なんでハンターやってるんだろう?―活字にして見直す狩猟の魅力

公開日: : 最終更新日:2015/01/22 狩猟よもやま話

さて山開きまであと2ヶ月(ry

狩猟を始めたのはそう昔の話でもないんですけどね。ついこの間、鴨鍋と黒霧島をあおりながら、なぜ狩猟を始めようと思ったのか、今も続けてるのかをつらつらと考えてみました。

鴨鍋と焼酎ロック

理由1.うまいジビエ(鴨鍋)が食べたい!

僕の場合、何を置いてもまずはこれです。試行錯誤の結果、獲ってきたカモでものすごくおいしい鴨鍋ができた時は、鍋をつつきながらニコニコ顔になっているのが自分でもわかりましたw

ただし、僕と同じように「おいしいジビエを食べたい」という理由でこれから狩猟を始めようと思っているがいれば、言っておきたいことがあります。それは・・・

あまり期待しすぎるとガッカリすることになるかもしれない。ということです。

仕留めた獲物は解体やら羽根むしりやらが必要で手間がかかります。

そしてジビエはたいていの場合、肉は固くてクセもきついので調理にひと工夫必要になる場合が多く、市販の牛肉や鶏肉のようにお手軽に料理。というわけにいきません。

また、個体差も大きく、同じ種類で同じ群れに属していてもうまい個体もいればまずい個体もあり、安定していません。

「天然の鴨はうまいに決まってる!」と信じて疑っていなかった最初の頃はとまどったものです。

ただ、おいしく食べられるよう料理した鴨鍋をつつきながら飲む酒は最高です、確かに! ハンターでよかった、と実感できる大切な時間です。

理由2.人とはちがう変わったことがしたい!

これは昔から僕の頭の中にある考えです。まぁ、かといってたいしたことはしていないのですが。他にも20代の中~後半にはバックパック背負って東南アジアの方をうろうろしたりしてましたが、それにしたってきょうび珍しくもなんともないですしね。

たしかに狩猟を始めた理由のひとつですが、今となっては狩猟をそれほど変わったことだとは思ってません。

理由3.里山の環境保全の手助けになる

趣味で社会貢献ができる。これは掛け値無しにいいことですね。実際、ハンターをやってると先々で農家の方と話をする機会がありますが、たいていの場所で猪、鹿、カラスなどの被害が出ていると聞きます。

たとえば、僕が狩猟者登録している奈良県では鹿の被害が深刻で、生態系にも影響が出るほど。奈良県の県鳥であるコマドリは、鹿のスズタケ食害で絶滅の危機に瀕しています。

今は空気銃でカラス、カワウの駆除をしています。が、知り合いハンターや地元猟友会から猪猟、鹿猟にも誘われています。はやく装薬銃も入手しなければ。

理由4.人のうちに眠る「狩猟本能」を満たすことができる

日本人は農耕民族だと言われています。ただ、各地に遺る貝塚からは釣り針、矢じりなんかも出土しています。主に獣骨を加工して作ったものです。

ということは、釣りもしていれば狩猟もしていたということ。これは動かしようのない事実。

ハンターには、そういった遠い遠い祖先の血が他の人よりちょっとだけ色濃く残っているのかもしれません。

理由5.銃は漢の浪漫だ!

漢には自分の世界があるたとえるなら空を駆けるひとすじの流れ星。

僕ぐらいの年齢で独身という男であれば、大なり小なり趣味に関するこだわりというものがあるはず。銃を背負って野山を歩く俺カッケー! ってことですw ちょっと理由2と4とかとかぶるところもあります。

そんなこんなで狩猟という趣味はなかなか女性には理解してもらいにくいようで、僕が結婚と縁遠い理由のひとつでもあります。

あとふたつのうちひとつはモテないから、もうひとつは貧乏だから。・・・ほっといてください。

まぁ、なんだかんだいっても、トータルで考えればいい趣味をみつけたと思っています。狩猟は一生続けていきたいと思っています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

冬の鹿

疑問解決!貧相な冬の針葉樹林でシカは何を食べているのか?

昨年から装薬銃での大物猟をするようになって冬山にも分け入るようになりましたが、入れば入るほど

記事を読む

キジペア

姿を発見しやすい繁殖期。ゴールデンウィークはキジを探しに行こう!

狩猟を始めた頃、メインターゲットがカモであったのは、自前のカモ鍋が食べたかったのが第一ですが

記事を読む

猟友おおさか

大阪と大阪近辺の銃砲店情報を、(あまり知らないけど)ちょっとだけ書いてみる。

大阪府猟友会に入会すると、年に一度こういった冊子をもらえます(同時に「日猟会報」という冊子も

記事を読む

6粒9粒

バックショット(大粒散弾)禁止?日本猟用資材工業会の見解はこちら

銃猟をやっている人であればこれまでにも耳にしていたであろう、バックショットの使用制限に関する

記事を読む

鹿師匠

師匠と歩く猟場―忍び猟(おもに鹿)のコツを聞いてきた。

たまにサイトアドレス宛てにメールをいただくことがあるのですが、なかには 「教えてくれる

記事を読む

うさぎ

かわいいだけじゃないんだぜ?アメフト場に乱入したウサギ、脅威の身体能力

日本においてノウサギは狩猟鳥獣。獲って食ってもいいのです。どんな味がするんでしょうかね。

記事を読む

シューター気質とハンター気質。どっちかと言えば、貴方はどちら?

長年…と言うほどじゃないけど、7年目ともなると結構いろんなところでいろんな銃猟関係者と知り合

記事を読む

犬vsシシ

昔の森はこうだった?犬の群れvs猪の格闘が見られる動画はこちら

近畿地方の梅雨明けでテンション上がってるspinickerです。ハンターになるまでは冬より夏

記事を読む

引っ込み思案

猟友会に入ったのに猟隊に誘われない、という時に取るべき行動。

こういったブログを運営しているといろいろとメールが届きますが、そのなかには 「猟友

記事を読む

狩りバカ日誌2015年1月1日(マガモ猟)

鴨の流し猟は本当に朝イチがベストなのか?もう一度考えてみた。

ハンターには”以前に(または今でも)釣りをやっていたことがある”という人が多い様子。その影響

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑