猟場選びに迷ったら。地名から見るその土地の特性

公開日: : 狩猟よもやま話

鹿イラスト

大多数のハンターにとって、新たな猟場を開拓するのは楽しい作業。「あー新猟場探すのダルいなぁ」ってハンターは少ない…はず。たぶん。(´・ω・`)

けど、長いハンター生活。開拓しても開拓しても効果が出なかったり、逆に候補地がいっぱいあって取捨選択に迷うようなことだってあるでしょう。

そんな時は、ひとつの目安として「地名を参考に探してみる」といいかもしれません!(・∀・)

スポンサーリンク

地名は地勢を表す(表さないこともある)!

たとえば、奈良県の桜井市に「鹿路(ろくろ)」という地名があります。しかのみち。

猟場選びに迷ったら。地名から見るその土地の特性

国土地理院地図で見るとこんな感じで、Googlemapの空撮で見ると

猟場選びに迷ったら。地名から見るその土地の特性

なんか色合いが分かれてるけど、こういう地勢の土地です。

実際、このあたりにも下見に行ってみたことはあります。確かにシカの痕跡は豊富で、昔からシカの多い土地だったのかな。などと、江戸時代か平安時代か、いつの時代に名付けられた地名かはわかりませんが、この名がついたいにしえの時代の風景に思いを馳せてみたり。山が険しくて猟場にはしませんでしたが。(´・ω・`)

猟場選びに迷ったら。地名から見るその土地の特性

では、地名に「猪」という字が入る土地を探してみると、愛知県の北設楽郡豊根村に「猪古里(いのしごり)」という地名があったり、三重県の伊賀市には「猪田(いだ)」の地名が。探しゃもっともっとあるでしょうね。

今はどうかわからないけど、昔はシシが闊歩してたんだろうなぁ。と容易に想像できたりできなかったり。

まぁ、鹿や猪の文字が入ってるからといって必ずしもその動物がわらわら歩いてたと限ったわけではないでしょう。

ためしに「熊」で見てみると、

もちろん熊の出現や生息に関わりのある地域の可能性もありますが、古代から続く地名である場合は、大部分がクマ=隅の意味で、辺境や周縁を意味したと思われます。

http://d.hatena.ne.jp/hojo_lec/20091202/1260877732より

という記述も見られます。

なんとなく熊は特別な気がしますが…その字が入ってるから有望、とはならないって点では同じかと。

やはり、猟場は地図と足と勘をたよりに探し歩くのが一番。

でも、迷いが出た時には、その土地の地名を気にしてみると、鉛筆転がしたり棒を倒したりするよりはいい猟場に当たる確率が上がるんじゃないでしょうか!(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

通りがかると90%以上の確率でシカがいる地点の地勢はこちらです

通りがかると90%以上の確率でシカがいる地点の特徴はこちらです

グループ猟の行き帰り、早朝か夕方に通りがかるとほぼ確実に、といっていいほどシカを見かける場所がありま

記事を読む

冬の鹿

疑問解決!貧相な冬の針葉樹林でシカは何を食べているのか?

昨年から装薬銃での大物猟をするようになって冬山にも分け入るようになりましたが、入れば入るほど

記事を読む

効率なら最強の流し猟。狙うべき林道・見るべき地形はここだ!

今日はどうしてもシカを獲りたい! なんて日もあります。ただ単に猟欲がたぎってるだけだったり、

記事を読む

血痕

大物の銃猟には必須?「獲物がいた場所」を知っておく必要とその方法

銃猟は「撃って当てればそれでおしまい」というわけではありません。しとめたとしても、獲物を持っ

記事を読む

ストロング猪

まるで刃物。画像で見るイノシシの牙の切れ味。

大物猟をやっていると一度や二度は耳目に触れるであろう、猪アタックのおそろしさ。 幸か不

記事を読む

6粒9粒

バックショット(大粒散弾)禁止?日本猟用資材工業会の見解はこちら

銃猟をやっている人であればこれまでにも耳にしていたであろう、バックショットの使用制限に関する

記事を読む

狩りバカ日誌2016年11月18日

たとえばこんな休日を。もし、あなたがハンターになったら(空気銃編)

5:00 起床 前回の装薬銃猟に続き、今回は空気銃の単独猟。 本日の日の出は6:55。日

記事を読む

カルガモ親子4

カルガモ子育て中!

散歩中のこと。 ハンターの習性とは悲しいもので、たとえそれがただの散歩だとしても、池の傍にくると水

記事を読む

シューター気質とハンター気質。どっちかと言えば、貴方はどちら?

長年…と言うほどじゃないけど、7年目ともなると結構いろんなところでいろんな銃猟関係者と知り合

記事を読む

筆毛ガモ

鴨臭さの原因、埋没した筆毛を除去する方法

猟期も終盤に入ってくると、『筆毛』の目立つ鴨が多くなってきます。『棒毛』とも言いますね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑