*

詳報に期待!新しいタイプの光学サイト「See All Open Sight 」

公開日: : 最終更新日:2016/10/17 猟具・猟装

seeallopensight

スコープがいいのか、ホロサイトか、はたまたドットサイトか。

前シーズン、鹿に射掛けては何度も外しまくり、ついに光学サイトの搭載を決意したのですが、プアな僕の財布が耐えうるキャパシティは 限られていて、

「これ買ってみたけど使えなかった、次いってみよう! (^∇^*)ゞ」

なんてことはとてもじゃないけど不可能です。失敗を避けるべく、あれがいいのかこれがいいのか悩んでいる今日この頃です。まぁ、これはこれで楽しいんですけどね!

本日もまたいろんな情報を求めてhtmlの海を漂っていたのですが、新製品だというちょっと気になる照準器が僕のセンサーにひっかかりました。

See All Open Sight

ぱっと見の形状から「ああ、オープンドットサイトの新製品か」と思ったのですが、リンク先を見てみるとどうもひと味違うらしい。

球体レンズの屈折を利用したパララックスフリーの、いわゆる「頬づけが甘くても当たる」タイプの光学サイトであるようです!

スポンサーリンク

こちらの動画の6:45あたりを見てみると、顔の位置を動かしても狙点がずれていないことがわかります。ううむ、なるほど。

で、電池いらずなのはいいけど、日の出直後なんかであたりが薄暗い時とかは狙いにくいんじゃ? 電源がないってことは光点もないわけだろうし。

という疑問は、こちらの動画の4:10以降で説明されています。照準器そのものは視認できています。問題は照準器うんぬんより獲物がきっちり見えるかどうかですね。これはアイアンサイトであろうが光学サイトであろうがまず最初に気をつけるべきことです。

なんか・・・よさげじゃないですか。ちょっとレティクル? というか照準が合わせにくいような気がしなくもないですし、▲より下は見えないようなのでドロップを見越した遠距離射撃なんかには不向きなようですが、そのへんを割り切ったら使えそうな気がします、動画を見る限りでは。

この照準器、世間に発表されてまだ間がないようで、どこでも扱っているわけではなさそうです。とりあえず、僕はこちらの銃砲店のブログで今回の情報を得ました。

今注目 電池不要のオープンサイト See All Open Sight

坂上火薬銃砲販売という銃砲店のブログですが、他にも気になる商品が盛りだくさんで、僕もたまに見ているブログでもあります。

See All Open Sightについては、坂上さんのところでも取り寄せてみるとのことで、今月の25日までに注文すればいっしょに取り寄せてもらえるようです! お値段税別23,500円

僕は・・・気にはなるしよさそうな製品に思えるけど、なんといっても僕レベルの貧乏人になってくるとそう簡単にトライ&エラーができません! その最初のエラーで大ダメージを受けてしまうおそれがあるのです。orz

なので、利用者数が増えて「いい評判」が耳に入ってくるようになったら考えます。なんかちょっと形がダサめでもあることですしねぇ。(´・з・) (←形から入る人間です)

ということで、フロンティアスピリットあふれるお金持ちシューターの方は、ぜひとも購入して人柱レビューおねがいします! (・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

sd-33

大物猟用のドットサイト、サイトロンSD-33をM870に載せてみた。

M870がかっこいいのは一万年と二千年前から決まり切っていることであってこれはこれで申し分ないのです

記事を読む

狩猟用スマホCAT S60

爆誕、狩猟用スマホ!赤外線サーモカメラ内蔵のCAT S60が凄まじい件

これといってスマホに興味あるわけじゃないんですけどね。でも今となっては生活必需品となってしま

記事を読む

注意一秒ケガ一生

瞬時に止血できる新発明「Vetigel」はハンターの救世主となるか?

僕自身は今のところ幸いにも狩猟中に大量の出血をともなう外傷を負ったことはありません。ちょっと

記事を読む

狩りバカ日誌2016年12月4日

滑ると評判なメレルのトレッキングシューズを一猟期使ってみた感想。

昨年の猟期開始直後。 先代の狩猟靴、アディダスのトレッキングシューズがその役目を果たし、力尽き

記事を読む

S33-4R

これはいいものだ!サイトロンのレティクル可変ドットサイト「S33-4R」

狩猟のなかでも銃猟というジャンルは、大きく分けると二つの要素に分割できるかと思います。それは

記事を読む

自作カモキャッチャー完成!

猟期はもうすぐ、自作カモキャッチャーを作り直しました!

このブログもそうですが、本サイトの方も「カモキャッチャー」「鴨キャッチャー」のキーワードでの

記事を読む

狩猟中の足濡れサヨナラ。防水靴下で実現する快適猟師生活

2月15日を過ぎ、猟期は延長戦に入りました。そう遠くないうちに春の野郎がやって来やがりますが

記事を読む

Allen Gambrel and Hoist Kit 使い方

シカ、イノシシ等の忍び猟に最適!狩猟用滑車&ハンガーの使い方

射撃・狩猟用品のNatchez shooters suppliesから個人輸入した狩猟用の滑

記事を読む

キャップとハット

今期から狩猟用の帽子をブッシュハット(ブーニーハット)にする理由

あまりお金をかけたくない。どれがいいのかわからないのでとりあえず。 といった理由で、昨

記事を読む

空気銃用ペレットのマッシュルーミング01

狩猟用空気銃ペレットのマッシュルーミング(潰れ方)と鉛の特性

2014年12月14日の狩りバカ日誌で捕獲した美肌カルガモ。ペレットが貫通した形跡がないので

記事を読む

Comment

  1. mimimi より:

     これは興味深い製品ですね。ピラミッドエアーのレポートでもありました。
     
     23500円。かなり良い金額ではないでしょうか。アメリカでは95ドル程度、今のレートで12000円くらいですが、アメリカは照準器の類いを送ってくれません。先方も輸出承認が必要ですから。
     イギリスは85ポンド程度、今のレートで15000円くらい。ヨーロッパは日本に発送してくれる業者が多いと思いますが、コレに送料を足したら2万円近くになってしまいます。23500円なら、かなりのサービス料金ですね。
     
     僕はホークのスコープをポルトガルから購入しましたが、送料等々で、国内購入と1割も変わりませんでした。それなら保証などを考えて国内購入の方が良かったかなぁと。
     

    • spinicker より:

      とても気になる製品です。でも当方フロンティアスピリットと可処分所得がとぼしいので、現状ちょっとチャレンジしかねます。。。よさげなんだけどなぁ・・・
      なんか難しそうなので僕は個人輸入って手が出せません。金がないんだから手間をかければよさそうなものなんだけど、それすら面倒くさい orz

  2. ジャガお より:

    楽しそーな情報あざぁーす(^^)
    これなら12番スラッグでも壊れないかな?
    輸入しても 送料込みで1600エソぐらいかな?
    人柱になってみるかな?www

    • spinicker より:

      人柱キター!(°∀°)
      ぜひともおねがいします! (≧∇≦)

      動画見た限りではなかなか良さげですよ! ボアサイターが使いにくそうなのはちょっと気になりますけど。。。(´・ω・`)

  3. ブルータイガ より:

    はじめまして。
    近々猟銃所持を得る事が出来ると思う初心者です。
    現在は、教習射撃の許可待ちでして、私も所持許可を得た際には『レミントンm870』を1番にと考えてます!
    ドットサイトでの調整射撃の結果、楽しみにしてますので、よろしくお願い致します。

    • spinicker より:

      はじめまして! (・∀・)

      それはそれは、ちょっと気が早いけど、おめでとうございます! 教習射撃は緊張するけど楽しいですよ。僕は空気銃から入ったので、装薬銃のリコイルがとても新鮮でした。
      M870は替え銃身で用途によって使い分けられるし、頑丈だし、何よりかっこいい! 実猟目的なら悪くない選択だと思います。

      もうすぐ猟期なので、それまでに一度ランニングターゲットの練習射撃へ行く予定なので、ドットサイトも活躍してくれるはず。しばしお待ちを。(`・ω・´)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑