免許取って二年の間に体験した、クロスカブでの危険シーンを発表します。

公開日: : その他バイク

Twitterで相互フォローだった、とある猟師がバイクの事故で亡くなりました。直接の面識はなかったけどリプライやメッセージのやり取りは何度もあった、まだ20代前半の若い猟師でした。

20年ほど前にも、小学校~高校までいっしょだった友人をバイクの事故で亡くしていて、それ以来の衝撃でした。あの時も悲しかった、というか信じられなかったけど、今回も当時に負けず劣らず…。自分よりはるかに若い知り合いの訃報を聞くというのは鉛を飲んだような胸の重さ、やるせなさがあります。

僕がカブを選んだのは、バイクに乗る前に長く車に乗っていてバイクの危なさを分かっていたので、クラッチレスで操作簡素、非力(出力8ps)で飛ばそうと思っても飛ばないので比較的安心。というのもありました。

けど、40過ぎて反射なども衰えてきているであろうというところから始めた趣味。気をつけてはいるつもりだけど、免許取ってから二度ほど、間一髪の危機を体験しました。

今日はその時の体験を紹介することにします。一件でもバイクの事故が減りますように。

ケース1.ダンプ出入り場危険

現場は町から少し離れたワインディングロード。左側の工事車両の出入り口を過ぎて、ゆるやかに下っている右コーナーを走行していた時のこと。

右側は奈良平野が見渡せる、眺望のいいロケーションでした。季節も新緑。非常にすがすがしい! 古都の街並みを愛でながら気持ちよく流していました。

…が、なんとなくハンドルに伝わる振動に不吉なものを感じてハッと思った時にはもう手遅れでした。

ダンプ出入り口を出てすぐの路面。工事車両の往来にともなう大量の浮き砂がアスファルトを覆っていました。下りで自然とスピードが上がっていて、景色に気を取られていたのでそれに気づくのも遅れました。

スピード出すぎていてこのまま曲がるのは無理、溝に突っ込みたくなかったら砂の上でブレーキかけるしかない!

ズルッ! ガッシャーン!!!

案の定ひっくり返りました。

バイクの方はFフェンダーとミラーとウインカーがちょっと曲がった程度、外傷もちょっとした打ち身と擦過傷で済んだので、現場では「ああこれはラッキーだったな」ぐらいの感じで自走して帰ってきたんですが…あばらが折れてました。足首の靱帯も損傷してました。事故直後って痛くないんですねえ。家帰ってからその夜、熱をもってうずき出してからわりとでかいケガだなと気づいた次第です。

いちおう長袖長ズボンだったのでまだなんとかなりました。半袖半ズボンだったらもっとひどかったでしょうね。

ヘルメットもよく見ると軽く地面で擦ったようでした。この程度でも頭をぶつけていたらそれなりのダメージになっていたことでしょう。

浮き砂や濡れたマンホールは危険。教習所では繰り返し言われていたことでしたが、身をもって体験しました。

ケース2.出発直後・到着直前

コンビニで買い物を終えてクロスカブにまたがり、車道に出ようとした瞬間。

オフロードでの使用を想定したクロスカブの1速はかなりのローギヤードで、あっというまに吹け上がってしまいます。僕はそれをきらって普段は2速発進しています。

しかしその時はなぜか1速に入っていて、思っていた以上の勢いで車道に飛び出してしまいセンターラインをオーバー、そこへ対向車が突っ込んできました(というか突っ込んだのは僕なんですが)。

その場にとどまっているともちろん死ぬのでそのままアクセルを開けて路肩の草むらに突っ込み、勢い余って転倒しました。草地だったので無傷でした。

車はそのまま走り去って行きましたが、うまく回避してくれました。もし僕の進行方向と同じ方へハンドルを切っていたら直撃だったかもしれません。

車でもバイクでも、出発した直後と到着する直前は、まだ気が入ってなくて/もう気が抜けていて、エアポケットに落ち込んだかのような、なんでこんなところで? という事故が多いそうです。心当たりのある方も少なくないんじゃないでしょうか。

これ以降はヒヤッとしたこともないんだけど、たとえ自分はきっちりやっていても、当たられたらもうケガは避けられないのがバイクという乗り物。自分が起こす事故も含めて、リスクを0にすることはできません。

せめて、こんな感じで自分がやらかしたヘマをケーススタディとしてもらうことで、知り合いの訃報をこれ以上聞かなくていいようになれば、と考えています。

バイクもそうだけど、車も、銃も、安全第一で。(´・ω・`)

Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ひとめぼれ

こちらが僕のハートを射貫いたオフロードバイク動画になります。

いい年こいてバイク欲しい欲しい病を発症、教習所通いまで決断したspinicker。 大

記事を読む

バイク

先達から学ぶバイク猟。空気銃+アメリカンバイクの場合。

冬まっさかりということは猟期の終了も間近。鳥猟はあと10日あまりです。 こうなってくる

記事を読む

アドベンチャーバイク

冒険心が加速する!旅専用バイク「アドベンチャーバイク」!

goobike.com[/caption] 「三つ子の魂百まで」「雀百まで踊り忘れず」なんてこ

記事を読む

移動式オービス状況など。ネズミ捕り出没状況がわかるサイトがこちら。

こないだ車で外出してると、路肩にアレが置いてあるところを通りました。移動式オービス。15キロ

記事を読む

ハーレーロゴ

鉄(クロガネ)で表現する漢の浪漫。最も格好いい猟用バイクはこちら

こないだ「激安の維持費が魅力。原付二種は貧乏猟師の狩猟車になりうるか?」というのを公開したと

記事を読む

バイク

激安の維持費が魅力。原付二種は貧乏猟師の狩猟車になりうるか?

このブログの名前にもなっているとおり、僕はお金がありません。orz ブログからあがる広

記事を読む

Comment

  1. バラクーダ より:

    こんにちは。バイク、怖いですよね。
    そんな私はバイク歴32年に突入しましたw(現在50歳)
    今まで死ぬか?という経験は一度だけですが、いつ起きるか分からないので完全防備です。
    プロテクタージャケットは当たり前、エアバッグベストまで着ています。
    死因は頭部の次に胸部損傷なので、チェストプロテクターはあった方が良いです。
    腕や脚は一つ位無くなっても死にはしないですが(その時の状態にも因りますが)、
    頭部胸部は即死に直結しますので、どうぞ今後もご安全に。

    バイクバカの私は大型二台、250、125、50と乗ってますが、基本的にどれでも同じスタイルで乗ってます。貰い事故は何に乗っていても同じですから。

    時として怖い、危ない二輪ですが、便利で楽しいので死ぬまで止められないでしょう。最後はやはりカブかな?と思う今日この頃です。今は50のリトルカブをハンターリトルカブに弄ってます。副変速機が無いので山では厳しいですけどね。

    雑話失礼しました。

    • spinicker より:

      32年! 僕の16倍。すごい。その間にはいろんなことがあったでしょう…

      それだけ長くまたがってきて大ピンチは一度だけというのは常からしっかりケアしておられることの証左だと思います。僕もあやかりたいです。(´・ω・`)

    • バラクーダ より:

      ご返信ありがとうございます。
      いえいえ、人よりも臆病なだけです(笑)
      昨シーズン猟師デビューは何回か書きましたが、シーズン終了後にシーズン中に回った場所を再確認しにXTZ125で回った際に、1回コケました(笑)
      止まる寸前の速度でしたので転がったという感じでしたが。
      オフ車なので転ぶのは前提ではありますが、誰もいない山の中で一人顔を赤くしてました。

      山の中は何が起こるか分かりませんし、普段の道も危険がいっぱいですしね。
      砂利、砂、落ち葉(濡れてると最悪)、等々特に気をつけましょう。

  2. a より:

    大型二輪免許取ってそろそろ2年
    慣れてきてスピードも出すようになってきて一番危険な時期なんだろうなと思いつつ、やっぱり加速の楽しさの誘惑には勝てない
    こういう記事読むたびに、死ぬ前にスピード違反で捕まりますようにと祈るばかりです

    • spinicker より:

      大型いいですねー。クロスカブもいいバイクだけど、加速がダメダメで時々イーッってなりますw まあでもおっさんになって免許取ったオールドルーキーにはこれぐらいでちょうどいいんだと信じてまたがっています。お互い安全運転でいきましょう!

  3. りゅーじ より:

    僕も高校の時に普通自動二輪取って、250→90スクーター→125オフと乗ってますが、250で山道を走っている時にやらかしましたね。
    前日雪だったんですが、その日は快晴で休みの日。いっちょいくか~とちょっと調子こいて走ってたら左カーブ出口のところが木の陰で雪が残っている!

    「う!」と思うとフロントが外に逃げほどなくリアもズルリ!
    「うおぉぉあ~~」とか思いながらバイクと路面に左足挟まったまま反対のガードレールにゴン

    停止後まず思ったこと「タンクバキバキなったかなぁ泣」

    立ち上がって確認したら、なんとタンク無事。僕も無事。

    寒かったのでバイク用ズボンの下にジーパン履いていた事、たまたま買ったばかりのごつい靴を履いていた事、上着も普通のジャンパーの上から無理やり夏用ライディングジャケット着てたことなんかが重なっての無傷だったと思います。

    対向車有ったら今ここにいなかったかもですね…

    それ以来、もうずっと無事故無違反です(笑)

    • spinicker より:

      あれこけた後意外と冷静ですよね…。僕も体動いたしバイクも目立ったダメージなかったし、そのあたりの心配どころか「ああ恥ずかしw」ぐらいにしか最初は思ってませんでした。家帰ってから痛いのなんのw

      やはり備えが大事ですねえ。僕もその時、人生二度目のサバゲーの帰りでたまたま膝パッドをつけたまま走ってまして、あれのおかげで膝は軽い打撲で済みました。膝パッドはズタボロに壊れたので、あれがなかったらかなり大変なことになっていたはず。幸運は幸運としてありがたくいただいておいて、今後は気をつけられるところはきっちりクリアしていこうと思っています。(´・ω・`)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑