狩猟ヒヤリハットその14 超ヒヤリ。ガンロッカーの鍵がどこにもない!

公開日: : 狩猟ヒヤリハット・事故

ちくしょう!

先日。

さて射場へ向かうか。銃を取り出そうと保管ケースを開けると、ガンロッカーの鍵がありませんでした。( д) ゚ ゚

スポンサーリンク

あら。どっかに紛れ込んでるのかな?

保管ケースには使用実績の書類(射場の領収書、スコアカード等)なんかも一緒に入れてあります。それらの束の間にでもはさまってるのかと考えてごそごそ漁ってみたけど影も形もなし。他にありそうなところも探してみることに。

…あっれー? ない。ない。え、どこにもない!!! なんで!? Σ(゚Д゚;)

まず頭に浮かんだのは「空き巣でも入って持って行かれた!?」ってところ。くぁwせd(ry シャレならんぞそんなもん!

震える手でスペアキーを第二保管場所から持ち出し、なかば祈りながらガンロッカーを改めます。

…銃たちは何事もなかったような顔で鎮座していました。

はああああ~~~~……(安堵のクソデカため息)

とりあえずは胸をなでおろします。

いや、家の外に持ち出すようなもんでもないし、空き巣に入られた形跡なんかないし、まあたぶんどこかにはあるだろうとは思ってたけど。じゃあどこだそれは???

この日はハンターの卵ちゃんを連れていくことになっています。時間がありません。かといって看過できるようなことでもありません。3Kのボロアパートを時間いっぱい家探しします。

…ない。やっぱりない。それでもない。トイレまで探したけどない。怒るでしかし!

絶望のあまり古いものまねで現実逃避に入りかけたところで“ポケットに入れっぱなしで洗濯→洗濯機の中”コンボを閃き、逆ギレのような勢いで蓋を開けて覗き込むと…!

銀色のちいさな金属が三つ、底の方で光っていました。

はああああ~~~~……(二度目の安堵のクソデカため息)

文字通り蓋を開ければありがちな話だったんだけど、短時間とはいえ本当にあせりました。orz

ガンロッカーの鍵行方不明対策を考える

銃を扱うようになって8年めのシーズン。こんなことは初めてだけど、もう二度とごめんです。なんでこんなことが起こったのか考えてみました。そして有力な答えの一つにたどり着きました!

ガンロッカーの鍵

こいつらが件のガンロッカーの鍵。きょうび画像からでも複製できるかもしれないということで念のためモザイクかけました。(;´∀`)

一方、こっちは家やら実家やら車やらなんやらがいっぱいついた日常的に使っている鍵ども。あんまり派手なキーホルダーとかは好きじゃないんでつけてないけど、それでもそれぞれの鍵がガンロッカー群よりはでかいし、キーライトのせいでわりとかさばります。言い換えると存在感があります。

こうしてみると、ガンロッカーの鍵たち、めっちゃ小さくて薄っぺらくて存在感がないんですよねえ。ポケットに入れっぱなしになっててもちょっと気づきにくい。今回はまさにそれで肝をつぶしたわけなんだけど。ここをどうにかしよう。

ガンロッカーの鍵改

対策として、でっかいキーホルダーをつけました。もらいもののシシ牙キーホルダーです。わりとでかいです。ごつごつしてます。ポケットに入れたまま忘れてしまっても、この感触ですぐに思い出すことでしょう。(・∀・)

似たような経験をしたことある人ない人いるでしょうが、ないけどこれといって対策もしてないという人は今のうちになんかしておきましょう。ガンロッカーの鍵がちいさくて存在感がない、ってところはおそらく各人ほぼ共通だと思いますので。

僕のように人を待たせてしまうことをなくせるかもしれませんよ!(←結局ちょっと遅刻した)

Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

なんぞや

恵庭市盤尻の誤射事故が不可解な点だらけなのでまとめてみる

今年も猟銃の死亡事故が起こってしまいました。 誤射被害で職員死亡、森林管理局の悲痛

記事を読む

狩猟ヒヤリハットその13 鵜呑みにできない、ベテランのアドバイス

猟期まで1ヶ月を切ったこの時期。いよいよハンターはじっとしていられなくなってきているであろう

記事を読む

ひも

トラブルになるかも?秋の猟場ロケハンは「ビニールひも」に注意!

順調に気温も下がり、すっかり秋めいてきました。一回や二回は暑さが戻るんじゃないかと思ってたん

記事を読む

捜索!

狩猟ヒヤリハットその7 猟銃紛失・見失いはこうして起こる!

猟銃に関するトラブルといえば誤射などの他損事故を思い起こしがちですが、地味に「紛失」というの

記事を読む

猛犬

脱砲でも矢先確認でも防げない狩猟事故。猟犬のトラブルを考える。

猟期前イベントのひとつ、日猟会報の配布。僕も先日、支部の班長さんから受け取りました。

記事を読む

吉作落とし

怪談より怖い実話。昔話「吉作落とし」で単独猟の危険を再認識する

テクノロジーが進んでも、先人の知恵というものには、ゴミ箱に突っ込んでふたをするのはもったいな

記事を読む

誤射注意。僕が狩猟鳥に加えて非狩猟鳥も覚えようと思った理由はこれ

僕は散弾銃(M870)で大物猟もやりますが、同じぐらいかそれ以上に好きなのが空気銃(レインス

記事を読む

こける

慣れてきた頃が危険。spinickerのシカ猟中プチ滑落動画2

あと一ヶ月半ほどの山開きを楽しみにしながら昨シーズンの動画を見返していたところ、そのうちup

記事を読む

注意一秒ケガ一生

瞬時に止血できる新発明「Vetigel」はハンターの救世主となるか?

僕自身は今のところ幸いにも狩猟中に大量の出血をともなう外傷を負ったことはありません。ちょっと

記事を読む

高圧電線

狩猟ヒヤリハット体験その4  体験と西伊豆の事故から学ぶ電気柵

先月19日に西伊豆町で違法に設置された電気柵で2名が死亡した事故から1ヶ月あまり。その後、今

記事を読む

Comment

  1. 道の草 より:

    管理人さま、転んだ拍子にポケットの中のシシの角が脇腹や大腿に刺さる危険があるのではないですか?

    • spinicker より:

      そこまで鋭くないやつなので大丈夫かと!(・∀・)

  2. aaa より:

    最近はスマートタグみたいなのが安くあるんで試してみては?

    • spinicker より:

      ありがとうございます。「こういうものがあればいいな」とは思っていたんですけど、僕のアンテナがどうやら低かったようで。導入を検討してみます。m(_ _)m

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑