動画で見るエクストリーム擬態。これが野生動物のステルス性能。

公開日: : 最終更新日:2021/09/19 狩猟よもやま話

人間のステルス

忍び猟で大物を狙う時に壁になってくることのひとつが、動物の擬態能力。

今では野山に天敵らしい天敵が存在しなくなったシカやイノシシですが、はるか昔からの自然淘汰によって研ぎ澄まされた「大自然に溶け込む能力」は未だ失っておらず、我々ハンターを悩ませることもしばしば。

スポンサーリンク

シカ発見法

去年の2月に「狩りバカ日誌 2015年12月30日 狩り合宿初日」で、鹿師匠に聞いたシカの発見方法に少し触れてはいるものの、この図の形だと、シカはすでにこちらに気づいている状態。こちらが先に気づくのが理想ですが、それがなかなか難しいのです。(´・ω・`)

彼らの毛皮の色はよく考えられていて…というか、目立つ色のシカは狼がいたころには早々と捕らえられて遺伝子を残すのが難しかったことから、今では突然変異以外では見かけない。ということなんでしょうね。

自然の風景に溶け込んでいる野生生物のステルス性能がどんなものか。今日はおもしろい動画を紹介します。

ロケーションはガレ場まじりの草地。動画が始まって数秒は平穏な時間が流れていきます。

しかし、9秒過ぎあたりで画面中央やや右上あたりに着弾の土煙が上がると! この狭い画面から急に20頭ぐらいのヤギがぶわっと現れて右の方へ逃げていくのです! どこから湧いた! Σ(゚д゚;)

確かに茂みのなかに隠れているやつも多いとはいえ、最初から見えてるやつも、何度巻き戻しても数ある岩のひとつにしか見えません。

画質があまりよくないのは確かなんですけど、でも早朝の薄暗い森で50m以上の距離があるようなら、見え方はこの動画とそう変わらない…どころか、実際の森の方が見えにくいような場合だってあります。明るいは正義。

単眼鏡比較

見えにくいなら拡大すればいいじゃない。

ということで、持ち運びの邪魔にならないようコンパクトな単眼鏡を導入しています。

左は静的スラッグ射撃でスポッティングスコープ代わりに使っている廉価な単眼鏡。安いだけあって見え方はイマイチですが、静的射撃ということで動かない物を見るには十分です。スポッティングスコープ高い。

右のものはちょっといいやつ。もらいものの商品券で買ったものです。今6000円もするのか、当時は5000円の商品券でお釣りが来たような気がする…。

レンズものは値段相応という言葉がありますが、こちらは1000円もしなかった左の単眼鏡より明るくてクリアな画像。世の中ゼニですなぁ。orz

単眼鏡は双眼鏡より小さくて山歩きには便利な反面、視界は双眼鏡より狭くてどこを見ているのかわからないことも。使いこなすには慣れが必要になってきます。僕はまだまだ慣れてるとはいえないレベルです。(´・ω・`)

まぁでも、こういった道具でも使わないことには獲物の擬態を見抜くのはなかなか困難なわけです。僕の腕では使っても難しいぐらい。カモやキジのオスはだいたい派手でいいんですけどね。

そんなこんなで、猟具の試行錯誤や獲物の発見方法、擬態見破り法の追求はこれから先も続くのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狩りバカ日誌2016年11月18日

たとえばこんな休日を。もし、あなたがハンターになったら(空気銃編)

5:00 起床 前回の装薬銃猟に続き、今回は空気銃の単独猟。 本日の日の出は6:55。日

記事を読む

夏の猟場

苦労の多い有害鳥獣駆除。盛夏の猟場を歩いてみた。

来年からはもしかすると有害鳥獣駆除のメンバーに入るかもしれない。受けるか受けないかはまだ決めてないも

記事を読む

獲物別どこを狙うか

【猪・鹿・鴨など】銃猟・獲物別狙うべき場所はここだ!【決定版?】

当地では10月のはじめぐらいまでは30度近くになってた日もあって、ぜんぜん「猟期近し!」って

記事を読む

ジビエの精肉がはかどる!農業用マルチを使った安上がりな獲物解体台作成

猟といえば単独猟がメインのspinicker。忍びだったり流しだったりするけど、基本は単独で

記事を読む

ちくしょう!

空気銃から始めた5年目猟師の後悔。最初っから○○にしとけば…orz

先猟期で4年目のシーズンを大過なく終えることができ、次はハンター5年目のシーズンとなります。

記事を読む

鹿イラスト

猟場選びに迷ったら。地名から見るその土地の特性

大多数のハンターにとって、新たな猟場を開拓するのは楽しい作業。「あー新猟場探すのダルいなぁ」

記事を読む

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

楽しい楽しい猟場の新規開拓。Googleマップ、国土地理院地図、Mapion地図なんかを見て

記事を読む

巻き狩り時には要注意?「犬を追うシカ」の真相はこれだ!

猟犬が獲物を追う。追われた獲物が獣道を走って逃げ、その逃げ道を把握している猟師が待ち伏せて撃

記事を読む

ツキノワグマ

WWFのコラム「クマの保護管理を考える」の読み応えがすごい件

個人的には、日本国内の狩猟の最高峰は「ヒグマの単独忍び猟」なんじゃないかと思っています。大口

記事を読む

鴨鍋と焼酎ロック

なんでハンターやってるんだろう?―活字にして見直す狩猟の魅力

さて山開きまであと2ヶ月(ry 狩猟を始めたのはそう昔の話でもないんですけどね。ついこの間

記事を読む

Comment

  1. ltchughes より:

     この動画はすごいですね!何度見直しても、分かりません!!

     田園地帯を歩いていると、突然、雀の群が目の前をばー!っと飛び立ったりします。焼き鳥が逃げていく、、、と悔しい思いをします。

     これからは、サーモグラフィーの時代でしょうか。

    • spinicker より:

      シカにこっちを見られても、じっとしてれば人間だと判別されませんが、逆もまたしかり。じっと止まってるシカを発見するのはなかなか難しい…。動いてれば話は別なんですけどね。

      サーモも欲しいんだけどなぁ、結局今猟期までに買うのは無理でした。そこまでお金が回らない…orz

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑