猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

公開日: : 狩猟よもやま話

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

楽しい楽しい猟場の新規開拓。Googleマップ、国土地理院地図、Mapion地図なんかを見ているだけで半日やそこらはあっというまに過ぎている。というハンターは僕だけではないはず。
Mapionを使ってる人は少ないかな? 色分けされてるおかげでハンターマップや狩猟者必携でもわかりにくい銃禁の境界がすんなりと理解できることもありますよMapion。(・∀・)

関連記事:禁猟区の詳細確認にも必要。これが「狩猟者必携(別冊)」だ!

今日のお話は、そういった地図だけではなく、登山サイト。たとえば大手の「ヤマレコ」なんかでも猟場開拓のヒントを発見できる場合がある。という話です。

スポンサーリンク

大物猟の猟場はたいてい山中になります。よし山の中で狩りをしてやろう! とは思っていなくても、気づけばそうなっている。ということも多いでしょう。

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

メジャーどころマイナーどころ、山にもいろいろあります。が、昨今の登山ブームで、○○山とか××岳などという名前のついた山であれば、けっこうな確率で山行記録がヤマレコに残っているものです。

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

猟場を探している最中、いいなと思ったエリアの近くにそういった名前つきの山があれば、ヤマレコの「記録検索」でチェックしてみましょう。もしその山行記録に狩猟鳥獣が数多く登場していれば、生息が多い地域である。ということになります。

もちろん、たとえ銃禁でなくてもハイカーの多い場所で銃猟をやるわけにはいかないので、まずは参考に。僕の場合は有望そうな場所に当たったら、登山道から外れたエリアに入ってみて動物の痕跡を探してました。

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

画像はヤマレコより

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

画像はヤマレコより

本文や画像に狩猟鳥獣が頻出するようであれば、そのエリアは有望だと言えるでしょう。

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

猟友もどうやら同様の手法を用いていた模様。この時はハイカーが多そうなのでやめておこう、という結論に達しました。(´・ω・`)

いろいろと猟場開拓を試みてきたけどイマイチ成果が上がらない、そういえばヤマレコを見たことはなかった。という方は、まずは下見する場所のあたりをつける、ぐらいの感覚で参照してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

奈良県里山のイノシシマップ

モニタの前でえび満月でも食べながらイノシシの居場所を探る方法

猟師3年目のシーズンも終わりに近づきそれなりに経験も積んできて、カモキジの居場所はだいたいわ

記事を読む

鴨鍋と焼酎ロック

なんでハンターやってるんだろう?―活字にして見直す狩猟の魅力

さて山開きまであと2ヶ月(ry 狩猟を始めたのはそう昔の話でもないんですけどね。ついこの間

記事を読む

カメラ

猟師予備軍におすすめ。狩猟トレーニング法「カメラハンティング」

こう見えても新規ハンターの世話・勧誘に貢献している…つもりのspinicker。ほぼブログ経

記事を読む

6粒9粒

バックショット(大粒散弾)禁止?日本猟用資材工業会の見解はこちら

銃猟をやっている人であればこれまでにも耳にしていたであろう、バックショットの使用制限に関する

記事を読む

高畑駐輪場

獲物の生態調査。クロスカブで奈良公園へシカの観察に行ってきた。

奈良公園でシカの観察をするのは装薬銃を所持したぐらいの時期から考えてました。猟場で獲物のシカを追う際

記事を読む

鷹狩り

これも狩りの一形態。大鷹、ハリスホークなどを使う「鷹狩り」

「日本人は農耕民族である」 というのは一度や二度は耳にしたことがあるかと思われますが、

記事を読む

注意

僕が猟期前に「今猟期の目標!」を挙げなくなった理由

早いもので、九州四国はもう梅雨に入ったんだとか。猟期終わったのはほんのこないだなのに。光陰さ

記事を読む

筆毛ガモ

鴨臭さの原因、埋没した筆毛を除去する方法

猟期も終盤に入ってくると、『筆毛』の目立つ鴨が多くなってきます。『棒毛』とも言いますね。

記事を読む

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

猟師の楽しみのひとつ、新規の猟場開拓。このブログでも過去に何度か取り上げています。

記事を読む

シューター気質とハンター気質。どっちかと言えば、貴方はどちら?

長年…と言うほどじゃないけど、7年目ともなると結構いろんなところでいろんな銃猟関係者と知り合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑