*

僕の狩猟関連失敗談その4 銃の所持許可遅延につながる確認ミス

公開日: : 最終更新日:2015/04/01 狩猟関連失敗談

銃の所持許可を申請する際、大量の書類提出を求められます。それ以外にも平日の昼間しか生安課が受け付けしてくれなかったりと苦労はいろいろありますが、その分、恋い焦がれていた銃が手元に来たときの喜びはひとしお! (≧▽≦)

申請の段階に入ると、一日も早く銃が欲しくなるのが人情。ですが、その点ばかりに気が向いてしまうと、逆に銃が手元に届くのが遅れる事態になるかもしれません。

書類記載ミス

たとえば、この書類。散弾銃を取得するにあたって必要となる手続きのひとつ、射撃教習の修了証明書。

これは僕が実際に手にした実物なのですが・・・生年月日が『昭和56年11月26日』となっていました。ふっ、残念。もうちょっとだけお兄さんです。

この書類は教習が終わったその場、射撃場で手渡されたのですが、その時には間違いに気づきませんでした。気づいたのは翌日、生安課へ持参する直前というていたらく。

なんというか、こういった「公的な書類作成でミスなんかしないだろう」っていう頭があるようです、僕には。今までがそうだったからでしょうかね。

もちろん生年月日のちがう書類を持っていくわけにはいかないので射撃場へ連絡して返送、訂正のうえで再送してもらったのですが、その時点でもう教習修了から4日が経過していました。1日も早く欲しいってのに4日も遅れた! ヽ(`Д´)ノ

射撃教習が終わったその場でしっかりと記載内容をチェックしていればこんなことには・・・ orz

他にも、数ヶ月前に引っ越しをしていたために免許証の住所が変更、裏面に記載されていたことが原因で診断書の住所がちがっていたのがひとつ。これもその場では気づかず、家に帰ってから気づいたのでとんぼ返りで持っていって訂正してもらいましたが、二度手間になりました。

あと、銃砲店から届いた譲渡承諾書に替え銃身の記載がなかったので送り直してもらったこともありました。

提出する書類が膨大ってことは、それだけミスする機会が多いということ。

初めての手続きで浮き足立っていて仕方ない面もありますが、特に書類関係はその場できちんと確認しておくと銃が届くまでの無駄な手間を省けるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

どくろ

狩猟関連失敗談その5 絶対に使ってはいけない防錆潤滑剤 (空気銃)

何につけても形から入るタイプなspinicker。 狩猟に関しても誰にも相談することな

記事を読む

剣鉈01

僕の狩猟関連失敗談その1 大が小を兼ねなかった猟具

僕は形から入る人間なので、実際の使い勝手はともかく「ハンターといえばこう、使う道具はこれこれ

記事を読む

高揚感

僕の狩猟関連失敗談その3 ハンターズハイと忘れもの

ランナーズハイという言葉があります。長距離走中にエンドルフィンやらなんやらの脳内麻薬が分泌さ

記事を読む

高揚感

狩猟関連失敗談その6 ハンターズハイ、再び

「獲物をしとめた後は高揚感から普段ならやらかさないようなミスをしてしまうことがある」

記事を読む

ちくしょう!

僕の狩猟関連失敗談その2 二輪駆動車の限界

僕の住まいは大阪の南河内。気候は比較的温暖で、積雪はもちろん降雪もあまり見られず住みよい地域

記事を読む

Comment

  1. mimimi より:

     それはそれは、大変な間違いでしたね。
     
     僕の場合は間違いでは無いのですが、銃身の先に取り外し可能な部品があって、現物確認の際に
    ・コレは何?
    ・譲渡承諾書にはそれを含めた全長、銃身長が記載されていて、でも外せるのなら外した状態で計らなければ、、、書類の記載と違う!
     
     っと言う訳で、銃砲店に連絡を取って、説明を一筆お願いして、その上で書類と所持許可証の訂正と、バタバタしました。
     
     幸にも所轄の担当の方が非常に親切でしたので良かったのですが、噂に聞く関西の厳しい地域だったら、、、怖っ!

    • spinicker より:

      初めての申請でよくお気づきになられましたね。僕は一丁目の時は右も左もわかってなかったですよ。
      そういった気配りは銃検の時なんかに活きてくると思います!(・∀・)

      うちの担当官さんも真面目で親切な方です。お互い恵まれてますね!
      ただ、数年ごとに異動があるので次どんな方が来られるのか不安ではあります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑