狩りバカ日誌 2020年2月20,21日(散弾銃・待ち伏せ猟)

公開日: : 狩りバカ日誌2019, 車中泊猟

2月20日

晴れ 13℃4℃

昨秋の台風の影響に加え、このところのコロナウイルス禍の影響で仕事がひまである。今のうちに有給を消化しておけ、とありがたいお達しが出ている。お言葉に甘えて平日に休みを取り、車中泊猟に出かけた。

夜勤明けということで、ひと眠りして昼すぎに遠征先の猟場へ出発。山へ入ったのは夕方ちょっと手前。あまり時間なく、獲物にも出会わなかった。早々に下山して車中泊の準備にかかる。

狩りバカ日誌 2020年2月20,21日(散弾銃・待ち伏せ猟)

車中泊猟を開始した当初は、遠い猟場へ遠征するためのただの手段だった。時間を、交通費を節約するため。しかし今ではこのお手軽キャンプを楽しみにしている自分がいる。

寝るまでの間、焚き火のそばでめしをかっくらい、そしてオレンジの光に照らされたページをめくって本を読む。コーヒーをすすって仰ぎ見る空は漆黒に浮かぶ星の海。

狩りバカ日誌 2020年2月20,21日(散弾銃・待ち伏せ猟)

このところはプルコギ丼が車中泊猟の晩飯になることが多い。クッカーセットのフライパンでプルコギを適当に炒めて、コッヘルで炊いた米に乗せるだけ。これに何か果物と野菜ジュースといったものが定番になっている。

狩りバカ日誌 2020年2月20,21日(散弾銃・待ち伏せ猟)

目いっぱい非日常を満喫して仕事のストレスが吹っ飛んだら、明日の猟に思いを馳せつつ寝袋にくるまって瞼を閉じればいい。シシに会えるのが夢の中だけ、とならなければいいのだが。

2月21日

晴れ 15℃4℃

天気予報によると今日も好天の高温らしい。

個人的には忍び猟時の気温は0~5℃ぐらいの間がもっとも動きやすい。10℃を超えると暑くて仕方がない。それが今日はさらに太陽ががんばって15℃にも達するという。歩き回ってられんぞこの気温では。汗だくになりそうだ。

よし、今日は待ち伏せにするか。

狩りバカ日誌 2020年2月20,21日(散弾銃・待ち伏せ猟)

チョイスしたのは、一年前のこの時期に多数のシカとシシに出会ったこの場所。笹薮の斜面の下の林にシカがいたので矢をかけたところ、シカには失中するも銃声が笹の中で寝ていた少なくとも四頭(おそらく五頭)のシシを起こし、うち一頭をしとめた験のいい場所だ。

関連記事:狩りバカ日誌 2019年2月23日(散弾銃・単独忍び猟)

今期は昨期より全体的にシシもシカも痕跡が少なめだが、ここはその中でも健闘している方だ。望みはけっして薄くない。日向ぼっこでもしながらのんびり待てばいい。

しかし今日はほんとにあったかい。啓蟄を待たずあちこちでカナヘビの姿を見かける。笹薮の下を這いまわっているようだ。カサカサ、カサカサと。カサカサ…カサカサ???

背後からひときわ大きいカサカサが聞こえてくる。今はもうガサガサだ。音を殺して薬室を閉鎖しながら、首から上だけをゆっくりと音源に向ける。10mほどの至近距離にメスジカ三頭の群れが迫っていた。

狩りバカ日誌 2020年2月20,21日(散弾銃・待ち伏せ猟)

身じろぎひとつしないこちらに三頭はまったく気づいていない。ガサガサ音を伴ってのんびりと近づいてくる。馬酔木の藪の向こうに差し掛かったところで挙銃。レティクルのセンターを首元に照準したが、最後まですぐそばのハンターには気づかなかった。

バーーーーーン!

いくらヘタでもさすがに外すわけがないシチュエーション。先頭の一頭は頸椎を射抜かれて即倒、後続の二頭はてんでに逃走。距離が近すぎて感覚がおかしくなったのか、真ん中のやつはこっちへ向かって走ってきたほどだった。

うーん。シシ狙いだからスルーしてもよかったんだけど。けどこの距離じゃ半矢にも回収不能にもまずならないし、時間もまだ午前だ。夕方まで粘るつもりだし、これはこれで問題なし。

手早く背中だけ取り、風通しのいい日陰に吊るしてから再度待ち伏せに戻った。

狩りバカ日誌 2020年2月20,21日(散弾銃・待ち伏せ猟)

11時ごろから待ち伏せを開始して今は昼過ぎ。あまりの陽気にジャケットを脱いで待つことに。
時々座ったり立ったりスマホをいじったりしながら時間をつぶす。

日没直前に本命、シシ五頭ほどの群れが下の林に出没! 一気に心拍数が跳ね上がる!

しかし興奮しすぎて心拍数と同時に銃口も思いっきり跳ね上がり、放たれたブリネッキ弾頭はシシの体を捉えることなく、90mほど飛翔してから地面に突っ込んで犬死に。嘆きながら下山した。orz

【本日の猟果(待ち伏せ猟)】

  • 発砲 2
  • 捕獲 1(シカ♀ 5mぐらい立射・ネックショット)
  • 時間 シカ11:15ごろ シシ17:40ごろ
  • 地勢 南東向き笹薮
  • 装弾 ロットウェルブリネッキスラッグ(#12)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狩りバカ日誌 2019年11月21日(散弾銃・単独忍び猟)

狩りバカ日誌 2019年11月21日(散弾銃・単独忍び猟)

晴れ 10℃/-4℃ 猟場からシシの痕跡が激減した原因の調査は今日も続く。

記事を読む

狩りバカ日誌 2020年1月12日(散弾銃・単独忍び猟)

狩りバカ日誌 2020年1月12日(散弾銃・単独忍び猟)

晴れ 9℃/2℃ 四か月の猟期もほぼ半ば。今期は好天に恵まれることが多いのはありがたいけど、ど

記事を読む

車中泊猟時に使用している車内灯(LEDランタン)がこちらになります

キャンプそのものにはそれほど興味なかったspinicker。しかしたとえ本格的なものでないただの車中

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年11月9,10日(散弾銃・単独忍び猟)

狩りバカ日誌 2019年11月9,10日(散弾銃・単独忍び猟)

晴れ 18℃/6℃ 11月9日 先週の初出猟では、昨期に山ほどシシの痕跡があった

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年11月2日(散弾銃・単独忍び猟)

狩りバカ日誌 2019年11月2日(散弾銃・単独忍び猟)

晴れ 20℃/8℃ 今年で八度目となる初日の夜明け。八年目ともなるともう慣れたといえば慣れた。

記事を読む

車中泊猟の夜長を利用して焚き火のそばで今話題の「蘇」を作ってみた。

日没を過ぎると(原則)発砲禁止。銃猟ハンターにとっては常識です。 家から通っているので

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年12月15日(散弾銃・単独忍び猟)

狩りバカ日誌 2019年12月15日(散弾銃・単独忍び猟)

晴れ 10℃/3℃ 昨期の順調さからは一変、今期は不調の続く大物猟。遠征先でシシの痕跡を見てい

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年11月18日(散弾銃・単独忍び猟)

狩りバカ日誌 2019年11月18日(散弾銃・単独忍び猟)

晴れ 14℃/4℃ 15日をもって、本拠地奈良県の猟期も開幕。いよいよ気合が入ってきた

記事を読む

狩りバカ日誌 2020年1月3日(散弾銃・単独忍び猟)

曇り時々雪 5℃/0℃ 近場(車で1時間前後)での理想の猟場探しは今日も続く。今回入るのも初め

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年1月1日(散弾銃・単独忍び猟)

spinickerの車中泊猟の行程はだいたいこんな感じになっております。

僕が遠征先で狩猟をする時によくやるのが車中泊猟。狩猟+なんちゃってキャンプが楽しめて宿代いら

記事を読む

Comment

  1. やんま より:

    朝から晩までじっとしているなんて、自分には到底できない技!こちらは2月15日で猟期は終わりましたが、駆除でイノシシの巻狩りをして居ますが、少雪の影響で全然獲れません。一度、雪の降らない西の人の巻狩りを勉強したいと思うこの頃。

    • spinicker より:

      そちらは延長なしなんですね。あまり獣害ないってことなんでしょうか。。。
      雪が深く積もると人間と獣の移動速度が逆転するので新しい足跡をたどれば簡単に追いつける、って逸話を聞いたことがあります。ところ変われば猟変わる、ってことですね!(・∀・)

  2. やんま より:

    雪が深くなるとイノシシは同じ場所に固まるのでい10頭くらいとれることもあります

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑