*

世界三大スープのラーメン。トムヤムクンヌードルを食べてみた。

公開日: : BC級グルメ

トムヤムクンヌードル

最近は一昔前では考えられないぐらい、スーパーやなんかで各国のエスニックフードの取扱いが増えてうれしいかぎり。もちろん僕の好きなタイ料理もがんばってます。

現地に数ヶ月滞在してるとしまいにゃ嫌になってマクドなんかへ避難するようになるんですけどね。けど日本にいたらいたでたまに無性に食べたくなる不思議な料理、タイ料理。今日は世界三大スープのひとつと言われるトムヤムクンをイメージしたカップヌードル「トムヤムクンヌードル」を食べてみました。

トムヤムクンヌードル

カップラーメンなので熱湯を注いで何分か待つだけですが、ふたの上にくっついてるトムヤムペーストなるものを湯の温度であっためてから食べる直前に投入せよとのこと。

トムヤムクンヌードル

サーイエッサー! ペースト投入完了、これより試食に移行します! ( ゚д゚)ゞ

(ずずずず・・・ずぞぞぞ)

( ゚∀゚)!

めっちゃトムヤムクンです! 再現度たけー!

タイ料理は「酸っぱい」「甘い」「辛い」の三要素にナンプラーとココナッツミルクを登場させる味付けというイメージですが、トムヤムクンはこのうち「酸っぱい」と「辛い」を全面に出した、ちょっと日本ではなかなかないような系統のスープ。

このラーメンでは、この「酸」と「辛」が非常にうまく再現されています! 目つむって汁だけ飲んでも一発でトムヤムクンだとわかる、というか勘違いしようのないレベル! いなばのタイカレーヌードルもレベル高かったし、最近はタイ料理好きにはありがたい世の中になってきたものです。

テナガエビの素揚げ

とはいっても、エビは普通のカップヌードルのといっしょの小粒なやつです。トムヤムクンの「クン」はエビのことで、エビが具材ではメインの立ち位置なんですけどね。また梅雨時になったら去年みたいにテナガエビ釣ってきて素揚げにして入れたら豪華になりそうだな!

一昔前はこういうレトルトとかインスタントのエスニックフードなんてまともなのなかったイメージですが、世の中進んでるんだなぁ。こういう系は基本期待できるレベルになってきているようです。またなんかタイ料理系のやつ見つけたら買ってみよう! (・∀・)

本場のトムヤムクン

ちなみに現地で食べたモノホンのトムヤムクン。指さし会話調で「辛さ手加減して」と頼んだのですが、この時はそれでも相当レッドホットでした。orz

トムヤムクンヌードルはここまでではないですが、それでもなかなかしっかりとした辛さがあります。お子様にはちょっと難しいかも。R15ぐらいかな。

ただまぁ、世界三大スープなんて言われてるものの、この 辛酸 酸辛なトムヤムクン、日本人の口にはいまいち合わないらしく、あまり好き人はいないようで。。。僕も基本的には酸っぱい系は苦手なので、そう常食したい味ではないかな。

でもタイ料理って変な引力があって、たまーに超食べたくなるんだよなぁ。ココナッツミルクで蒸した甘しつこいもち米とか。砂糖と塩と唐辛子をまぶしたザボンとか。(´・ω・`)

なにはともあれ、トムヤムクンって食べたことがないけど酸っぱい系は好き! という人にはおすすめできます。ぜひ一度お試しあれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

???のかば焼き

ナマズの時代クル━━(゚∀゚)━━!ウナギ味の代替ナマズ、近大が開発!

マグロの完全養殖で世間をあっといわせた近大が、今度は「ウナギ味のナマズ」開発に成功した模様で

記事を読む

いなばチキンとタイカレーヌードル

高レベルの現地テイスト再現度!「いなばチキンとタイカレーヌードル」

ご存じの方はご存じでしょうが、僕は20代の頃、小金を貯めては東南アジアをうろうろしてました。

記事を読む

NYチーズバーガー

プリングルスのNYチーズバーガーが予想以上にチーズバーガーだった。

ハンバーガーといえば、時々無性に食べたくなるジャンクフードの雄。たまに食べると、ハンバーガー

記事を読む

大和川のテナガエビ釣り

今がシーズン、素揚げ用テナガエビを釣ってきた(釣り方解説あり)!

梅雨の時期はテナガエビ釣りのベストシーズン。ということで今日はひさびさにテナガエビ釣りを敢行しました

記事を読む

ガパオの素

早くもタイ料理が恋しくなってきたのでガパオの素を試してみた。

こないだひっっっっさびさにタイ行ってからもう2か月。早くもまたタイ料理がなつかしくなってきました。(

記事を読む

困惑するトラ

珍味好きのハンター達へ。君は「タイガーナッツ」を知っているか?

僕は常々ハンターって人種は「珍妙な食物」が好きな人が多いと思っています。昆虫食をたしなむ人と

記事を読む

パンガシウス

最近ぼちぼち見かける白身魚「パンガシウス」の正体とは!?

閉店間際のスーパーの総菜コーナーは可処分所得の不自由な男やもめにとってパラダイス。僕の場合た

記事を読む

巨大桃缶01

桃の缶詰にローカルスーパーの本気を見た。

クーラーを使った時間をカレンダーに書き込むのが日課になっています。こんばんは、spinickerです

記事を読む

マーライオン

進撃のエスニックカップヌードル。シンガポール風ラクサを食べてみた。

若かりし頃(今でもナウいヤングですが)雰囲気が気に入って東南アジアの方をけっこううろついてた

記事を読む

ナマズかば焼き

【緊急レポート】土用の丑なのでウナギ味のナマズかば焼きを食べてみた。

今日は土用の丑。以前から気になっていたウナギ代替食品「ナマズのかば焼き」が近所のイオンで販売される日

記事を読む

Comment

  1. ltchughes より:

     タイは、カンボジアに行く前に数日間だけ滞在しました。
     が、残念ながらタイ特有の「酸味、辛み、甘み」に加えて数々の香草は、口に合いませんでした。。。
    orz
     ドリアンを含めた果実類は、日本で買える物と違って、ちゃんと熟した甘みと香りがあっておいしかったですね。

     食わず嫌いではいけないので、ご紹介のヌードル、探して食べてみます!!

    • spinicker より:

      僕はタイ料理大好きです! 東南アジア諸国はいろいろ行きましたがメシはタイが一番合いました。次がベトナムかな。カンボジアはフランスパンのサンドイッチがレベル高かったなぁ。

      フルーツも現地のトロピカルフルーツは最高ですよね。おかげで今でも年に1度ぐらいスーパーとかでマンゴーを買ったりしてます。現地だと1個15バーツ(≒50円)ぐらいで買えたのにこっちだと398円もする・・・orz

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑