動物を獲らない狩猟。「ロケハン」という名のハンティング。

公開日: : 最終更新日:2017/03/30 狩猟よもやま話, クロスカブ全般

キジ

猟期が終わってふぬけになっていた時期もそろそろ終了、来期への意欲がふつふつと湧いてきました。

よーし。せっかく新しい相棒・クロスカブが納車になったことだし、新しい猟場のロケハンにでも行くかな!

ぼちぼちキジがこんな感じで縄張り宣言始める頃だろうから、うまくいけばキジの居場所も把握できるかな!

スポンサーリンク

ロケハンとは「ロケーションハンティング(location hunting)」を略した単語。いかにも和製英語っぽいなと思ってたら、どうやらやはりそうである様子。海の向こうでは「location scouting」と言うそうです。要するに何かをするにあたっての下見のこと。

クロスカブでロケハン

早速ザックになんやかんやを詰めて出発。でもツーリングの経験なんてないから何を持っていっていいやら。(´・ω・`)

とりあえず寒いと嫌なので追加のインナーと、あとは…。車とちがって電源を取るのも手間だし、スマホ用のモバイルバッテリーぐらいは持っていくかな。このへんからもう手探り状態だな。おやつは大人なので500円分ぐらい持っていこう。

クロスカブでロケハン

以前から目をつけていた、里からそう遠くなくて勾配もそれほどきつくない低山をちょっと当たってみます。

いよいよ林道デビュー。まずは舗装林道からスタートです。緊張しますね!

クロスカブでロケハン

獣道がいっぱい走ってます。このへんでシカのいないところなんてないだろうからなぁ。問題はその密度と狩りがしやすいかどうかってとこで、それを調べるのが今日の目的。

これは…あんまり新しくないな。

クロスカブでロケハン

獣道のすぐ脇にあった、シカに丸坊主にされたであろう植物。よほどおいしかったとみえる。シカも好きじゃない植物はちょっとだけ食べて残したりするけど、好物はよく丸坊主にされてます。アオキとか。

この調子でどんどん先へ進もうと思ったら、すぐにかなり本格的な未舗装ガレ道が出現。ちょっと走ってみたところ、これがなかなか手ごわい!

街中はそれなりに慣れてきたけど、単騎で未舗装林道はまだまだハードルが高いかな。トラブったらどうしていいやらわからん。南河内の練習用オフロードコースで一回練習してからにしよう。(´・ω・`)

無理せず下山。いつも鳥撃ちで回っているコースがすぐそこだったので、そのルートを走ってみることにしました。車とはまたちがった景色が見えるはず!

クロスカブでロケハン

ここは銃禁じゃないけど散歩の人が多いので、撃つことはなくただ通りがかるだけの川べり。

カワウやカイツブリは何度か見たことあるけど、なぜか今までただの一度たりともカモは見たことのない場所に、この日は珍しく…というか、初めてカモがいました。それもこのへんでは超珍しいヒドリガモが!

食べたことのないカモなんで獲りたいんだけど…なんで猟期中にはおらんのに今日に限って…orz

クロスカブでロケハン

春ですなぁ。小さなブルーの花が可憐な野草、オオイヌノフグリ。きれいな花なのになんて名前だ。(´・ω・`)

クロスカブでロケハン

でかっ! 軽トラぐらいあるぞこの箱罠。Σ(゚д゚;)

いずれ箱罠もやってみたいけど、こんだけでかかったら一基でいくらぐらいするんだろうか。高いからなぁ箱罠。

ざっくりといつものコースを見て回り、帰りに日本一たい焼で2匹ほど買って帰りました。日本一たい焼のたい焼きは天然ものだそうです。(・∀・)

今回はじめてクロスカブで猟場のロケハンに出たけど、いいですねバイク。車より視界はいいだろうとは思ってたけど、予想以上に周りがよく見えました。小回りも利いてナイス。

今後はオフロードのクローズドコースで練習して未舗装林道にも分け入って、大物猟の猟場ロケハンもしたいところです。

まぁ、実際のところ、今日のブログはただの猟場の下見を「ロケハン」って単語を使っていちびりたかっただけなんですけどね。なんか業界用語っぽくってかっこいいじゃないですか。orz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

夏の猟場

苦労の多い有害鳥獣駆除。盛夏の猟場を歩いてみた。

来年からはもしかすると有害鳥獣駆除のメンバーに入るかもしれない。受けるか受けないかはまだ決めてないも

記事を読む

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

猟師の楽しみのひとつ、新規の猟場開拓。このブログでも過去に何度か取り上げています。

記事を読む

白神山地

ハンターも興味津々。マタギと歩く白神マタギ舎のエコツアー

(TOP画像はwikipediaより、以下の画像は白神マタギ舎ウェブサイトより) 僕は

記事を読む

狩りバカ日誌2015年2月7日

空気銃でカモが獲れない時は小さい水域を回ってみようというお話。

僕が空気銃猟を始める前、次が7年目の猟期なので、8~9年ぐらい前のお話。 その頃に

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年2月16,17日(散弾銃・単独忍び猟)後編

僕もこれでシシ獲りました。ストリートビューで(おもにシシ)猟場をより絞る方法

当地ではあとひと月半で猟期突入。早いものです。 早く感じる理由の一つとして、先猟期に単

記事を読む

ごみとカラス

カラスと農家と猟師と知性。あなたはカラスを撃つ?撃たない?

唐突ですが、僕は普段クジラ肉を食べない人間です。 なんか昔からあまり好きじゃないんです

記事を読む

ストロング猪

ここらで世界の巨大イノシシを見てみましょう。

狩猟オフシーズンの楽しみ、ジビエ料理。僕は猟期中はあまり獲った獲物の肉は食べないのです。猟期

記事を読む

カメラ

猟師予備軍におすすめ。狩猟トレーニング法「カメラハンティング」

こう見えても新規ハンターの世話・勧誘に貢献している…つもりのspinicker。ほぼブログ経

記事を読む

鹿師匠

師匠と歩く猟場―忍び猟(おもに鹿)のコツを聞いてきた。

たまにサイトアドレス宛てにメールをいただくことがあるのですが、なかには 「教えてくれる

記事を読む

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

猟場開拓のデータ収集に大手登山サイト「ヤマレコ」を参照してみる。

楽しい楽しい猟場の新規開拓。Googleマップ、国土地理院地図、Mapion地図なんかを見て

記事を読む

Comment

  1. ltchughes より:

    鯛焼きの天然と養殖、知りませんでした。こだわりの一品なのですね!

    私も見回りに行きたいところがたくさんあります。が、車が大きすぎて行く気になれなかったり。

    早いとこ免許とバイクを入手して、見回りにいきたいです!

    • spinicker より:

      サンバーは車のなかでは小回りきく方だけど、バイクとは比べものになりません。バイクなら林道のどこだってUターンできます。

      僕も免許取得からでしたが、学校に通うという体験が久々だったので、あれはあれで楽しいものでしたよ。ご都合があえば、ぜひ教習所通いを!(・∀・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑