狩猟ヒヤリハットその15 日の出直後の森で出会ったのは…?

公開日: : 狩猟ヒヤリハット・事故

去年か一昨年かの単独猟でのこと。

その日はいつものように日の出少し前に猟場に到着、準備中に日の出の時刻を迎え、森に入りました。

時間的に問題ないとはいえ、森の中は鬱蒼としていて、明らかに日照不足。かといって明るくなるのを待っていると有望ポイントへ着く頃にはもうベストな時間帯を逃しているので、やはりこの時間から入らざるをえません。

大丈夫大丈夫、この時間にこのへんでは見たことないからヘーキヘーキ

…などと余裕をかましていると、ほんのすぐそこ、20~30m先の木立の先から枝ずれのようなかすかな音が。いる。何かが。

そ~~~っと挙銃して、SD33の照準を音のした方へ向けます。

夜明け直後の森と獲物

しかし暗い!

大型哺乳類サイズの動物がゴソゴソしているのは間違いない。でもそれが何かがわからない。もう場所によっては日差しは入っていて日の当たっているところは明るいんだけど、逆にそのせいで日の当たっていないところはやけに暗く感じます。

しまった、双眼鏡を忘れた。この暗さなら、裸眼より明るく見える双眼鏡を持ってきていれば判別できたかもしれんのに!

SD33のドットは獲物のバイタルとおぼしきあたりを捕捉している、ように思う。輪郭すらもはっきりしない。

…シカか? このあたりでシシを見たことはない。多分シカだと思う。シカなんじゃないかな。ま ちょっとは間違ってもいい…わけなどないので、まだ撃つわけにはいかない。

fireとholdの狭間で悶々としているうちにターゲットはこちらに気づき、ダッシュで逃走。日の差す林床を横切って時、全体が見えました。

…カモシカやんけ!( ゚Д゚)

夜明け直後の森と獲物

シカだろうと見切り発車で撃ってたらえらいことになってたはず。この距離で棒立ちのターゲットならまず当たってたでしょう。特別天然記念物のどてっ腹に。もちろん違法です。

この日は晴天だったけど、これが雨や曇りだとさらに暗かったはず。日の出直後もそうだけど、日の入り直前も同じぐらい視界が不明瞭になります。

これらの時間帯は獲物がよく歩いていてチャンスではありますが、こんなこともあるのだと覚えておいてください。心は熱く頭はクールに! (・∀・)

また、この一件は、ドットサイトより視野の明るいスコープを導入するきっかけにもなりました。猟具とはこんな感じで更新されていくものです。この話はまた後日にでも。

Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狩猟ヒヤリハットその9 その道路、危険につき。コンクリ林道の特質性

狩猟にはさまざまな危険がつきもの。そのあたりは理解しているつもりだし実際に何度か痛い目にも遭

記事を読む

子供は神出鬼没

狩猟ヒヤリハット体験その1 子供は神出鬼没

銃猟ハンターであれば、公道(発射した弾丸が公道上を通過する場合も含む)での発砲は禁止である。

記事を読む

高圧電線

狩猟ヒヤリハット体験その4  体験と西伊豆の事故から学ぶ電気柵

先月19日に西伊豆町で違法に設置された電気柵で2名が死亡した事故から1ヶ月あまり。その後、今

記事を読む

捜索!

狩猟ヒヤリハットその7 猟銃紛失・見失いはこうして起こる!

猟銃に関するトラブルといえば誤射などの他損事故を思い起こしがちですが、地味に「紛失」というの

記事を読む

狩りバカ日誌2017年11月26日

無事に終猟するために。狩猟中の滑落死亡事故のブログから学ぶこと

一般的に猟期は11月15日~2月15日ということになっていて、昨日で終猟という地域も少なくな

記事を読む

注意一秒ケガ一生

瞬時に止血できる新発明「Vetigel」はハンターの救世主となるか?

僕自身は今のところ幸いにも狩猟中に大量の出血をともなう外傷を負ったことはありません。ちょっと

記事を読む

ちくしょう!

狩猟ヒヤリハットその14 超ヒヤリ。ガンロッカーの鍵がどこにもない!

先日。 さて射場へ向かうか。銃を取り出そうと保管ケースを開けると、ガンロッカーの鍵があ

記事を読む

救急

狩猟中の事故紹介その2 自損事故事例

狩猟中の事故紹介、その2は「自損事故」。自分で自分をケガさせたり死なせてしまったりした事故の

記事を読む

耳

安全確認→発砲、の前に挟んでもらいたい工程はこちら。

北海道でまた狩猟事故が発生した模様。今度はどうやら流れ弾が原因であるとか。矢先の安全不確認で

記事を読む

スリップ

狩猟ヒヤリハットその8 冬道の恐ろしさ。川底へ転落しそうになった話

先日のブログ記事で「この時期、どこかで雪を待ち望んでいるようなところもある」「悪路に強いとい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑