山奥のバッテリー上がりも大丈夫。猟師向け車用モバイルバッテリー!

公開日: : 暮らしよもやま話

山奥のバッテリー上がりも大丈夫。猟師向け車用モバイルバッテリー!

いやはや、ちょっと肝が冷えましたね。もうちょっとで山中で立ち往生するところでしたぜ。orz

ついこないだのこと。

今日の猟場はかなりの山奥。単独猟の準備をととのえ、装備一式を確認してからサンバーのリアハッチを閉め、山へ入りました。日の出直後のことです。

半日山を歩いた後、日没直前に車のところまで戻ってきました。獲物はなかったけど収獲はあったぞ、とか考えながら。

薄暗くなりつつある山で遠くに自分の車が見えてくると、ホッとするというか、頼もしいというか安心感というかそういった感覚に包まれるんですけど、この時ばかりは体が凍りつきました。

サンバーのルームランプは、煌々と輝いていました。orz

スポンサーリンク

車を離れる時、リアハッチを閉めたつもりで、車中泊用に敷いてあるシュラフのはしっこを噛み込んでしまって閉鎖不確実だったのに気づかなかったようです。

たった半日だし、しょせん小さな豆球ひとつだし、大丈夫だよな…? (; ・`д・´)…ゴクリ

震える手でキーをひねります。セルモーターは弱々しくも回りますが…エンジンはかかりません。マジか! 根性なしめ!

いや、セルが回ってるってことは、とりえあえずそれだけの残量はあるってことだ。メーターもいちおう光ってる。寒さのせいもあるのかもしれない。慎重にいこう。

その後、しばらく休ませたことがよかったのか、なんとかエンジンの始動に成功。山中からの生還を果たしました。orz

なんか対策はないかと考えていたところ、携帯用のバッテリーでエンジンを始動させる商品があるということを知りました。ほほう?

山奥のバッテリー上がりも大丈夫。猟師向け車用モバイルバッテリー!

以下商品画像はAmazonより

山奥のバッテリー上がりも大丈夫。猟師向け車用モバイルバッテリー!

通常のスマホなどに使うモバイルバッテリーなら持っていますが、これはスマホなんかにも使えるけど、それにプラスして、バッテリーの上がった車のジャンプスタート用ソケットがついている。ということらしいです。

山奥のバッテリー上がりも大丈夫。猟師向け車用モバイルバッテリー!

使い方も簡単そうでおっちゃん安心。

サイズ的にはiPhone6と同等ということで、狩猟時のザックに入れておいてもいいかもしれません。スマホの充電用に。

山奥のバッテリー上がりも大丈夫。猟師向け車用モバイルバッテリー!

小さいながらもライトつきで陽が落ちてからの作業もOK。
まぁ、ハンターのみなさんならヘッデンぐらいお持ちでしょうけどね!(・∀・)

うむ。これで3999円(2018年12月18日時点)は値打ちあるなぁ。山奥でのバッテリー上がり→立ち往生から解放されるための方策としては、がめつい大阪人も納得のお値段。

ただ、先ほどの商品はガソリン車の2500ccまで、と明記されています。

たいていの狩猟車であれば大丈夫でしょうが、ランクルのでっかいやつとかであれば、こちらの4000ccまでのものが必要になるかと。お値段1000円アップ。ディーゼル車対応かどうかはわかりません。(´・ω・`)

不注意をなくすのが一番いいんだろうけど、気をつけていてもやらかすのが人間というもの。
山奥でバッテリー上がって立ち往生とか超困るので、次の給料が入ったらひとつ買っておこうと心に決めました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日本語おもしろTシャツ

抱腹絶倒、抜群の破壊力。アジアのおもしろ日本語Tシャツ!

看板、バンドの名前、商品名。 英語という言語は日本人にとって母国語ではないながらも、日々の

記事を読む

ビール

鹿ジャーキーも!ドライフードを自作できる家電、ジャーキーメーカー

ジビエの楽しみ方はいろいろ。当地の大物猟ではシカが多いので、僕の場合は竜田揚げとか低温調理で

記事を読む

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

野生動物の意外性というものは、どちらかというと彼らとの接触の多い我々のようなハンターをも仰天

記事を読む

山賊ダイアリー終了

【悲報】山賊ダイアリー、連載100回で終わって始まる【朗報】

狩猟をメインにした大人の趣味ブログみたいな感じでやってる僕のブログ。 こんなブログに来

記事を読む

この夏のおされアイテム。ハンター川柳大会の賞品Tシャツを着てみる。

この夏のおされアイテム。ハンター川柳大会の賞品Tシャツを着てみる。

夏場は狩猟のオフシーズン。ハンターの僕もこの時期は家にすっこんでることも少なくないですが、そ

記事を読む

やけど虫被害

日本全国どこにでもいます!この時期「やけど虫」にご注意!

ハンターが気をつけるべき虫はいくつかあります。 コガネグモとかジョロウグモとかナガコガネグモと

記事を読む

ピラミッド

現代技術でピラミッドは作れるか?スーパーゼネコン大林組の本気。

昔には作れていた物が、技術が失われて今では作れなくなった。というものがこの世にはあるそうです

記事を読む

ハクキンカイロ

私の戦闘力は13倍です。真冬の狩猟もぽっかぽか、強力ハクキンカイロ!

当地での大物猟の猟期は3月15日まで。残すところ2か月を切りました。そしてここから一年で一番

記事を読む

一目瞭然な「ブラック企業マップ」で田舎暮らしの転職をスムーズに!

一目瞭然な「ブラック企業マップ」で田舎暮らしの転職をスムーズに!

狩猟にドはまりした結果、よりよい狩猟環境を求めて田舎暮らし・移住を画策しているハンター諸氏も

記事を読む

老若男女

実録・ハンターの職業!日曜猟師は普段どんな仕事をしているのか?

現状、日本にはそれのみで生計を立てているという、いわゆる「専業猟師」と言われる人はほぼいない

記事を読む

Comment

  1. monndou_n より:

    最近、この手の商品は多いのですが、リチウムポリマーは、B787のバッテリー発火事故や、ギャラクシー爆発などのイメージが強くて。
    また充放電の難しさから、置いてるだけで放電して、いざという時に使えないて事もありました。
    (去年買った無線機のバッテリーを付けっぱなしにしてて、今年使おうと充電するも充電出来ませんでした。)
    僕の車は、インバーターや荷室の照明用にサブバッテリーを積んでます。
    (エンジン停止中も気にせず電気を使えます。)

    • spinicker より:

      いわゆるリポバッテリーですね。いろいろ話は聞きますが、他にも持ってるモバイルバッテリーやiPhoneのバッテリーは特に何もないので、普通に使っているぶんには大丈夫かなと思ってます。(・ω・ )

      サブバッテリーはお金持ち車中ハカーが持ってるやつですね! ふたけた万円するのも普通という。僕には縁遠いです。(´・ω・`)

  2. LtcHughes より:

     こんな小さなバッテリーで、車が動くんですか?!なんかこう、、、信じられない感じですね。

     でも、室内灯を半日点けっぱなしにしただけで車の始動に影響するとは、考えた事もありませんでした。これは危険ですね。。。冬にバッテリーが上がってしまうことが多いようですが、車屋さんに 「夏にエアコンなどでバッテリーを酷使するから、秋にはバッテリーの能力が低下して、寒い冬に更にダメになってしまう」 と言われたことがあります。

     そういうハイパワーなモバイルバッテリー。電気槍にも使えそうですね。これは試してみる価値がありそうな。

    • spinicker より:

      買ったのも中古だし、その後も三年間交換なしできているので、それなりにへたってるような気がします。高いものでもないしぼちぼち交換しようかな。

      電気槍にも使えるかもしれませんが、電気工学などまったく知識がないので僕には自作などできそうにもありません…orz

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑