冬の塩カル・錆対策。下回り洗浄が普通のホースでできる道具、発売される。

公開日: : 狩猟車・猟用車

いよいよ冬本番。豪雪のニュースが各地から舞い込んできて、ここ山城でも低温が予想される前日などは、路上に凍結対策の塩カル(塩化カルシウム)が撒かれることが増えてきました。

昔はあの白いちいさな粒々が頼もしく見えたものですが、四駆にスタッドレス、チェーンも積載してたいていの雪道は無問題の今となっては、道路の塩化カルシウムは厄介な存在。車体に付着することで錆を誘発するからです。下回りなどは特に顕著です。

Kルヒャー社等の高圧洗浄機などに車の下回りを洗浄するのにちょうどいいノズルが設定されているのは知ってましたが、ノズルだけでなんか7,000円ぐらい取られます。妙に高い。本体と合わせると20,000円前後。車を守るためとはいえ、なかなかの出費…。
てかそもそも、塩カル落とすだけでそんな高圧が必要? 圧が高すぎると水が入らない方がいいところにも入ってしまわないか? (´-`)

次善の策として下回り洗浄設備のある洗車場で数百円を払ってつどつど塩カルを落としていましたが、たとえ数百円でも何度も通えばちりつも効果でバカにならないし、出向くのも面倒…。

そんなこんなで自前下回り洗浄計画が頓挫していた昨今。僕にぴったりな商品を見つけてしまいました。高価な高圧洗浄機がなくても、普通のホースで使用できる、安価な下回り洗浄ノズルです!

ででん。それがこちら。「グリーンライフ(GREEN LIFE) 散水ノズルスーパージェットロングノズルII」! 2023年1月現在でお値段たったの1,891えん!

なんか姉妹品みたいなのも出てて、先が曲がらないのとか伸縮するしないとかでいくつかパターンがあるみたいだけど、僕が買ったのはシンプルイズベストな“ヘッドジェット+角度調節あり”のSJN-80Nという商品。
ホース内径12~15mmとあるけど、まあそのへんに売ってる普通のホースがほぼそれにあたります。

安いだけあって水流は二種類しかないし伸縮もしないけど、車の下回り洗浄なら水道ホースにつなげるだけでこれこの通り。じょわーっと。180°調節できるヘッドで塩カル落としたい放題です! これで十分じゃね?

車の下回り以外にも使う、もっと長いのがいい! というならこっち。110cmまでがんばって伸びてくれます。そのぶんお値段も同2,845円まで伸びますけれども!

車を長く乗りたい場合、足回りやエンジンなんかは載せ替えできるけど、ボディは替えがききません。下回りのメンテナンスが大事になってきます。

お手頃価格のこの商品で、冬場に何かと酷使される狩猟車のお手入れをしてあげましょう!(・∀・)

p class=”bottom50″>Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

デッキバン特装車

spinickerの予想、若干当たる。デッキバン特装車、2018年1月登場!

猟師に人気の狩猟車、ハイゼットデッキバン。この車に猟師向けの特装車がラインアップされるかもし

記事を読む

二輪車で獲物を運搬?狩猟で原付(自転車)+リヤカー牽引の可能性。

原付バイク+リヤカー。二輪車による牽引で獲物の運搬を検討してみる

狩猟は何かと物入り。その出費に二の足を踏んで、興味はあるんだけどなかなか前へ進めない。なんて

記事を読む

ジムカーナ5

街中でラリー車が大暴れ。ケン・ブロックの「GYMKHANA」シリーズ

画像はKEN BLOCK'S GYMKHANA FIVEより[/caption] 今度うちに

記事を読む

狩りバカ日誌2017年1月22日

温暖な地域在住だからこそ。猟場での雪道・氷盤路について考える。

昨今では大物猟は3月15日までという地域が多いかと思われますが、そうだとすると、まもなく猟期

記事を読む

林道でパンク

出猟中に林道で通算5回目のパンクをしたので原因と対策を考える。

こないだ、またぞろ出猟中にパンクしましてね。たぶん5回目ぐらい。何年か前には同時に右の前後輪

記事を読む

ハイゼットデッキバン

【農業女子再び】デッキバンが猟師用に本気出すかもしれない理由4つ

猟用車としてスバル製最終型サンバーをサンバー専門店から購入したわけですが、この車が終の猟用車

記事を読む

新車

老婆心ながら新車の狩猟車を検討してる人に車傷の一例を挙げてみる。

ハンターを志して免許やら各種手続き、その他諸々の艱難辛苦を乗り越え、スタート地点まであと一歩

記事を読む

歴代ジムニー

【遅報】最強の猟用車ジムニー、2018年にいよいよフルモデルチェンジへ!

特にブログのネタに困っているわけではないので最近はすっかりごぶさたになっていた、日刊工業新聞

記事を読む

車

リアルな狩猟車事情を、猟期直前の射撃場で観察してみた。

以前、僕はこちらの記事やこちらの記事などで「狩猟車は軽の四駆があればいいけど必ずしも必要では

記事を読む

キジ

雪国でなくても。キジの流し猟には軽の四駆をおすすめする理由2つ

空気銃ハンターからも装薬銃ハンターからも狙われる人気のあるターゲットのひとつ、キジ。当地では

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑