鹿の骨つきモモ肉まるごと1本!取れた肉の量を測定してみました。

公開日: : 最終更新日:2015/01/22 ジビエ・ワイルド料理

まんが肉

空気銃猟でのメインターゲットは僕の場合、カモとかキジとかヒヨとかハトとか。コジュケイなんかも獲ってみたいけど声を聞くばっかりでなかなか姿は見かけないし、ヌートリアとかアナグマも獲りたい動物だけどメインターゲットとは言えません。

どっちにしても、これらの動物はサイズがそれほど大きくはない。カモならいくら大きくても2㎏以内、アナグマやヌーの大きい個体でもたいていは8㎏以内であるとか。回収も解体もそこまで手間にはなりません。

そこへいくと、シカやイノシシなんかの大物はヘタすりゃ100㎏オーバー、仕留めたのが谷底に転げ落ちでもした日にゃ回収解体も重労働、どころか場合によっては命がけです!

装薬銃での大物猟はエアライフルの小物猟に比べると何もかもが豪快。小物撃ちは小物撃ちでいいものだし僕も好きですが、ダイナミックさでいえば大物猟の圧勝! やはり惹かれるものがあります。

シカ解体後

クリックでモザイクなし画像(グロ注意)

ダイナミックといえば、先日いただいてきた鹿。獲物は三段角のオスだったそうで、肉の量も相当なものだったようです。画像はウデ肉モモ肉ロースにモツ。ウデなんかは猟犬のごちそうになります!

鹿モモ肉

で、こちらが僕がもらってきた骨つきのモモ肉、まるまる1本。改めて見てみるとやはりすごい量。まな板からはみ出します! のせる時には「ズシン!」って音がしました。

さて、では早速これを精肉します。

包丁はあまり使いません。人間でいうところの大腿二頭筋だとかなんとか筋が薄い膜(筋膜?)につつまれた状態でいくつかのブロックにわかれて骨や肉にくっついているので、それをバリッと剥がしてはしっこの腱を最後にチョンっと切って骨から外す。というイメージ。カモやキジで練習してるのでなんとかいけます。

鹿モモ精肉後

これだけの量になりました。今回の分は数ヶ月以内には食べてしまうはずなので、真空パックせずにラップでくるむだけにしています。必要とあればこの上からパックしてもOK。

鹿モモ精肉後

上からだけではわからない、厚みもこの通り! かなりの量です。

が、これ・・・何㎏あるんだろう。量ったことなかったなぁ、よし、量ってみよう!

まずは今週中に食べる予定のこのブロックから。

鹿モモ肉ブロック

皿を除外して・・・511g、っと。で、次が

鹿モモ肉ブロック

330gで・・・

鹿モモ肉ブロック

215gに・・・

鹿モモ肉ブロック

195g・・・

鹿モモ肉ブロック

これは245gか。これでやっと半分か、すごい量だな。

鹿モモ肉ブロック

165g。

鹿モモ肉ブロック

397g、でかい。

鹿モモ肉ブロック

281g・・・

鹿モモ肉ブロック

そしてこれがラスト、とどめの625グラム! これらを合計すると・・・2964g!

鹿すね肉と骨

厳密にいうとモモ肉ではないので除外してますが、このすね肉が224gだったので、これも加えると3㎏オーバーの肉になりました。

いやぁ、縄文人あたりの人はろくな道具もなかったのに、なんで危険を冒してまで狩りをしたのかがよくわかりますね。たった一頭、それも足一本でこれだけの食料になるわけですから。鹿やイノシシはありがたい存在だったのでしょう。

それは今を生きる僕にとっても同じことです。市販の肉には市販の肉の、ジビエにはジビエの良さがある。自分で獲ってきたものであれば、捕獲にいたる工程も楽しみでありまた勉強でもあります。

便利に、豊かになった現代だからこそおすすめしたい趣味、狩猟。ある意味究極のアウトドア。今ならいろいろと教えてあげますよ! ・・・僕の師匠が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ばった

散弾銃も空気銃もいらない!そのへんで簡単に獲れるジビエ?食材

こんなブログに来られる方はまぁほとんどの場合、ジビエや狩猟に興味のある方がほとんどだと思いま

記事を読む

フードフレッシュバッグ

これは安い。手動ポンプ式の真空パック、フードフレッシュバッグ

獲物のサイズがハトより大きい場合、ジビエ一捕獲あたりの肉の量は一度には食べきれないケースが少

記事を読む

エノコログサ試食01

ただの雑草じゃない!エノコログサ(ねこじゃらし)を食べてみた

日本人になじみの深い穀物として「五穀」と呼ばれているものがあります。地域や解釈によって多少の

記事を読む

大鍋小鍋

カモ鍋用の土鍋。大きいのを買うか小さいのを買うかで迷ったら・・・

地域によって多少前後しますが、猟期は基本的に11月15日~2月15日。冬場です。すなわち鍋の

記事を読む

ハシビロガモの燻製2

まずいと噂のハシビロガモを食べてみた結果。

ハシビロガモを獲ってきてから1週間。ついに実食の日が来ました! 今回は燻製にしてありま

記事を読む

カルガモ解体後

血の味解消!ジビエ鴨をおいしく食べるための処理法(ただし我流)!

初めて大ガモをしとめた時のことは今でもありありと思い出せます。20発に1発ぐらいしかまっすぐ

記事を読む

猪ベーコン

風乾にちょっとだけ工夫が必要。夏場の燻製づくり。

後日作る予定のジビエ料理の材料として、何度目かのイノシシベーコンづくり。夏場の燻製づくりは冬場よりや

記事を読む

トナカイ皿

夏に行ってみたい。トナカイを食べたり遊んだりできる北海道の牧場

ジビエに興味を示す人というのは、要するに「珍しいもの好き」という性質がより強く発現している人

記事を読む

ジビエ料理に最適!猟師が買うべき低温調理器→ヨーグルトメーカー

ジビエ料理に好適!猟師が買うべき低温調理器、ヨーグルトメーカー!

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを買いました。(・∀・) 牛乳

記事を読む

今、解かれし封印。2014年に射獲した四年ものカルガモを食べてみた

去年の10月に「大丈夫?真空パック済み冷凍ジビエ(鹿肉・二年もの)を食べてみた」という記事を

記事を読む

Comment

  1. やんま より:

    日に日にドリップが出て臭くなるので、おむつとかペット用のシートで包むと熟成に良いって聞きます。

    新鮮なものだったらユッケで食べたいですね~♪

    • spinicker より:

      水分に浸ってるところはすぐ悪くなりますからねぇ。吸水性でいえばおむつが良さそうですが、薬品がこわいので無添加のキッチンペーパーを使ってます。
      ユッケ、ユッケですか。。。食べたことないんですよねぇ、食わず嫌いで。気になるなぁ、食べてみようかな。
      (; ・`д・´)…ゴクリ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑