*

猪のメンチカツを作ってみた。

公開日: : 最終更新日:2016/04/20 ジビエ料理レシピ・猪

本サイトの方にもレシピページはあるのですがモバイル対応ができていない状態なので、移行できるメニューはモバイル対応済みのブログの方に移行していこうかと思います。stinger3つよい。orz

猪のメンチカツ

さて、ブログの方で再スタートを切ることになったジビエ料理レシピシリーズ。記念すべき第一回は「猪のメンチカツ」です!

こうして完成品の画像を見てみると・・・我ながらいびつな形状。小惑星に衣をまぶしたような外観になってますが、そのへんは大ざっぱな猟師が作った物だということでひとつ多目に見ていただけたらと。味はよかったですよ!

猪のメンチカツ 材料(3~4人前)

  • 猪肉 250g
  • 玉ねぎ 肉と同量
  • 卵 大1個
  • ☆お好み焼きソース 大さじ2
  • ☆ケチャップ 大さじ1
  • ☆塩 小さじ1
  • ☆こしょう 少々
  • ☆ナツメグ 少々
  • パン粉 適量(固さ調整用)
  • 揚げ油 適量

卵液

  • 卵 大1個
  • 水 大さじ3
  • 小麦粉(薄力粉) 大さじ3

  • 小麦粉(薄力粉) 適量
  • パン粉 適量

猪のメンチカツ 作り方

猪のメンチカツ01

猪肉と玉ねぎをフードプロセッサにかけてほどよいミンチにします。よく脂の乗った柔らかい部位と、ミンチにでもしないと硬くて食べにくい部位を半々ぐらいにするといい感じ。

後日、ごろっと感を出したくてミンチと玉ねぎを粗挽きな感じで作ってみたところ、こねる行程でボロボロに崩れました。ある程度は細かく挽いた方がよさそうです orz

猪のメンチカツ02

ミンチと玉ねぎ、卵、そして☆印の調味料をボウルに放り込んだら・・・。

猪のメンチカツ03

本能のままにこねくり回します。最初は手が気持ち悪いですが、そのうちこの気持ち悪さがやみつきになります! (゚∀゚)

猪のメンチカツ04

おそらくそのままだとゆるっゆるのはずなので、パン粉で固さを調整します。パン粉が水分を吸って全体をひきしめてくれます。

猪のメンチカツ05

卵液材料を器に入れてよく混ぜ、衣材料の薄力粉、パン粉をそれぞれ大きめの皿やバットなどの面積の広い入れ物へ敷き詰めるようにあけて衣をつけます。

薄力粉を全体にまぶす→卵液に浸す→パン粉をまぶす の順で衣レイヤーを生成します。

※見ての通り、衣をつける行程は手がべとべとになります。衣材料は先に準備しておくことをおすすめします。僕はよく忘れます。orz

猪のメンチカツ06

揚げる準備ができたら、玉ねぎの甘みを引き出すために低温でじっくり揚げていきます。揚げ物はこの油の揚がるピチピチって音が最高っすね!

猪のメンチカツ07

猪のメンチカツ小惑星仕立て、完成! これはまずいはずがねぇ! 形はまずいけど! (゚∀゚;)

猪のメンチカツ08

ただ・・・揚げ物は後かたづけがねぇ。。。もう明日でいいや。orz

そうと決まれば、食うべし食うべし!

猪のメンチカツ 食後の感想

最高。ジビエはどうしても肉の固さが気になるものですが、フードプロセッサでミンチにすることでその点がうまく解消できています!

これは繁殖期が終わったぐらいのオスの猪を使ってまして脂は少なめでしたが、半量はバラ周りのいいところを使っていたことで肉の質そのものがかなり良かったので、臭みなどもまったく気になりませんでした。ナツメグを多めに入れたのもよかったのかも。

混ぜる調味料にめんつゆとかだしの素なんかを入れて和風にして、とかもそのうちやってみようかな!(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

猪と鹿のハンバーグ

猪と鹿の野生ハンバーグを作ってみた。

猟期が終わってはや1ヶ月。本格的なジビエ料理シーズンの到来です。猟期中は獲るのに夢中であんま

記事を読む

猪チャーシュー

猪チャーシューを作ってみた。

諸君、私はラーメンが好きだ。 この地上で饗される、ありとあらゆるラーメンが大好きだ。

記事を読む

BLTICSバーガー

BLTICSバーガーを作ってみた。

説明しよう。BLTICS(ブリティクス)バーガーとは、 Bacon(ベーコン)

記事を読む

猪の角煮レシピ

猪の角煮を作ってみた。

ジビエのなかで、もっとも市販肉に近いと言っていいんじゃないかというのがこの猪肉。豚は猪を家畜

記事を読む

猪と鹿の煮込みハンバーグ

猪と鹿の煮込みハンバーグを作ってみた。

例年であれば猟期に入ると休日には猟ばっかりしてるせいか、あまりジビエを「食べる」方には意識が

記事を読む

いのしし餃子

いのしし餃子を作ってみた。

なんか肉料理で簡単でうまそうなやつないかな、ジビエに転用できそうなやつ。 と探している

記事を読む

Comment

  1. ltchughes より:

     これはおいしそうですね。僕も大物を捕りたくなりました!

     そういえば以前、脂身のトンカツというのを聞いたことがあります。肉ではなく、脂身だと。。。
     あるいはイノシシの脂身のカツ、、、おいしいでしょうか?

    • spinicker より:

      脂身のトンカツ・・・。食ってみたいような、考えただけでウッとなるような。。。
      シシの脂はあっさりしてるように思います、なんとなく。脂の乗ったシシ肉はまだまだいっぱいあるので、今度意識して食べてみます。(・∀・)

  2. 藤屋 より:

    先週、駆除のお手伝いで30kメス1歳(処女)を解体しました。バラ肉は骨付きのままスペアリブで食べましたが、この時期でも美味しかったです。魯山人が「シシ肉は当代に限る」と言ってるそうですが、私もそう思います。猟師の中には子シシは解体が面倒くさいので廃棄の人が多いですが、勿体ないですね。夏場の肉はミンチカツが良いですね。ただし解体時にハエ追い担当が必要です。

    • spinicker より:

      産まずの30キロ! 聞いただけでもうヨダレ出そう。そういうのを単独忍び猟で獲れたらもう言うことないっす。(・∀・)

      バラが一番質が安定してるんでしょうかね。メンチカツにしたやつもバラではあったもののあまり状態よくなさそうだと覚悟してましたが、ぜんぜんそんなことありませんでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑