狩りバカ日誌 2019年1月14日(散弾銃・忍び猟)

公開日: : 狩りバカ日誌2018

晴れ 9℃2℃

狩りバカ日誌 2019年1月14日(散弾銃・忍び猟)

少し順序が前後するが、1月14日の出猟記。一頭目のシシを倒してから二頭目のシシを倒すまでの間の週のこと。

いちおうシシを獲れはしたが、この猟場に通うようになったのは年が明けてから。まだ一か月もたっておらず、回数にしても片手にも満たない。前回獲れたのはラッキーパンチみたいなものだ。
好猟場だとはわかっている、しかしどこがどうなっているのか、痕跡の濃い場所薄い場所などはまだ把握できていない。

今日はそのへんを見ながら歩くのをメインにするつもりで来ている。あまり忍んで歩いていると時間がかかるので効率優先、音は気にせずズカズカ歩いて回ろう。今日獲れる率は低いだろうけど、先のことを考えると一度や二度はやっておいた方がいい手順だ。

スポンサーリンク

狩りバカ日誌 2019年1月21日(散弾銃・単独忍び猟)

シシの濃いエリアまで行くのに毎回使っている道は、斜面と斜面にはさまれた谷合の、平坦で見通しのいい獣道。人間でも容易に歩ける。

狩りバカ日誌 2019年1月14日(散弾銃・忍び猟)

この絵でいうと①の獣道が今いるところ。ものすごく濃い足跡が残っている。が、こういうところで獲物を見かけた経験は今までにほとんどない。

ここまで見通しのいいところはさすがに日中にはあまり使わないんだろうという気がしている。日没~日の出までの闇に紛れて歩いているんじゃないだろうか。

銃猟の可能な時間帯に見かけやすい場所といえば、②の獣道のような、斜面をトラバースするような形で走っているところ。木々の間に姿も隠しやすい。

狩りバカ日誌 2019年1月14日(散弾銃・忍び猟)

という判断で谷合の通りやすい道をはずれ、斜面にのぼる。やはりこのへんにも濃い道は何本も通っている。

そのうちの一本をたどっていると、木の根元に笹や木の葉が敷き詰められ、楕円形にくぼんでいる場所がみつかった。まずまちがいなくシシの寝屋だろう。

場所は記憶した。そのうち寝屋撃ちにチャレンジしてみよう。(`・ω・´)

狩りバカ日誌 2019年1月14日(散弾銃・忍び猟)

導かれるままに獣道を行く。

山腹の間に少し開けた踊り場のようなところに出た。日当たりもいい。これまでの猟場と同じであれば、シカの群れはこういう場所でリラックスしているイメージがある。今は留守のようだ。

狩りバカ日誌 2019年1月14日(散弾銃・忍び猟)

太く濃い道が無数に走っていて、この一帯に獲物が多数生息していることを証明している。とても全ては追えない。

何気なく選択した道にも、こんな感じでシカ糞とシシ糞のコラボレーション。これがあちこちで見られる。それほど険しくもなく、針葉樹と広葉樹が適度に混じり合い、見通しも悪くない。猟場としては素晴らしい。

狩りバカ日誌 2019年1月14日(散弾銃・忍び猟)

泥浴び後のシシが体をこすりつける木が道のすぐ脇で見つかった。決して珍しくはない光景。しかしこの木は非常に泥の跡がくっきりしている。

狩りバカ日誌 2019年1月14日(散弾銃・忍び猟)

近寄ってみると、シシの剛毛の一本一本までがばっちり刻み込まれている。これが何週間も前ってことはないだろう。新しい。

狩りバカ日誌 2019年1月14日(散弾銃・忍び猟)

大量のシシ糞、それもついさっきのがある! と思ったら…。大量の動物の毛が混じっている。新しいものの下には古いのが折り重なっている。ため糞だ。

ってことはアナグマかタヌキ、おそらくタヌキだな。アナグマだともっと凹凸が少ないような気がする。

いやはや、これだけ動物の痕跡が多いと、今姿は見えなくても、すぐ近くに存在が感じられて非常に楽しい。僕は気づいていなくとも、シシやシカの二頭や三頭は、食い入るように地面をみつめている僕の姿を遠くから見ていたことだろう。

狩りバカ日誌 2019年1月14日(散弾銃・忍び猟)

ついでに長年変更のなかったTwitterのプロフィール画像を更新してみた。自分の写真を撮ったのなど何年ぶりだろう。スマホの自撮り機能をはじめて使った、なんか恥ずかしい。(*‘∀‘)

この後もうしばらく歩き、1月2日にしとめたシシが歩いてきたであろう方向へも確認に行ってみたら、あまり痕跡のないエリアで意外に思ったり、さらに有望なエリアをいくつか発見したり。この日の獲物の捕獲・目撃はなかったが、今後の捕獲率アップにつながりそうな情報を多数仕入れて帰ることができた。

そこそこ獲れてはいるが、僕の知識などたかが知れている。足跡でオスだとかメスだとか体重がどれくらいだとかなど、想像はしてみてもそれが正しいかどうかはまったくわからない。

ならどうやっているのかといえば、こうやって歩いて、痕跡の多いところを見つけてそのあたりを重点的に忍び歩いて遭遇に期待する。数多く出猟する。ただそれだけだ。

それを積み重ねていくうちに、ベテランのような読みや知識がおのずとついてくるものだと思っている。たかだか数年の経験で身につくものではないはずだ。

今回得た猟場の知識が、1月21日のシシの射獲につながっている。

僕は今後もこんな感じで単独忍び猟を続けていくはずだ。

【本日の猟果(忍び猟)】

  • 発砲 0
  • 捕獲 0
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    狩りバカ日誌 2018年11月18日(散弾銃・グループ猟)

    狩りバカ日誌 2018年11月18日(散弾銃・グループ猟)

    晴れ時々曇り 16℃/6℃ 今年度一発目のグループ猟。去年までとは大きな変化があった。

    記事を読む

    狩りバカ日誌 2019日年1月5日(空気銃・流し猟)

    狩りバカ日誌 2019年1月5日(空気銃・流し猟)

    曇り 8℃/-2℃ 年が明け、猟場は真冬仕様に衣替えしつつある。 池の凍結が進むとカモの

    記事を読む

    りん

    狩りバカ日誌 2018年12月23日(散弾銃・巻き狩り)

    曇りのち雨 16℃/9℃ 今期から本格デビューの若猟犬。先代犬が引退したため、こいつが

    記事を読む

    狩りバカ日誌 2019年1月2日(散弾銃・単独忍び猟)

    狩りバカ日誌 2019年1月2日(散弾銃・単独忍び猟)

    曇り時々雪 5℃/‐2℃ 目を覚ますとサンバーの荷室だった。そういえば時間とガス代の節

    記事を読む

    狩りバカ日誌 2018年12月1日(空気銃・流し猟)

    狩りバカ日誌 2018年12月1日(空気銃・流し猟)

    晴れ 15℃/4℃ 今季初の空気銃猟…ではなく、二度目の出猟である。初猟は大人の事情で割愛させ

    記事を読む

    狩りバカ日誌 2018年11月25日(散弾銃・忍び猟)

    晴れ 15℃/5℃ 今期から単独猟時にはシシと会える可能性の高そうな場所を選択して

    記事を読む

    狩りバカ日誌 2019年1月1日(散弾銃・単独忍び猟)

    狩りバカ日誌 2019年1月1日(散弾銃・単独忍び猟)

    晴れ 10℃/1℃ 2019年一発目の出猟。元日に猟場に出るのは恒例だが、例年は空気銃猟。今年

    記事を読む

    射獲動画つき狩りバカ日誌 2018年12月2日(散弾銃・グループ猟)

    射獲動画つき狩りバカ日誌 2018年12月2日(散弾銃・グループ猟)

    恒例となりつつある、巻き狩り前の単独猟。30~40mほどの距離で踏み出したメスジカに射掛ける

    記事を読む

    狩りバカ日誌 2019年2月23日(散弾銃・単独忍び猟)

    狩りバカ日誌 2019年2月23日(散弾銃・単独忍び猟)

    曇りのち晴れ 10℃/3℃ 先日、イノシシの寝屋撃ちに成功したのに味を占めたspinick

    記事を読む

    狩りバカ日誌 2018年11月16日(散弾銃・忍び猟)

    狩りバカ日誌 2018年11月16日(散弾銃・忍び猟)

    晴れ 16℃/6℃ 大げさでもなんでもなく、夢にまで見た、それも複数回見た、2018年度の猟期

    記事を読む

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    もうかりまっかPC01

    PAGE TOP ↑