youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

公開日: : 暮らしよもやま話

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

野生動物の意外性というものは、どちらかというと彼らとの接触の多い我々のようなハンターをも仰天させることがあります。

ハンターですらそうなので、次の動画で顛末を見守っていた人たちにとってはそれ以上に予想外だったかもしれません。

スポンサーリンク

とある海沿いのマンション前に集まった人たち。上を見上げて何かを気にしています。

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

彼らの視線の先にいたのは、アライグマのアライさん。

ところが、その場所が尋常ではありません。マンション8階の外壁にしがみついているのです!

アライグマは器用で木登りなんかも得意だけど、垂直の壁のぼりまでできるとは。(; ゚Д゚)

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

悲しいかな、生物には疲労というシステムが存在します。

アライさん、ここで限界を迎えたのかそれとも足を滑らせたのか、ついにその身が外壁からはがれ落ち、まっさかさまに地面へ!

しかしそこはさすが野生動物とでも言うべきか、アライさんは空中でうまいことネコのように体を回転させ、足を下にして耐ショック体勢に入りました。

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

べたん。

さすがに高さがありすぎたか、姿勢制御にもかかわらずやや鈍い音とともに着地。大丈夫か…!?

心配する観衆を尻目に、アライさんはすぐに立ち上がって走り去って行きます。わき上がる歓声。

…といったところで動画は終わり。

ラストは元気そうに走って行ったので助かったようにも見えますが、銃猟にたずさわっているハンターであれば経験しているでしょう。助かったかどうかわかりませんねこれ。

確かに手足の骨や脊椎には大きな損傷はなかったかもしれません。でもあの勢いだと、内臓のどこかに重大なダメージがあってもおかしくない。シカなどは肺に貫通銃創を負っても10秒や20秒は走るのです。

アドレナリンが出ている間は体は動かせても、その後どうなったか…。(´・ω・`)

この動画で再確認できることは、野生動物の頑健さ、あとは意外性でしょうか。

最初にこのアライさんを見かけた人、アライグマという動物の存在は知っていても、網膜が捉えた物体の正体がアライグマだとしばらくは認識できなかったと思います。まさか8階の壁にアライグマが張りついてるなどとは思わないでしょうし。

人間の脳は目で捉えた物を周囲の環境と結びつけて考えます。白くてふわっとしたものが見えてもそれが住宅街のベランダなら「洗濯物」だし、心霊スポットなら「幽霊」ということになるのでしょう。幽霊の正体見たり、というやつです。

僕も経験があります。

周囲一帯、見える範囲どころか数キロ四方は杉の植林、過去にもシカ以外の大型獣を見たことがなかったエリアを歩いていて、何かが動いた。これもシカだろうな、と思って見ていると、角がなく牙があるシカだった。というかイノシシだった。とか。

動物というのは頑丈で、時としてこちらの想像を思いっきりひっくり返すような場所で、それも珍妙な行動を取っていることがある。思い込みは事故の元。

この動画を見て、再度そのことを頭に入れておこうと思った次第です。m(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

やけど虫被害

日本全国どこにでもいます!この時期「やけど虫」にご注意!

ハンターが気をつけるべき虫はいくつかあります。 コガネグモとかジョロウグモとかナガコガネグモと

記事を読む

シカいっぱい

一猟期一善。Tポイント寄付で貢献する生物多様性。

僕が小さい頃の南河内は今よりもっと雪が積もった記憶があります。積雪で小学校の1,2時限目が雪

記事を読む

お疲れな現代人に!無料のヒーリングBGMサイト「Noisli」

猟期も終わり、最近の休日は家にこもりがちです。外へ出ると金かかりますからね! 次の猟期に向け

記事を読む

日本語おもしろTシャツ

抱腹絶倒、抜群の破壊力。アジアのおもしろ日本語Tシャツ!

看板、バンドの名前、商品名。 英語という言語は日本人にとって母国語ではないながらも、日々の

記事を読む

ハンター川柳

HYKE主催「ハンター川柳大会」の選外佳作を個人的に紹介してみる。

個人的にとても楽しませてもらった、ハンター川柳大会。第三回が楽しみです。 サイトをいろ

記事を読む

火縄銃

意外な歴史の事実。江戸時代の農民は武士より多く鉄砲を持っていた!?

自分自身が銃猟をするようになり、また狩猟に関するブログなど開設していると、銃の所持にまつわる

記事を読む

ツナ缶

天才か。缶切りなしで缶詰を開ける超単純な方法。

あってほしくないことですが、狩猟で山へ入る時には一応、非常事態への備えは持って行ってます。

記事を読む

かぶと虫たち

いずれは子供と共に狩猟を―。自然好きへの一歩はいい体験といい図鑑!

30代半ばにしてハンターになった自分は昔、どんな子供だったかと思い返してみると、やはり自然大

記事を読む

老若男女

実録・ハンターの職業!日曜猟師は普段どんな仕事をしているのか?

現状、日本にはそれのみで生計を立てているという、いわゆる「専業猟師」と言われる人はほぼいない

記事を読む

狂鹿病

日本に来ませんように…。鹿がゾンビになる奇病「狂鹿病(CWD)」米で蔓延

先ほどひりぴん旅から帰国したspinickerです。真冬の日本から常夏の国への旅は余計な荷物

記事を読む

Comment

  1. monndou_n より:

    昨日、京都笠取国際射撃場に行って来ましたが、エアー射場のすぐ下まで鹿が2頭来てたそうです。
    会社の先輩は、ラリーの練習中に鹿と衝突して、車は大破したそうですが、鹿はそのまま山に帰って行ったそうです。
    自然の動物は、すごいですね。
    人間は、サッカーの試合中なら、ちょっと当たっただけで中断ですが。

    • spinicker より:

      笠取の山もよさそうなところですからねえ。シカもシシも多そうな雑木林で。そういえばぼちぼち空気銃もサイト合わせに行かないと…

      人間も緊急事態でアドレナリン出てれば野生動物に遜色ないパワーが出せるはずなんですけどね、火事場の馬鹿力的な。サッカーはうまくイタイイタイするのも芸のうちみたいなものですし。(・∀・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑