狩りバカ日誌 2017年11月19日(散弾銃・巻き狩り)

公開日: : 狩りバカ日誌2017

曇り時々雨 8℃1℃

本年度の装薬銃猟一発目は巻き狩り。約8か月の時を経て、いつもの時間、いつもの場所にいつものメンバーが集まり、去年はどうこうだった、今年はどうこうだろう。といった狩猟談義をしながら、今日の猟を心待ちにしている。

単騎で自由に回れる忍び猟も好きだが、気心の知れたメンバーと一つの目標に向かって力を合わせる巻き狩りも好き。要するに、狩猟は素晴らしい! ということである。(・∀・)

狩りバカ日誌2017年11月19日

久々の巻き狩りに各員気合十分だったが、猟場には先の台風二つの爪痕があちこちに残っていた。そこかしこで土砂崩れや倒木が発生していて、待ち場へたどりつくのも一苦労。

それに加えて、各箇所で復旧作業にあたっている林業担当者のチェーンソーや重機の駆動音が山中に響き渡っていて、仕方のないことではあるけれど、とても狩猟向けの環境とは呼べない状況だった。(´・ω・`)

結局、復旧作業の邪魔にならないよう、試験的に1ラウンドを軽く流したところで切り上げることに。

猟果はなかったものの、各員あちこちでシカの姿を目撃したということで、こんな状況でもうまくやれば獲れそうだ、というのは確認できた。

猟隊には今期から新しいメンバーが加わる。といっても人間ではない。猟犬である。

狩りバカ日誌2017年1月9日

昨年度の狩りバカ日誌1月9日でこんな不安げな顔で座っていたあの子犬は、

狩りバカ日誌2017年11月19日
狩りバカ日誌2017年11月19日

こんな抜け目のなさそうな、精悍な若犬になって戻ってきた!

今日の1ラウンド目でも出してみたところ、朝方まで降った雨のせいでうまく匂いを取れなかったようだ。経験不足もあるのだろう。

しかしそれらはこれから身につけていけばいいだけのこと。先が楽しみである。

狩りバカ日誌2017年11月19日
狩りバカ日誌2017年11月19日

とても人なつっこくて、しかも子犬の頃から知っているのでかわいくて仕方がない! (≧▽≦)

おれ、田舎に移住したらぜったい猟犬飼うんだ…

スポンサーリンク

狩りバカ日誌2017年11月19日

昼からはコール猟を試してみることにした。時期的には少し遅いだろうが、まだ反応はあるかもしれない。

動画で聞いた音色や10月の奈良公園訪問で実際に聞いたオスジカのラットコールを思い出しながら吹いてみる。

プゥ~~~~~イィ~~~~~~!!!!

うむ。我ながらうまく吹けている気がする。すぐに黒山の鹿だかりになってもおかしくはない。

が、なんせ初めてのことなので自信があるわけでもなく。こんな感じか、あんな感じかと数多く試行しながらシカの濃そうな場所を歩いてみる。

プゥ~~~~~イィ~~~~~~!!!!

狩りバカ日誌2017年11月19日

何度目かの試行の直後。シカは出てきているか。右を見て、左に目をやり、再度右方向に視線を戻すと…20mほど先でシカがこっちを見ていた! なんで? いつのまにそこに!? 10秒前はそこに何もいなかったのに! Σ(゚д゚;)

この猟法の弱点の一つが、笛ででっかい音を出すので、その間は他の音が耳に入らなくなること。加えて今日は風がきついので、足音なんかがまったく取れず、シカの接近は完全にセンサーの知覚外だった。orz

輪郭を認識したのとほぼ同時にシカはダッシュで逃走。構える暇すらなかった。一瞬すぎてオスかメスかも判別できなかったが…黒くなかったのでメスかな。

獲れなかったけど、鹿笛が有効であるというのは実感できた。11月いっぱいぐらいはコールやってみよう。今年はちょっと遅いかもしれないけど、来年以降の楽しみもできた!

狩りバカ日誌2017年11月19日

猟場からの帰り、100mほど先の路上で見覚えのあるシルエットが。忍びでやるならこの姿を発見できないと見込みはない。

狩りバカ日誌2017年11月19日

拡大。

狩りバカ日誌2017年11月19日

メスジカの群れである。二頭に見えるがその陰にもう一頭、計三頭がこちらを凝視している。

ハーフライフルを買った以上はこれぐらいの距離で獲れるようになりたいものだが、この状況で撃てるほど肝っ玉は太くない。ゆっくりと近づいて、うまい具合に林に逃げてくれて、こちらもいい感じに林へ入って追跡できたらなんとかなるか。

などと皮算用しながらゆるゆると車を発進させる。10m走り、20m…らへんで逃げられた。林にも姿はなし。そうそう思い通りにはいかない。(´・ω・`)

猟果はなかったが成果はあった。久々の大物猟ということもあるし、まぁこんなものだろう。

猟果だけ追うと獲れなかった時におもしろくなくなってしまう。銃を手に山を歩く緊張感、仲間との狩猟話、猟場での新発見、極寒の山奥ですするカップラーメン。僕にとってはそれらのどれもが狩猟の一部だ。

そういったところまで満喫できるように、今期も狩猟のすべてをゆっくりと、あせることなく味わっていければいい。


【本日の猟果(グループ)】
発砲 0(うちspinicker 0)
捕獲 0(うちspinicker 0)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狩りバカ日誌2018年3月11日

狩りバカ日誌 2018年3月11日(散弾銃・流し猟&グループ猟)

晴れ 14℃/0℃ グループ猟最終日の今日。朝一番は林道流し猟からスタートする。

記事を読む

狩りバカ日誌2017年12月9日

狩りバカ日誌 2017年12月9日(空気銃・流し猟)

晴れ 6℃/-3℃ 今期は空気銃猟が不調である。 まぁ不調というか、過去のような強行

記事を読む

狩りバカ日誌2018年2月3日

狩りバカ日誌 2018年2月3日(空気銃・流し猟)

曇り 4℃/-4℃ 鳥猟期はあと約2週間。こないだ猟期に入ったばっかりだというのに、光

記事を読む

狩りバカ日誌2018年2月4日

狩りバカ日誌 2018年2月4日(散弾銃・忍び猟)

曇り時々雪 3℃/-5℃ 当地はシシの少ない土地だというのはわかってはいた。近畿のどまんな

記事を読む

狩りバカ日誌2017年11月19日

狩りバカ日誌 2018年2月11日(散弾銃・巻き狩り)

曇り 3℃/-4℃ 今日はひさびさの巻き狩り。しかも、うちの猟隊にしては豪華な猟犬二頭立て

記事を読む

狩りバカ日誌 2018年1月1日(空気銃・流し猟)

晴れ 7℃/-2℃ ここ何年か、元日は出猟していることが多いように思う。元来、○○の日

記事を読む

狩りバカ日誌2017年12月23日

狩りバカ日誌 2017年12月23日(空気銃・流し猟)

晴れのち曇り 10℃/-4℃ 今猟期、僕が回っている水場には、ちょっとした違和感を感じる部分が

記事を読む

狩りバカ日誌2018年3月14日

狩りバカ日誌 2018年3月14日(散弾銃・流し猟)

晴れ 14℃/-1℃ 今日が今期最後の出猟。仕事を休みにして、狩猟に興味のあるリアル知

記事を読む

狩りバカ日誌2017年12月3日

狩りバカ日誌 2017年12月3日(散弾銃・忍び猟)

晴れ 12℃/-2℃ 今日ははじめての山に入る。以前に少しロケハンに来てみた時には真新

記事を読む

狩りバカ日誌2017年2月4日

狩りバカ日誌 2018年2月17日(散弾銃・忍び猟)

晴れ 7℃/0℃ 猟期中の新規開拓はあきらめ、既存の猟場をまわっている。 と

記事を読む

Comment

  1. morimori より:

    すげえ!やっぱりプアさんの記事はわかりやすいです!
    私は拡大写真でもシカの存在がわかりませんでした。でも今回の写真の背景はアスファルトの道路ですから100mでも見つけなきゃいけないって話ですよね?
    奈良公園の記事では、シカは迷彩だから山林で見つけることは困難だと。でも今回は違うと。
    初年度の私が猟場に獲物がいないと思っているだけで、単純に見つけられないって話ですね(笑)
    なるほどなあ、猟師の「目」ってやっぱり一般人とは違う「何か」がありますね。

    • spinicker より:

      立ち止まって動かないシカのデフォルトの形があれなんですよ。こちらを凝視して耳を広げてじっとしている形。動いてるシカは気づきやすいので止まってるシカを発見するスキルを磨くべきなんですけど、その一歩があの「こちらを凝視して耳を広げてじっとしている」シルエットを覚えることだと考えます。
      とはいっても、森の中ではなかなか難しい…。地面にへたりこんでるやつはさらに難しい。でも、今回みたいに路上にいるやつなら100m先でも気づけるぐらいにはなってたみたいです、いつのまにか。(^q^)

      >初年度の私が猟場に獲物がいないと思っているだけで、単純に見つけられないって話
      僕の忍び猟の場合、シカとの出会いのうち7割ぐらいはこっちが見つける前に見つけられて逃げて行ってるんじゃないかと思ってます。その場合、当然こちらはシカの存在に気づきません。犬に追われてる時はバキバキ音立てるけど、人間に気づいて遠ざかる時は音立てずにこっそりと逃げていきますからね。音は何もしないけど視界のすみに白いものが動いたから目をやったら、逃げていくシカの尻だった。ってのが何度あったことか。あれのこちらが気づかなかったバージョンがシカとのエンカウントで(僕の場合は)一番多いんじゃないかと思ってます。

  2. monndou_n より:

    かわいい犬ですね。勇敢に獣と戦ってくれるといいですね。怪我をさせられないように、見守ってあげて下さい。

    自分で犬を飼ってみて、犬飼の楽しさが身にしみて分かりました。
    初めは、道具と割り切るつもりでしたが…。
    何気無い事ですが、家に帰ると、こっちをみて、しっぽを振る。
    自分の言うことを聞いてくれる。(おすわり、待てのみ。)
    ちゃんと自分について来る。(ほぼ、リードを引かない。)
    またには、やんちゃする。(山に逃げて、里で保健所に保護される。おかげで、ドッグナビを購入するハメになりましたが…。

    山に放したら、うさぎの寝床を探して、見てくれとアピールする。(この時から、猟のパートナーなんだと思うようになりました。)
    まだ、獲物を出した事無いですが…。(うさぎの近くを素通りしたのを確認しています。)

    これで、怪我させられたり、殺されたりしたら、ちょっと立ち直れないです。

    • spinicker より:

      ああもう、文字だけですでにかわいい! 寝床見てくれアピールとかされた日にゃおやつ5倍ぐらいあげてしまいそう…( *´∀`)
      犬がケガするぐらいなら自分がケガした方がまし、という声にも納得いきます。一度だけですが、参加してた猟隊で犬が一頭帰ってこなかったことがありました。シシにやられたのです。親方泣いてました。今ならわかる。(´・ω・`)

      犬はかわいいし猟のパートナーでもあるけど、無事帰ってくるまではハラハラしそう。犬飼うことになったらドッグナビはもちろん犬用防刃ベストぜったい買います!( ・`ω・´)

  3. monndou_n より:

    犬が負傷したシーンには、何回も遭遇しています。
    腸を引きずったまま鳴いて追いかけて翌日に亡くなった犬の声は、今でも忘れません。
    あのベストですが、ケブラー で出来てるようなので、刺される分には貫通してしまいます。しかし、刺されても、裂かれる事が無いようです。
    馬鎧みたいなスーツがあれば、なんとかなると思うのですが。

    • spinicker より:

      シシのグループ猟に没頭できない理由の一番大きなところがそれなんです。ケガならまだしも、死ぬのを見るのはつらい…orz
      犬を複数入れると功を競うようになって無理に突っ込み受傷につながる、と聞いたことがあります。単騎なら慎重になるので大丈夫、だといいのですが。(´・ω・`)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑