狩猟関連失敗談その7 山に消えた装備品―神様は供え物がお好き?

公開日: : 最終更新日:2018/03/30 狩猟関連失敗談

山の神様

神とか仏とか、ほぼ信じていないspinicker。

神に祈る状況といえば、満員電車内で強烈な便意に襲われた時ぐらいのものでしょうかね。それにしたってネタが半分以上。お祈りで何かが変わるなどとは思っていません。

僕にとって神様とはなんかこう、ふわっとした空気のようなものです。意識にはあるけど信仰してはいないというか。

「神が人間を作ったんじゃない、人間が神を作ったんだ」なんて台詞をどこかで聞いた記憶がありますが、そっちの方がしっくり来るかな。という考え方の持ち主です。

という僕がこんな話をするのは変な感じもしますが、実は僕を含めたハンターは時々山の神様にお供え物をすることがあるのです。

スポンサーリンク

ハンターの装備は時々消える

不思議

先猟期の3月11日、若猟犬が暴走してケガ人が出た日のこと。

犬の捕獲、ケガ人の応急手当、応援の要請、獲物回収の段取りなどを終えて、ようやく一段落ついてから気づきました。

「ん、あれ? 救急キットどこやった?」

どうやら現場に忘れてきたようです。

高い物でもないけど、今回役に立ったように、なんぞの時にはないと困る。車で2、3分のところだし、取りに行くか。

山怪

しかし不思議なことに、どこをどう探しても見当たらないのです。まるで神隠しにでも遭ったかのように!

ロケーションは開けた河原。それもほんの狭い範囲。サイズが小さいわけでもなく、赤くて目立つパッケージなのに、なんで…???

もしかして猟隊の誰かが拾ってくれたのかもしれない。と、アジトへ戻って聞いてみても該当なし。紛失が確定しました。orz

…といった具合に、山で装備品をなくして帰ってくることを、ハンターは「山の神様に奉納してきた」などと言ったりします。

状況はいろいろ。深い藪で迷彩柄のナイフを落としてみつからなかった、なんて場合にもそう呼んだり呼ばなかったり。迷彩柄ってホント風景に溶け込みますからねー。ハンター用品がオレンジ色なのは、そういったケースで目立たせて紛失を防ぐ、という目的もあるのです。

でも今回の救急キットのように、目立つ色なのにどうしても見つからないようなことも。川辺のことなので、ひょっとしたら流れていってしまったのかな?

納得いく理由が見つかることもあれば、紛失に気づいて後日探しに行っても、誰も入ってこないであろう山奥で、場所まで特定できていているのに、いくら探してもみつからない。どう考えてもわからん。という摩訶不思議な体験をすることも。

過去にはカモの下処理に使っているメス刃カッターを奉納したこともあって、今回が二回目の奉納。ハンターズハイにかぎらず、何らかの理由で集中力が落ちている時に奉納することがやはり多いようです。

過去二回はともにそれほど高価な物ではなかったのでそれほど精神的にも財布的にもダメージは少ないけれど、ナイフマニアの人たちが持っているような高価なナイフを奉納してしまうと…心中お察しします。やはり実用品はそこそこの値段のものがいいかもしれません。狩猟ではとくに。(´・ω・`)

冒頭では「神とか仏とか、ほぼ信じていない」と書きました。なんか心のどこかで、実はまったくないとは言い切れんのじゃないか? という思いもなくはないのです。

というわけで山の神様、いろいろ奉納したしこれからもするので、御利益として極上の味でしかもまったく反撃してこないおとなしいイノシシを車のすぐ横でしとめさせてください!(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

書類記載ミス

僕の狩猟関連失敗談その4 銃の所持許可遅延につながる確認ミス

銃の所持許可を申請する際、大量の書類提出を求められます。それ以外にも平日の昼間しか生安課が受け付けし

記事を読む

どくろ

狩猟関連失敗談その5 絶対に使ってはいけない防錆潤滑剤 (空気銃)

何につけても形から入るタイプなspinicker。 狩猟に関しても誰にも相談することな

記事を読む

剣鉈01

僕の狩猟関連失敗談その1 大が小を兼ねなかった猟具

僕は形から入る人間なので、実際の使い勝手はともかく「ハンターといえばこう、使う道具はこれこれ

記事を読む

高揚感

僕の狩猟関連失敗談その3 ハンターズハイと忘れもの

ランナーズハイという言葉があります。長距離走中にエンドルフィンやらなんやらの脳内麻薬が分泌さ

記事を読む

高揚感

狩猟関連失敗談その6 ハンターズハイ、再び

「獲物をしとめた後は高揚感から普段ならやらかさないようなミスをしてしまうことがある」

記事を読む

狩猟関連失敗談その8 近距離にシカの群れがいる時は…

狩猟関連失敗談その8 獲物が複数いる時に考えるべきこと

キャリアが何年あっても、初めてのシチュエーションとか、めったにない状況に遭遇した時には、すぱ

記事を読む

ちくしょう!

僕の狩猟関連失敗談その2 二輪駆動車の限界

僕の住まいは大阪の南河内。気候は比較的温暖で、積雪はもちろん降雪もあまり見られず住みよい地域

記事を読む

Comment

  1. 天之 より:

    それほど山奥には入らない私でも良く失くします
    山で物を失くすのは、それを神様が欲しがったからなので、探しに戻ってはいけない。戻って見付けて取り戻すと罰を受ける、と言われますね
    なので落とした?と思ったらスパッと諦めてますが、クルマのキーとかエアライフルの弾倉とかだったら探しに戻りそうw

    • spinicker より:

      ちょっとしたものなら奉納してもいいんだけど、僕も以前にマガジンを奉納しかけて、取りに戻りました。いくら神様相手でも300円以上のものは返してもらいます! ( ゚Д゚)

  2. ltchughes より:

    私がしたお供えものは、皮手袋とシャベル。皮手は1猟期で数双なくしましたが、迷彩柄なので見つからず、シャベルは朱色だったので落ち葉の色に同化して見つからず。。。

    弁当ガラとか不法投棄の鉄くずなど、拾えるものは拾って帰り処分しますが、今までで一番困ったのは散弾ですね。10個ほどあって、知らぬ間に車で踏んでいたものもありました。。。暴発しなくて良かった。

    • spinicker より:

      迷彩柄もそうだけど、緑っぽいのとか茶色っぽいのとかもあっというまに地面に同化しますねぇ。あと当たり前だけど小さい物とか。

      散弾実包の奉納はまずいですね…。持って行くところへ持って行って落とし主がわかったら取り消し案件になりかねない。僕も気をつけないと。(´・ω・`)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑