猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

公開日: : 狩猟よもやま話

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

楽しい楽しい猟場の新規開拓。Googleマップ、国土地理院地図、Mapion地図なんかを見ているだけで半日やそこらはあっというまに過ぎている。というハンターは僕だけではないはず。
Mapionを使ってる人は少ないかな? 色分けされてるおかげでハンターマップや狩猟者必携でもわかりにくい銃禁の境界がすんなりと理解できることもありますよMapion。(・∀・)

関連記事:禁猟区の詳細確認にも必要。これが「狩猟者必携(別冊)」だ!

今日のお話は、そういった地図だけではなく、登山サイト。たとえば大手の「ヤマレコ」なんかでも猟場開拓のヒントを発見できる場合がある。という話です。

スポンサーリンク

大物猟の猟場はたいてい山中になります。よし山の中で狩りをしてやろう! とは思っていなくても、気づけばそうなっている。ということも多いでしょう。

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

メジャーどころマイナーどころ、山にもいろいろあります。が、昨今の登山ブームで、○○山とか××岳などという名前のついた山であれば、けっこうな確率で山行記録がヤマレコに残っているものです。

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

猟場を探している最中、いいなと思ったエリアの近くにそういった名前つきの山があれば、ヤマレコの「記録検索」でチェックしてみましょう。もしその山行記録に狩猟鳥獣が数多く登場していれば、生息が多い地域である。ということになります。

もちろん、たとえ銃禁でなくてもハイカーの多い場所で銃猟をやるわけにはいかないので、まずは参考に。僕の場合は有望そうな場所に当たったら、登山道から外れたエリアに入ってみて動物の痕跡を探してました。

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

画像はヤマレコより

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

画像はヤマレコより

本文や画像に狩猟鳥獣が頻出するようであれば、そのエリアは有望だと言えるでしょう。

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

猟友もどうやら同様の手法を用いていた模様。この時はハイカーが多そうなのでやめておこう、という結論に達しました。(´・ω・`)

いろいろと猟場開拓を試みてきたけどイマイチ成果が上がらない、そういえばヤマレコを見たことはなかった。という方は、まずは下見する場所のあたりをつける、ぐらいの感覚で参照してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

冬の鹿

疑問解決!貧相な冬の針葉樹林でシカは何を食べているのか?

昨年から装薬銃での大物猟をするようになって冬山にも分け入るようになりましたが、入れば入るほど

記事を読む

鷹狩り

これも狩りの一形態。大鷹、ハリスホークなどを使う「鷹狩り」

「日本人は農耕民族である」 というのは一度や二度は耳にしたことがあるかと思われますが、

記事を読む

耳

静かだけどうるさい。山で聞こえるあんな音こんな音・ふしぎな音。

獲物の生活音を拾おうとそばだてる耳。名もわからぬ鳥のさえずり。何かが枝を踏む音。踏まれた枯葉

記事を読む

山村

これも狩猟の楽しみ。新規開拓予定の猟場へ下見に行ってきた。

好天にめぐまれた日曜日。峠を車で元気いっぱいに走るのが趣味の知人から「猪や鹿をしょっちゅう轢きそうに

記事を読む

メガネ

猪の視力=0.1程度。彼らから人間はどう見えているのか?

狩猟を始める以前に、動物の一般知識として「獣類は視覚がよくないかわりに聴覚や嗅覚が鋭い、鳥類

記事を読む

出猟一回あたりのコストを確認してみた(初版)

どんな趣味を楽しむにしても、コスト面を度外視するというわけにはなかなかいきません。それは狩猟

記事を読む

狩猟とトイレ

狩りガール予備軍は特に留意しておきたいこと―狩猟とトイレ

人間、生きている以上、食物を摂取する必要があります。霞を食べたり光合成でエネルギーを得ている

記事を読む

狩猟者登録書類

朗報! 狩猟税が免除or軽減されるかも・・・?

2014年11月5日付けでヤフーニュースに次のような記事が出てました。 <環境省>狩猟税廃

記事を読む

サバゲー

年齢的に狩猟免許が取得できない青少年にサバゲーを勧める4つの理由。

http://blog.livedoor.jp/missiontaka/より[/caption]

記事を読む

6粒9粒

バックショット(大粒散弾)禁止?日本猟用資材工業会の見解はこちら

銃猟をやっている人であればこれまでにも耳にしていたであろう、バックショットの使用制限に関する

記事を読む

Comment

  1. LONE-WOLF より:

    なるほど!
    こういうサイトがあったんですね。
    早速いつもの猟場を検索してみたら、結構な人が訪れている人気の登山道のようです。
    猟期はさすがに登山者は見当たらないのですが、これを機にもう少し注意深く猟をしていきたいと思います。

    有り難うございます。

    • spinicker より:

      そうそう、知ってるところでも視線を変えるとけっこう新しい発見があるんです。僕も似たようなことがありました。ハンターと登山者の目線の違いも浮き彫りになって考えさせられるものです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑