「 狩る 」 一覧

狩猟の質問「なぜ弾頭は鉄じゃなくて柔らかい鉛なの?」に答えます!

最近は開店休業状態のブログ宛てメール。久々に質問が届きました。 なぜ鉄砲の弾は鉛でできているのですか? 鉄の方が硬くていいんじゃないのですか? スポンサーリンク これは以

続きを見る

分割式へ。狩猟用の携帯式獲物ハンガーをアップデートしてみた

2018/11/01 | 猟具・猟装

地域や猟隊、人によってそれぞれの方法がある、獲物解体のやり方。 僕がシカを解体する場合は、鹿師匠から教わった方法で実行しています。「獲物用ハンガーと滑車で立ち木から吊す」という方法です。

続きを見る

狩猟中の負傷ワースト5(2017年度まで)を挙げていこうと思う。

その昔、「傷は男の勲章」なんて言葉がありました。もしかしたら今でもあるのかもしれませんが。 僕は痛いのキライキライ人間。勲章なんていらんからケガすることなく生きていきたい派なんですけ

続きを見る

狩猟したいインドア派だけど続くかな…って人に贈るアンケート結果。

2018/10/23 | 狩猟よもやま話

「狩猟を始める前の自分はインドア派アウトドア派どっちだったのか」 という疑問を抱くようになったのは、ハンターになる前の自分の行動を思い起こしてみた時のこと。 考えてみれば、釣り

続きを見る

狩猟ヒヤリハットその13 鵜呑みにできない、ベテランのアドバイス

猟期まで1ヶ月を切ったこの時期。いよいよハンターはじっとしていられなくなってきているであろうという、やきもきしながらも楽しみな季節です。 もう何年目かの経験があるというハンターでもそうな

続きを見る

原付バイク+リヤカー。二輪車による牽引で獲物の運搬を検討してみる

2018/10/15 | 狩猟車・猟用車

狩猟は何かと物入り。その出費に二の足を踏んで、興味はあるんだけどなかなか前へ進めない。なんて方も少なからずおられることでしょう。 とりわけて高価なのが狩猟車。猟のスタイルや環境によっては

続きを見る

超格安スコープ。visionking VS1.25-5x26Lのスラッグ射撃レビュー

2018/10/08 | 猟具・猟装, 射撃

格安スコープお遍路の旅、第二弾。今回はちうごくのVisionkingというメーカーの「VS1.25-5x26L」というスコープです。 ちなみに第一弾は昨年10月の「モスバーグ製M87

続きを見る

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

2018/10/03 | 狩猟よもやま話

猟師の楽しみのひとつ、新規の猟場開拓。このブログでも過去に何度か取り上げています。 関連記事:初心者ハンター必見! My狩り場の見つけ方 関連記事:禁猟区の詳細確認

続きを見る

心に残る狩猟シーン4 主役は遅れてやってくる

鳥の鳴き声さえしない、冷気と静寂が支配する早朝の山。 火を焚いたりはしない。いつもの猟場のいつもの待ち場で、いつもの切り株に腰をかけている。並ぶのは苦手だが待つのは得意だ。ただじっと座っ

続きを見る

ハンターも気になる豚コレラ。罹患・発症したイノシシの見分け方は?

2018/09/15 | 狩猟よもやま話

先日、岐阜県の養豚場において「豚コレラ」の感染が確認され、農水省のサイトにて周知されました。 平成30年9月9日岐阜県の養豚農場において、我が国では、平成4年以来26年ぶりとなる豚コ

続きを見る

狩猟ヒヤリハットその12 沢と膝と倒木と

狩猟をやっていると大小さまざまなケガと付き合いながらキャリアを重ねていくことになります。たとえ1シーズンだけであったとしても、それなりの頻度で出猟していれば一度や二度は受傷していてもおかしくあ

続きを見る

モーラナイフ比較。コンパニオンと廉価版BASIC511をテストしてみた

2018/09/10 | 猟具・猟装

狩猟のマストアイテム、ナイフ。ピンからキリまでありますが、僕の持ってるのは数千円の普及品ばかりです。 幸か不幸か収集癖もこれといってないので、これまでは必要最低限の本数を購入・運用してきました。

続きを見る

至上の達成感。狩猟における二番目の目標を1シーズン継続できた件

2018/08/30 | 狩猟よもやま話

次猟期が近づいてきて、居ても立ってもいられなくなったハンターはどういった行動を取るか。 人それぞれでしょうが、僕がすることのひとつに「先猟期の記録を見返す」というのがあります。先猟期を振

続きを見る

ポスト猟友会たりうるか?「一般社団法人猟協」の今後に注目

2018/08/27 | 狩猟・射撃団体

大半の猟師はお世話になっているであろう狩猟団体、猟友会。僕もお世話になっています。 この猟友会、wikipediaによると設立は1929年(昭和4年)となっています。歴史ある団体です。

続きを見る

狩猟ヒヤリハットその11 絶対にしてはいけない忘れ物

僕はどっちかというとおっちょこちょいの方なようです。いろんなところでいろんな忘れ物をしてきた経験と実績があります。 日常生活では、ATMから何かの支払いの代金、何であったか忘れましたが、

続きを見る

狩猟の質問「空気銃猟で獲れるようになる方法は?」に答えます!

今日のイカした質問メールを紹介するぜ!(・∀・) 「昨期から狩猟(空気銃)を始めた者ですが、獲物がぜんぜんとれません。何かいい方法はないですか?」 ものすごくざっくりで簡

続きを見る

心に残る狩猟シーン3 発砲後に視覚以外の情報で命中を確信したお話

870の筒先から硝煙がほのかにたち上り、僕はシカたちが走り去っていった尾根の先を見ている。山にはまだかすかに先ほどの銃声が木霊している。 状況はこうだ。 川向こうの斜面に6頭ほ

続きを見る

ホンダのN-VANが狩猟車に良さげと思ったら微妙だった件 (´・ω・`)

2018/07/16 | 狩猟車・猟用車

軽バンというジャンルの車にはやはりなんとなく惹かれるものがあります。僕自身軽バンで狩猟をやってる軽バン乗りだというのが大きいのでしょう。 その軽バンというジャンルに、ホンダがN-VANと

続きを見る

空気銃でカモが獲れない時は小さい水域を回ってみようというお話。

2018/07/12 | 狩猟よもやま話

僕が空気銃猟を始める前、次が7年目の猟期なので、8~9年ぐらい前のお話。 その頃にも少ないながらも狩猟関連のブログ…というかサイトはいくつかあって、参考にしていました。今はもう更新が

続きを見る

出猟一回あたりのコストを確認してみた(初版)

2018/07/06 | 狩猟よもやま話

どんな趣味を楽しむにしても、コスト面を度外視するというわけにはなかなかいきません。それは狩猟も同じです。 猟銃や免許の取得には金銭面だけでなく、労力や時間といったコストだってかかります。

続きを見る

【閲覧やや注意】一人称視点のシシ襲撃動画でもしもの場合に備える

シカ童貞は数年前に脱しましたが、シシ初体験はまだのspinicker。当地はシカばっかですからねー。(´・ω・`) シシの多い地域はうらやましい反面、それだけでもないなと思うのは、やはり

続きを見る

心の予行演習。あなたは白鹿を撃てますか?撃てませんか?

2018/06/18 | 狩猟よもやま話

表題は以前、「他の猟師たちはどうなんだろうか?」と思い立って、Twitterでアンケートをとってみた内容です。 全身まっ白な鹿といえば、日本では神の使いとか言われたりしています。その

続きを見る

猟場選びに迷ったら。地名から見るその土地の特性

2018/06/09 | 狩猟よもやま話

大多数のハンターにとって、新たな猟場を開拓するのは楽しい作業。「あー新猟場探すのダルいなぁ」ってハンターは少ない…はず。たぶん。(´・ω・`) けど、長いハンター生活。開拓しても開拓

続きを見る

僕が猟期前に「今猟期の目標!」を挙げなくなった理由

2018/05/29 | 狩猟よもやま話

早いもので、九州四国はもう梅雨に入ったんだとか。猟期終わったのはほんのこないだなのに。光陰さんマジ矢のごとしwwパネェwww 今が5月末、もう言ってるうちに6月ですよ。当地では7月の末

続きを見る

シューター気質とハンター気質。どっちかと言えば、貴方はどちら?

2018/05/25 | 狩猟よもやま話

長年…と言うほどじゃないけど、7年目ともなると結構いろんなところでいろんな銃猟関係者と知り合いになるものです。 最初のうちは特になんとも思ってなかったんですけど、あっちこっちで話をしたり

続きを見る

狩猟関連失敗談その8 獲物が複数いる時に考えるべきこと

2018/05/19 | 狩猟関連失敗談

キャリアが何年あっても、初めてのシチュエーションとか、めったにない状況に遭遇した時には、すぱっとベストな行動をチョイスするってのは簡単なことではありません。そうありたいんですけどね、これがなか

続きを見る

心に残る狩猟シーン2 猟犬の野性を見た日

うちの猟隊には猟犬が二頭いる。 一頭はベテランの紀州犬。白い。 もう一頭は現在1歳半の、まだ子供と言っていいほどの若い犬。 当然、猟の経験も乏しい。黒いけどこれで

続きを見る

あるとないとでは大違い。これが猟犬用GPS端末「ドッグナビ」だ!

2018/05/14 | 猟具・猟装

狩猟をやっていると装備の追加・更新等は避けられません。 まぁ、その頻度や物の質をどうするかによって出費はある程度コントロールできるとは言っても、代替品のないようなツールに手を伸ばすとなる

続きを見る

使わなくなった猟具たち その4-チェストリグ

狩猟免許を取得して一期目のこと。 狩猟を開始するにあたって猟装はどうすればいいかと考えていた僕は、まずサバゲーの冬用っぽい装備を参考にしました。同じような形をした同じようなものを手に山野を歩いた

続きを見る

大物の銃猟には必須?「獲物がいた場所」を知っておく必要とその方法

2018/04/30 | 狩猟よもやま話

銃猟は「撃って当てればそれでおしまい」というわけではありません。しとめたとしても、獲物を持って帰るまでにはするべきことがまだいくつか残っています。 さしあたっては「回収」ですね。まぁ脱砲

続きを見る

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑