関西エアライフルマンの聖地、京都笠取国際射撃場へようこそ!

公開日: : 最終更新日:2017/12/05 レインストーム, 射撃

先日、半日ほど出かけて帰ってきたとき、エアコンがつけっぱなしだったことに気付いて膝から崩れ落ちました。こんばんは、spinickerです。ちくしょう、エアコン半日の電気代ってどんなもんなんですかね orz

京都笠取国際射撃場01

どこへ行っていたのかというと、「京都笠取国際射撃場」へ僕の狩猟用空気銃、レインストームの調整に行っていたのです。

京都笠取国際射撃場ウェブサイト

各都道府県に散弾銃・ショットガンでのクレー射撃場はそれなりにあります。もちろん大阪にもあります。

ではエアライフルの射撃場はどうかというと、オリンピックの種目にもあるエアピストル競技なんかで使うような10m射場は何カ所かあるようです。が、レインストームをはじめ、それより数倍の威力がある狩猟用空気銃を気がねなく撃てるところとなると、大阪にはないんですよねこれ。

そこで僕がよくお邪魔しているのが京都笠取国際射撃場。徳島県の一宮射撃場にも狩猟用空気銃のレンジがある(しかも60mレンジ!)のですが、ちょっと遠いですしね。明石海峡大橋の通行料も僕にとっては強敵です!

笠取なら車で1時間ちょっと。50mのエアライフル射撃レンジが3座あり、それぞれに着弾を確認するスポッターがわりのビデオと液晶モニター、ガンレストまで用意されていていたれりつくせりです。スポッターもガンレストも自腹で買うとなるとけっこう高いですからね。

スポンサーリンク

京都笠取国際射撃場02

なぜかはわかりませんが、ぱっと見、営業時間が公式サイトにも掲載されていないようです。京都笠取国際射撃場の営業時間は9:00~17:00で、定休日は月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)。ただし猟期内(11月15日~3月15日)は、祝日であってもなくても、月曜と火曜が休み。となっています。

さて、射撃場に着きました。受付で4300円を払ってエアライフル用の射撃レンジへ行きましょう。一日でも半日でも1時間でも4300円です。

笠取国際射撃場03

むこ~うの方に小さく見えているのが的。的紙を貼っつけて使います。距離は50mです。実猟でもたいていの場合50mぐらいまでのことが多いので、練習としては十分です。
しかも的紙を貼り付ける台は移動させられるので、10~50mまでの任意の距離で練習できますよ!(・∀・)

この日は先客が2名。僕は右の射座を使います。まんなかの人のエアライフルはFXのインディペンデンス! この日初めて実物を見ました。いい銃ですねぇ、よく当たってたし、なんといっても超しずか! 30mも離れたらもうほとんど聞こえないだろうなぁ。さすがFX!

レインストーム調整中

それはそれとして、僕も自分の銃の調整しないと。すぐ壁一枚へだてたすぐ隣はスキート射場。散弾銃の銃声をBGMに、空気銃の調整を始めます。

ふむふむ。残気圧の実用領域は170~120気圧ぐらいか。それより上でも下でも着弾がばらけたりドロップが大きすぎたりで使いにくい。で、一発あたりのエア消費量はだいたい1気圧いくかいかないかぐらいだな。なかなか燃費いいじゃないか、レインストーム!

170気圧だと着弾のまとまりはいいけど、ドロップが大きいな。で、だいたい130気圧前後で射出スピードがMAXになるような感じか。120気圧を切ると急激にドロップ、着弾のばらけともに大きくなる、と。

ゼロインは50m、150気圧時に合わせておこう。これなら170気圧時でも120気圧時でも上下1センチ以内ぐらいにおさまるはずだ。あとは実地で脳内調整すればいい。よし、レインストーム調整完了。これでいこう!

レインストームの調整スコア

レインストームの調整スコア

だいたいの調整を終え、帰宅しました。あー、今猟期の解禁まであと3ヶ月か、なげぇなぁチクショウ! 待ちきれん! うおーああああああ!

・・・と、自室に戻ったところでエアコンつけっぱなしだったことに気づいたわけです。

笠取が4300円+交通費、さらにエアコンつけっぱなし。なんという散財・・・orz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

モスバーグ製M870サボット銃身でサボット弾を撃ち比べしてきた。

先猟期の結果を受けて狩猟用サボット弾の選定を考え直してみた

先猟期はフェデラル製のサボットスラッグ弾を使用していたspinicker。 しかし60

記事を読む

870ハーフライフルで二年ぶり二度目のランニングターゲット射撃に行ってきた

870ハーフライフルで二年ぶり二度目のランニングターゲット射撃に行ってきた

猟期直前ラストスパートの期間。三日後には開幕です。駆け込み準備もそろそろ終えておかなければという時期

記事を読む

初心者射撃研修会

社団法人主催だから安心!猟銃初心者・所持希望者向け無料講習会

昨今のジビエ・狩猟ブーム、とまで言うと大げさかもしれませんが、ちょっとずつ日の当たる場所へ生

記事を読む

散弾とスラッグ弾

わりと最近まで知らなかった「狩猟用」と「射撃用」スラッグ弾の違い

狩猟の世界にはまず空気銃での鳥猟から入り、散弾銃での大物猟に参加しだしたのは去年から。最近で

記事を読む

ターゲット

射場でついつい的紙を買ってしまう人に贈る、簡単自作的紙

朝夕はめっきり涼しくなってきて、コオロギの鳴き声にも張りが増してきたように思う今日この頃。秋

記事を読む

皿割り練習中

大阪総合射撃場のクレー射撃料金。

よそさまではどうかわかりませんが、大阪では鉄砲関連の情報ってなかなか拾いにくいのです。所持に

記事を読む

モスバーグ製M870サボット銃身でサボット弾を撃ち比べしてきた。

モスバーグ製M870ハーフライフル銃身でサボット弾をテストしてきた

猟期までひと月あまり。11月頭から解禁のところではもうひと月切ってますね。射撃場も猟期を楽し

記事を読む

バイポッドいらず!たいていの猟場でレスト射撃が可能になる方法

画像はhttp://www.harrisbipods.com/より[/caption] 僕は

記事を読む

超格安スコープ。visionkingのVS1.25-5x26Lのスラッグ射撃レビュー

超格安スコープ。visionking VS1.25-5x26Lのスラッグ射撃レビュー

格安スコープお遍路の旅、第二弾。今回はちうごくのVisionkingというメーカーの「VS1

記事を読む

今年もあった!日本猟用資材工業会の初心者射撃研修会&練習会

僕も去年お世話になった、日本猟用資材工業会の初心者射撃研修会。なんとなく気になってサイトをの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑