かわいいだけじゃないんだぜ?アメフト場に乱入したウサギ、脅威の身体能力

公開日: : 最終更新日:2015/09/26 狩猟よもやま話

うさぎ

日本においてノウサギは狩猟鳥獣。獲って食ってもいいのです。どんな味がするんでしょうかね。

あっさり系だとは聞いています。鹿と鶏を足して2で割った感じだとか、いやいや、キジに近いぞ、とか。

総合すると「うまい~普通」の間におさまっているように感じます。うーん、気になる。

一説によると「かわいい味」がするとも言われているようです。僕には想像すらできませんがね! ( ̄∇ ̄;)

味はそのうち自分で獲って食って確かめてみるとして、猟場にいるウサギという生き物。こいつらはかなり耳が良く、こちらが発見するより早く向こうがこちらに気づいて逃走してることがほとんどな様子。

僕のまわっている猟場ではそうしょっちゅう見かける生き物ではないです。師匠が言うには、昔はいっぱいいたけど一時期がくっと減って、で、ここ数年でちょっと数は戻りつつあるんじゃないかということです。

片手で足りるぐらいの回数ではあるものの姿を見たことはありますが、そのほとんどがこちらに気づいて文字通り脱兎のごとく逃げているところ。小柄なくせに足の速いこと速いこと! あっというまに見えなくなってしまいます。獲れる気がしねえ。orz

里山の流れ星、うさぎ。そのスピードスターっぷりはよく知られているところかもしれませんが、今日はさらにウサギの身体能力の高さがわかる資料を見つけてきました!

どういった経緯でかはちょっと知れませんが、アメフトのフィールドに入り込んだウサギが縦横無地に駆け回り、仕上げとばかりに大ジャンプを披露してくれる動画です。その大ジャンプは33秒あたり!

※スマホなどで動画が表示されない方はこちら! 最初5秒ほど広告が入りますが、CNNのサイトです。

なんという滞空時間、そして高さ! これがたかだか体重数キロ程度しかない生き物のパフォーマンスなのか、野生すげぇ! (゚д゚;)

このように、愛らしいルックスとほれぼれするような脚力を併せ持つ生き物ですが、農家さんに聞いてみると、やはり作物に悪さをするようです。

ハンター一年目の時は兵庫県で登録していたのですが、猪名川~篠山地方にかけてはウサギが多くいるようで、特に若い豆の苗がいっぱいやられてる。と、現地の農家さんが嘆いてました。(´・ω・`)

彼らに恨みはありませんが、撃てる状況であれば撃つことになるでしょう。

こっちが先に見つけるか、あっちが先に気づくか。目と耳の勝負。これもまた、狩猟の醍醐味のひとつです。 ・・・ウサギには出し抜かれてばっかりですけどね! (≧▽≦)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カルガモ親子4

カルガモ子育て中!

散歩中のこと。 ハンターの習性とは悲しいもので、たとえそれがただの散歩だとしても、池の傍にくると水

記事を読む

筆毛ガモ

鴨臭さの原因、埋没した筆毛を除去する方法

猟期も終盤に入ってくると、『筆毛』の目立つ鴨が多くなってきます。『棒毛』とも言いますね。

記事を読む

ストロング猪

ここらで世界の巨大イノシシを見てみましょう。

狩猟オフシーズンの楽しみ、ジビエ料理。僕は猟期中はあまり獲った獲物の肉は食べないのです。猟期

記事を読む

鹿イラスト

猟場選びに迷ったら。地名から見るその土地の特性

大多数のハンターにとって、新たな猟場を開拓するのは楽しい作業。「あー新猟場探すのダルいなぁ」

記事を読む

キジ

動物を獲らない狩猟。「ロケハン」という名のハンティング。

猟期が終わってふぬけになっていた時期もそろそろ終了、来期への意欲がふつふつと湧いてきました。

記事を読む

引っ込み思案

猟友会に入ったのに猟隊に誘われない、という時に取るべき行動。

こういったブログを運営しているといろいろとメールが届きますが、そのなかには 「猟友

記事を読む

高畑駐輪場

獲物の生態調査。クロスカブで奈良公園へシカの観察に行ってきた。

奈良公園でシカの観察をするのは装薬銃を所持したぐらいの時期から考えてました。猟場で獲物のシカを追う際

記事を読む

効率なら最強の流し猟。狙うべき林道・見るべき地形はここだ!

今日はどうしてもシカを獲りたい! なんて日もあります。ただ単に猟欲がたぎってるだけだったり、

記事を読む

狩りバカ日誌2017年1月21日

悩める鳥猟ハンターに朗報!カルガモの雌雄の見分け方

このところ移住計画に頭がいっぱいで何かと他のことが手につかないspinickerです。不動産

記事を読む

先生

獲りすぎ注意!狩猟において目指すべき数は○○ではなく□□である!

今年も2月15日が過ぎ、地域やターゲットによって多少のずれやなんかはありますが、ほとんどの都道府県で

記事を読む

Comment

  1. ltchughes より:

     確か小学校の頃はみんなで山狩りをして、給食にウサギ鍋とかあったような気が。。。

     昔より数は減っていて、でも農業被害が多く言われるというのは。。。山の木々を杉の木に植林しすぎて、動物たちのエサが無くなってしまったのでは?

     スキー場に行くとウサギの足跡をよく見かけますが、姿は見た事がありません。それだけ警戒心が強いのですね。

    • spinicker より:

      給食にウサギ鍋ですか! うちではなかったなぁ。給食でめずらしい肉といえば・・・鯨のノルウェー煮ぐらいかな。どのへんがノルウェーだったのかはよく覚えてませんが。( ̄∇ ̄;)

      ノウサギはだいたい夜行性みたいですね。ゲレンデまでの道中、昨日はなかったところにウサギの足跡があらたについてたりすると「ああ、夜にここ通ったんだな」と、なんかほほえましく思ったのを覚えています。

  2. 藤屋 より:

    私の父の実家の方では「ウサギの掛け飯」(三色ご飯の様な)が大昔から有りましたが、私の小さい頃からは鶏に替わってます。師匠は犬を入れてのウサギ狩りがメインで度々頂きます。確かに、鶏とシカの間でしょうか。撃たれ弱いので7号か9号みたいですが、時に残ってます。すき焼きが一般的(味濃い目に)ですね。同じく警戒心の強いキツネは括り罠で2度、空気銃の5.5mmで留めましたが(食べてません)撃たれ強いです。

    • spinicker より:

      ウサギの掛け飯。文字を見ただけで食べたくなる不思議。ウサギのすき焼きは山賊ダイアリーでも出てきましたね。

      キツネは二度ほど見たことがあって、うち一度は30mほどの距離でかなり長い間、たぶん20秒ほど見つめ合ってたので撃とうと思えば撃てたんですが・・・スルーしました。うまそうじゃないので、なんとなく。 (´・ω・`)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑