狩猟用簡デジに必要。イヤホンマイクとアンテナのレビュー(KENWOOD)

公開日: : 猟具・猟装

無線

正月休みの出猟で痛めた背中がいまだ癒えきらず、なかなか大物猟に出れなかったり、出てもすぐ帰ってきたりのspinickerです。今週末は空気銃の流し猟には行く予定だけど、山へ入るのはまだちょっとこわい…。ぼちぼち医者行くかな。(´・ω・`)

山へ入るといえば、山中での使い勝手を心配していた簡易デジタル無線。4アマ無線機よりは若干落ちるけど十分に実用範囲である。というのは先月の記事で報告したとおり。

関連記事:狩猟用無線を更新。デジタル簡易無線TPZ-D553MCHのレビューと注意点

が、実用範囲とはいっても、箱出しの状態では狩猟シーンでの実用には耐えられないのが無線機。イヤホンセットは付属していないからです。

イヤホンマイクなしで運用しようとすれば、送信のたびにPTTボタンを押しながら機体を口元に持ってきたり、相手からの送信は機体のスピーカーから周囲にダダ漏れになったり。人間にもよく聞こえますが、周囲の動物にもよく聞こえます。人間の居場所を教えているようなもの。お話になりません。orz

ということでイヤホンマイク、あとは簡デジは周波数の関係から4アマ無線より飛ばないと聞いていたので、社外品の長いアンテナも併せて購入、運用しています。今日はそのへんの品のレビューを。

スポンサーリンク

ケンウッド製簡デジ無線用品 レビュー

イヤホン付きクリップマイクロホン 耳掛けタイプ EMC-14

EMC-14

最初に購入したのはこちら。EMC-14というイヤホンマイク。4500円ぐらいもします! 最初は簡デジについてはあまり信用しておらず、情報も少なかったので、僕にしては奮発してケンウッド純正品のこれを買ってみました。

…が、結果的に、現在は使っていません。orz

というのも、イヤホン部(丸っこくなってるパーツ)がでっかすぎて耳にぜんぜんフィットしないのです。

耳にかける用のアーチがついているので耳の近くで保持することはできますが、まったく耳の形状に合わず、すき間から音声が漏れまくります。ちょっと、これは。(´・ω・`)

音がまわりに漏れてもいいようなシーンで使うならありかもしれませんが、狩猟用としてはおすすめできる品ではありません。(-_-)

WORKIE 耳かけ付ストレートイヤホンマイク《KSタイプ》【ケンウッド ねじ式プラグ専用】

ケンウッド簡デジおすすめイヤホンマイク

高いの買ったのに使い勝手が悪く、超ガッカリ。何も信じられずやさぐれていた僕が次に買ったのがこちら。そうそう高いのばっかり買ってられなかったので、今回は安物。1500円ぐらい。ということは、前回の1/3ほど。

が、これが当たりでした。相手方の音声もきちんと聞こえる、こちらの発信音声もちゃんと拾ってもらえる。カール式コードに保持用のクリップが複数ついていて、取り回しもいい。これが1500円でいいの? (・∀・)

ただ、イヤホンは左右どちらの耳でも使用可。ということだったのですが、デフォルトが右耳の状態なのでその形でクセがついていて、左耳にセットしようとすると、もとの形にもどろうとして耳孔から外れる。ということが何度かありました。

対策として左耳セットの形でボンドで止めて使っています。不具合といえばこれぐらいかな。それ以外の機能はいいので、この値段なら満足です。

WORKIE 耳かけ付ストレートイヤホンマイク《KSタイプ》 【ケンウッド ねじ式プラグ専用】

WORKIE 耳かけ付ストレートイヤホンマイク《KSタイプ》【ケンウッド ねじ式プラグ専用】

また、↓の品は形状から見るに同等の品である模様。現状ではこちらの方が若干安いですね。

簡デジ用アンテナ

SRH350DH

アンテナはこちらに換装してあります。純正品よりかなり長くて飛びそう。

実は最初っからこれを装着していたので純正品との差はわからないというのが正直なところ。ただ、めっちゃ長いのが難点。その分飛ぶのかもしれないけど、山での運用にはちょっと持てあます場面も。車のドアに挟んだり。(+_+)

ちょっと短いこっちで試してみるのもよさそう。20センチか。半分ぐらいならかなり楽だな…

簡デジ自体には現状いちおう満足です。アマチュア無線運用時の制約がないのはなんというか、肩の荷が下りたというか。気分的に楽です。

アマ無線、簡デジ。それぞれのメリットとデメリットを天秤にかけて運用していきましょう。( ´ー`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

自作カモキャッチャー完成!

猟期はもうすぐ、自作カモキャッチャーを作り直しました!

このブログもそうですが、本サイトの方も「カモキャッチャー」「鴨キャッチャー」のキーワードでの

記事を読む

seeallopensight

詳報に期待!新しいタイプの光学サイト「See All Open Sight 」

スコープがいいのか、ホロサイトか、はたまたドットサイトか。 前シーズン、鹿に射掛けては

記事を読む

モーラナイフ・コンパニオン(ステンレス)

定番猟用ナイフ。ハンター御用達なモーラナイフ・コンパニオンの実力

狩猟をやっていると刃物をいろいろと扱うことになります。当然、僕もあれやこれやと持っています。

記事を読む

二猟期ほど使い倒してまた同じの買う予定の狩猟用手袋がこちらになります

猟具・猟装も数ある中で、なかなかしっくりこないものの筆頭格が手袋ではないかと思われます。

記事を読む

ハンターの足元

山歩きに大事な猟師の靴、おもに3パターン。あなたはどれ?

猟師を始める前は「靴はどういったものがいいんだろうか」と悩んだものです。そして今でも悩んでい

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年1月21日(散弾銃・単独忍び猟)

格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

シシの解体は皮剥ぎが肝要。脂の乗っていない本州のシカ(猟期)であればベリベリっと剥ぐことがで

記事を読む

便利地図サービス「Mapionキョリ測」

モニタの前でえび満月でも食べながら獲物までの正確な距離を知る方法

狩猟用空気銃を使ってカモ猟なんかをする場合、獲物までの正確な距離をつかんでおくことはとても重

記事を読む

大特価

格安スコープを狩猟(散弾銃)に使ってみて困ったこと。

所得弱者ながら銃猟なんてのをやってると、あっちゃこっちゃで節約する必要に駆られます。そのへん

記事を読む

箱罠自作

ホームセンターの材料で自作!低コストでできる箱罠の作り方

狩猟といえばおもに銃と罠。網猟をやってる人って周囲にはいなくて、やはり狩猟の方法としてはマイ

記事を読む

折りたたみ式へ。狩猟用の携帯式獲物ハンガーをアップデートしてみた

分割式へ。狩猟用の携帯式獲物ハンガーをアップデートしてみた

地域や猟隊、人によってそれぞれの方法がある、獲物解体のやり方。 僕がシカを解体する場合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑