーハンターとそう大きな差はないんじゃないか」という考えが深層心理にあって、そのせいなのかもしれません。イラッとくるのは同族嫌悪の一種なのか。(´・ω・`)

かと言って狩猟もブログもやめるつもりはないけれど…。ハンターを嫌いな人がハンターに抱く感情に、ハンターでありながら、頭での理解だけでなく心でも共感できたような気がするので、今後は狩猟反対な人への配慮をもうちょっと強化しようかな。という気になりました。

かと言って狩猟もブログもやめるつもりはないですけどね(大事なことなので二回言った)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

紀州犬

ハンターになってわかった猟犬と巻き狩りの危機

僕は自分がこの世界に入る前の状況はもちろん知りませんが、聞くところによると人の動きはやはり悲

記事を読む

シモ・ヘイヘの狙撃スタイル

ハンターになってわかったシモ・ヘイヘのチートっぷり

画像はhttp://fi.wikipedia.orgより[/caption] 僕にとっての銃

記事を読む

非友好的

ハンターになってわかったハンターが排他的とか閉鎖的とか言われる理由

自分がハンターになる前は、猟友会とかハンターとかってのは変わり者の集まりだとか、閉鎖的で排他

記事を読む

007

ハンターになってわかった映画のウソ

画像はhttp://www.007.comより[/caption] 数々の試験・手続きを突破

記事を読む

イノシシ

ハンターになってわかったみかん農家vsイノシシ闘争の深刻さ

ハンターをやっていると農家の方から直接獣害の深刻さについて話を聞く機会が数多くあります。

記事を読む

心

ハンターになってわかった狩猟と命と迷信のお話。

世間は盆まっただなか。僕も盆休みを満喫している今日この頃です。 このお盆という期間は仏

記事を読む

Comment

  1. うさぎさん より:

    なんとなくその気持ちわかります( ̄^ ̄)
    いや、自分は狩猟をしているわけでもありませんがトロフィーハンターとかそう言った方々を見るとなんか違うんじゃないかという違和感を感じます。
    この問題は明確なラインのようなものがあるわけではなくもうほとんど個人の感性によるところがあるかと思います。
    そのぶん難しい問題でもありますが答えが出なくても考えることをやめずに向き合い続けるべきなのかな、と思います( ´∀`)

    • spinicker より:

      でも動物視線だとミートハンターだろうがトロフィーハンターだろうが同じなんですけどね…。やはりラインをどこに設定するか、どの立場で見るかが鍵なんでしょうね。
      なんにせよ、ミートハンターがトロフィーハンターを見る目と、動物愛護家がミートハンターを見る目は同じような感じなんだろうなと感じています。(´・ω・`)

  2. ltchughes より:

    ご指摘の通り、私たちはトロフィーハンターと同列だと思います。

    私もトロフィーにはイラッときますが、恐らくそれは、「食いもんを粗末にするな!」的なものだと考えています。

    でも狩猟反対派の人たちは、最悪な存在だと思います。見ず知らずの人たちに殺戮をさせ、その結果スーパーに並んだ肉や魚を食べて生きていて、そのくせハンターを非難する訳ですから。

    • spinicker より:

      >見ず知らずの人たちに殺戮をさせ、その結果スーパーに並んだ肉や魚を食べて生きていて、そのくせハンターを非難する

      そういうことに気づけるのも、ハンターをやってるからこそだと思います。僕もハンターになる前はクマ殺すな派でした。( ̄∇ ̄;)
      こういう問題は人に諭されて考えが変わる可能性は低いと思うので、極論、お互い関わらないようにするのがベスとかなという気もします。

  3. 天之 より:

    トロフィーハンターがムカつくのは、「デカイ面をしている」からですねわたしの場合
    自分が殺生をしたと自覚しているなら笑顔で記念撮影など出来ません
    もちろん会心のショットで仕留めた時など「やった!」と言ってしまうし。脂の乗ったカモを手にすれば思わず顔もほころびます、ハンターって業が深いですね
    でもそれを写真に残さない程度の自制心はあるつもり
    まあこれは地域がかつて一向宗の盛んな土地だったからかも

    • spinicker より:

      表情の影響は大きいですね。
      でも、自分の表情は確認できないけど、僕もしとめた獲物を回収できた時はたぶん顔はほころんでるんだろうなと思います。
      けどそれは殺したことに対してというより、作戦がうまくいった、射撃がいいところに当たった、回収できた、猟隊のメンバーに喜んでもらえる…などが合わさってのものなんですけどね。そのために獲物の死が必要であるというのも事実なので複雑です。(´・_・`)

  4. りゅーじ より:

    うーん、確かに複雑な気持ちにはなりますね。トロフィーハンター…
    僕も釣りでの魚は「わぁ美味そう(*^。^*)」
    鶏も田舎の爺さんが昔僕がチビのころに遊びに行くと捌いてくれて、すごく美味しかった記憶があるので平気。

    うちの家庭も親父も、母親も、僕も生き物は大好きで動物番組は欠かさず見るくらいですが、僕の狩猟というものには納得してくれています。
    親父のほうの田舎は桃農家で、母親のほうは米と柑橘です。
    鳥にやられる悔しさ、猪に荒らされてダメになる悔しさが分かるから。

    カラス数羽殺して変わるのか!?
    猪や鹿を数等殺して変わるのか!?

    愛護派の人は言うでしょうが、森の植林でも数十年単位で見ないと結果なんて分りません。
    でも、何もせずに飯の種を奪われていくのを手をこまねいて見ているわけにもいきません。
     
    ネットが発達してすぐに炎上する時代です。だからこそ現代のハンターは色々な事を思って、逡巡して発展する可能性を秘めてると思います。少子高齢化社会ですし、若手ハンターの意識やアイデアがこれからの農業や漁業(養殖放流稚魚が増えすぎたカワウなどに食べられる)に活路を見いだせるかも(゜_゜)
    ジビエ料理なんかも模索してる方いますしね。

    ということを思って銃を握ってます。

    なので

    いぇーい\(^o^)/デカ角の鹿きたわー

    とか

    象牙とってポイ

    とか

    百獣の王ライオン撃ったし\(^o^)/

    とか

    本当に遊びで動く的撃って遊ぶだけのようなゲームハンティングは嫌いですね(゜Д゜)

    獲物の事、英語じゃゲームって言いますが…

    • spinicker より:

      人間は勝手なもので、僕はミートハンターですが、動物愛護家に責められると文句を言い返したくなります。でもトロフィーハンターが動物愛護家に責められると「動物愛護家がんばれ!(゚∀゚ )」ってなります。

      獣害のことも、「人間は都市に住めばいい」なんて言うけど、農村だって必要だし、そもそも都市だって動物の住みかだった山林や野原を切り開いて開発したわけで。

      結局は、どこに線引きをするか、その線引きはなぜ正しいのか。というところなんだと思います。それが人それぞれちがうので紛糾するわけで。(´・ω・`)

  5. 白熊 より:

    私はまだ狩猟免許を取ってませんがいずれ取ろうとは思ってます。そして、私もトロフィーハンティングはとてもイラッとします。
    個人的には、こう考えてます。
    まず、ライオン達は有害駆除ではないこと。もし有害駆除するほど居るのであれば、それは現地の方が駆除するべきであって、外国の裕福層が娯楽目的で参加するべきでは無いと思ってます。大体、ライオン達肉食動物は生態系でのトップでとても重要な位置に居ます。主催している側は狩りつくすことは無いでしょうけれど。
    でも、これ以上に儲かる産業が無いのでしょうね…
    ジンバブエでは特にそうですし。

    • spinicker より:

      >これ以上に儲かる産業が無いのでしょうね…

      手っ取り早くて需要もある、という点はまちがいなさそう。言いたいことはいろいろあるけど、だいたい世の中のことってどっちかの言い分が100%正しいとかってのはないのでよけいにもどかしい。立場が変われば正義も見方も変わるわけで。
      ミートハンターがトロフィーハンターを見てイラッとくるように、ミートハンターを見て動物愛護家(ミータリアン)がイラッときて、動物愛護家(ミータリアン)を見てベジタリアンがイラッときて、ベジタリアンを見てヴィーガンがイラッときてたりするのかもしれませんね。(´・ω・`)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑