格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

公開日: : 猟具・猟装

狩りバカ日誌 2019年1月21日(散弾銃・単独忍び猟)

シシの解体は皮剥ぎが肝要。脂の乗っていない本州のシカ(猟期)であればベリベリっと剥ぐことができるんだけど、シシでそれをやってしまうと脂までが身からはがれてしまって非常にもったいない。

なのでシシ猟をする猟師はほとんどの方がそれ用の「皮剥ぎナイフ」を所有しているはずです。僕も以前シシ猟隊で見習いをやってた頃に一本買いました。

これそのものではないけど、こういう形のやつです。僕のは藤次郎のもの。こいつはドイツの有名刃物メーカー、ゾーリンゲンの皮剥ぎですね。

が、昨年末に山中でザックの中身をぶちまけてしまったことがあり、その際にどうやら回収を忘れてそのまま奉納してしまった模様。orz

なので、1月2日にしとめたシシは皮剥ぎナイフなしで解体しました。一から十までモーラのコンパニオン一本でやり通しましたよ。途中で一度シャープナーに通したけど、最後までやれました。

とはいえ、いかにコンパニオンがオールマイティないいナイフであったとしても、皮剥ぎではやはり専門の皮剥ぎナイフに劣ります。刃の厚みのせいでどうしても角度がついてしまって難しいんですよね。

格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

てなわけで先日、安物ですが一本皮剥ぎナイフを買いなおしました。お値段1000円ちょっと。格安です。

特徴としては以前使ってたやつよりかなり小ぶりです。前は猟隊でやってたので、シシが獲れるとみんなで引き上げて山小屋まで運んで台の上で作業という形でした。とても解体しやすい環境だったのです。

が、今のシシ猟は単独忍び猟メイン。どうしても解体は山中でやらざるを得ません。あまり長いのは持て余しそうだったのでこいつにしました。…ウソです。安かったからです。orz

狩りバカ日誌 2019年1月2日(散弾銃・単独忍び猟)

実際使ってみると、やはりコンパニオンとの差は歴然。安物とはいえ圧倒的に皮剥ぎナイフの方がやりやすい。まぁ当然なんだろうけど、1000円やそこらでこの使い勝手はなかなか。やはり刃が薄いとやりやすい。

刃が厚いと、表面を滑るように動かすことが難しくなります。くさびとか斧みたいに”断ち割る”系統の角度、縦の動きになってしまいやすいのです。薪割り用の斧とかがあれだけ刃厚なのはそういう理由です。

刃が薄いと断ち割る方面の力はあまり働かず、皮と脂の境界ををなぞるように、横の動きを活かすことが容易になります。

格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

ちなみにこちらがコンパニオンで解体したイノシシのバラ肉…

狩りバカ日誌 2019年1月21日(散弾銃・単独忍び猟)
格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

こちらが皮剥ぎナイフで解体した方。

…画像ではよくわかりませんね。脂乗りは個体によってもちがうし、仕方ないね。(´・ω・`)

まぁ、皮剥ぎの方がやりやすかったのは確かです。意外でもなんでもないでしょうけど。

格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

ちなみに、先日の巻き狩りで待ちへ向かっている最中に奉納した先代の皮剥ぎナイフを発見、山の神様から奪還することに成功しました!(・∀・)

また後日、山中で長物の皮剥ぎを使ってみて、短いものとの使い勝手の差なんかを試してみようかと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スコープ倍率

狩猟用空気銃にはどれぐらいの倍率のスコープを載せるべきか?

こういった狩猟ブログを運営しているといろいろとメールが届くもので、過去には「空気銃用のスコー

記事を読む

鳥猟ハンター(空気銃)のザックには何が入ってるのか紹介してみます。

鳥猟ハンター(空気銃)のザックには何が入ってるのか紹介してみます。

僕は散弾銃で大物猟もやれば、空気銃で小物猟(鳥猟)もやっています。最初は空気銃からこの世界に

記事を読む

竹

そのへんの竹で作る。岡崎市発の経済的なイノシシ用箱罠はこちら

罠猟にも興味あります。銃とはちがって(有害などの許可があれば)24時間365日、年中無休で稼

記事を読む

夜の山中で不足を感じたのでヘッドライトを新調したら助かった話。

夜の山中で不足を感じたのでヘッドライトを新調したら助かった話。

昨年12月23日のグループ猟。午後の部での射獲が遅くなり、解体を終えて下山する時には日没を過

記事を読む

雪山登山

さすが登山用品。モンベルの肌着・ジオラインが狩猟に適していた件

当地の猟場は近畿の中央らへん。北海道や東北にくらべるとそれほど寒気の厳しい気候ではないのでし

記事を読む

パナソニックのウェアラブルカメラA1H

パナソニックの新ウェアラブルカメラHX-A1Hが欲しすぎる件(*゚∀゚)=3

前前モデル HX-A100 狩猟の魅力、醍醐味を伝えるためには、臨場感あふれるダイナミックな動

記事を読む

大物猟ハンター(装薬銃)のザックには何が入ってるのか紹介してみます。

今まで使っていた、ちょっと変わった狩猟ザック。 背負い紐が体の前でたすき掛けのような形にな

記事を読む

京都西陣yoroi

もう猪の牙は恐くない?猟用肌着に防刃・耐刃布『プロテクトクロス』

サクセスプランニング株式会社ウェブサイトより[/caption] 今年は和歌山で1種狩猟者登

記事を読む

テックアクションカム

狩猟動画にも?4980円で防水ケースまで付属のアクションカム発売!

狩猟の魅力や実情を伝えるには、こういったブログの文章もそのひとつですが、なんといっても一番は

記事を読む

二猟期ほど使い倒してまた同じの買う予定の狩猟用手袋がこちらになります

猟具・猟装も数ある中で、なかなかしっくりこないものの筆頭格が手袋ではないかと思われます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑