意外な気づきも。格言カレンダーで糺したい己の2017年。

公開日: : 暮らしよもやま話

除夜の鐘

まがいなりにもブログという文章をメインにした表現法をたしなんでいるせいか、ことわざや格言に魅力を感じます。昔うちに「こどもことわざ辞典」なんて本があったのも理由の一つかもしれません。

一番好きな格言は、フランスの詩人・ブールジュという人の

『自分の考えたとおりに生きなければならない。そうでないと、自分が生きたとおりに考えてしまう。』

というもの。人生の分かれ道に直面した時、常に楽な方を選んできた僕にとっては耳が痛くもありがたい言葉です。orz

スポンサーリンク

格言カレンダー

そんな格言好きの僕が毎年購入しているカレンダーがこれ。「こころの格言暦」と表紙に書いてあります。

カレンダーなんてのは普通はなじみの銃砲店や得意先からいくつももらうものでしょうが、このカレンダーだけは毎年自分で購入しています。こいつがまたいいことを言ってるのです!

格言カレンダー

『失敗を恐れて何もしない人は成功することもない』

(ノ∀`)

僕なんかはもうズバリこれに当たります。うまく行かなかったときのことを考えて動けなくなるタイプの典型です。分かってはいるんだけど…。

格言カレンダー

『急ぐな焦るな道草をくえ 道草にこそ人生の味わいがある』

人はパンのみにて生きるにあらず、なんて言葉とも通じるものがあるかも。

個人的には、年齢的に人生の折り返し点にさしかかり、何かと焦りがちになってきたのを自覚することが増えていたので、非常にタイムリーな格言でした。

格言カレンダー

『最初から教えてもらおうと思うな まず自分で考えて試してみよ』

これは最近の若い猟師志望の人にもちょっと考えてもらいたいですねー。

とは言っても僕も失敗するのが嫌いな人間なのでまず人に聞いてしまう傾向があるのは自覚してまして、なんか同族嫌悪みたいなところもあるんですけど…。やっぱり効くなぁこのカレンダー… orz

言われればわかるんだけど、言われないと忘れてしまいがちな考え方を再確認するにもこういった標語や格言は有効。ちなみに標語カレンダーは複数の種類があるようです。

人によっては説教臭い、とかで敬遠する向きもあるようですが、自分に合うものだけ取り入れて、合わないものは無視すればいいのですこういうものは。

僕は心に響いたものは去年以前のものもメモしておいてあります。『目先の得を追っている人には生涯の徳は見えてこない』なんてのもあって、時々読み返しては納得したり決意を新たにしたり、はたまた勝手にダメージを受けたりしています。

しかしまあ、こういったものを取り上げるということは僕もそれだけ年を取ったということでしょうか。

そして今年も終わろうとしています。

猟師の方は来年も無事故無違反で、猟師志望の方は来年にはデビューできますように。

それでは皆様、よいお年を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

侍箸

腹が減っては戦はできぬ!日本男児の食卓に一膳「侍箸」!

普段はあまり意識することのない食器、箸。僕は昔、箸という道具は日本独自のものだと思っていまし

記事を読む

3年保存が頼もしい。車に積んでおける「ガソリンの缶詰」で災害対策

10月末あたりから当地では和歌山県北部を震源とした地震が続き、不安がつのる今日この頃。もうじ

記事を読む

ハンター川柳

HYKE主催「ハンター川柳大会」の選外佳作を個人的に紹介してみる。

個人的にとても楽しませてもらった、ハンター川柳大会。第三回が楽しみです。 サイトをいろ

記事を読む

一目瞭然な「ブラック企業マップ」で田舎暮らしの転職をスムーズに!

一目瞭然な「ブラック企業マップ」で田舎暮らしの転職をスムーズに!

狩猟にドはまりした結果、よりよい狩猟環境を求めて田舎暮らし・移住を画策しているハンター諸氏も

記事を読む

老若男女

実録・ハンターの職業!日曜猟師は普段どんな仕事をしているのか?

現状、日本にはそれのみで生計を立てているという、いわゆる「専業猟師」と言われる人はほぼいない

記事を読む

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

野生動物の意外性というものは、どちらかというと彼らとの接触の多い我々のようなハンターをも仰天

記事を読む

G

Gよさらば! 格安で効果抜群のゴキブリ対策

大学生の頃、ゴキ○リに足の指をかまれたことがあります。こんばんは、spinickerです。

記事を読む

ツナ缶

天才か。缶切りなしで缶詰を開ける超単純な方法。

あってほしくないことですが、狩猟で山へ入る時には一応、非常事態への備えは持って行ってます。

記事を読む

白神山地

ハンターも興味津々。マタギと歩く白神マタギ舎のエコツアー

(TOP画像はwikipediaより、以下の画像は白神マタギ舎ウェブサイトより) 僕は

記事を読む

orz

師匠に「おまえホンマにハンターか」と言われてしまった弱点について。

「あ、実は僕ハンターなんすよwww」などと自己紹介すると、たいていの人はこう思うようです。『

記事を読む

Comment

  1. Naoo より:

    今年1年お疲れさまでしたー
    紹介された記事は今年猟師デビューした身には何かと助かりました。

    まだ試行錯誤ばかりで猟果に恵まれてませんが、
    まずは焦らず無事故無違反ですね。
    では来年も宜しくお願いします!

    • spinicker より:

      明けましておめでとうございます!(・∀・)

      試行錯誤するほど初猟果はうれしいものですよ。バンバン獲れすぎたりしたら早く飽きるかもしれません。
      今年のどこかでまず一羽(一頭?)ですね。でもその前に安全重視で!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑