「 食べる 」 一覧

エノコログサ(ねこじゃらし)が香ばしかったのでコーヒーにしてみた。

なかなか新しい仕事についていけずあたふたしているうちに、気がつけばもう10月。それも言うてるうちに中旬。今年は涼しくなるのが早いってのもあって、世間はすっかり秋。彼岸花も色あせて、猟期はもうす

続きを見る

営業時間2.5時間、日曜休み。山城の隠れ名店「俺のラーメン あっぱれ屋」へ行ってきた。

2020/08/25 | BC級グルメ

移住してきて気づいたんですが、山城エリアって南河内エリアよりなんか僕の好きな食べ物のお店が多いような気がするんですよね。長い間暮らした地元ってことで逆に見落としてるってこともあるんだろうけど。

続きを見る

昼とは違う注意点も。今が旬のテナガエビを今度は夜釣りで釣ってきた。

2020/06/24 | BC級グルメ

猟期が終わり、獲って食う生活から離れること3か月強。毎年だいたいこれぐらいの時期に禁断症状が出てくるんですよね。 そしてこの時期はちょうどテナガエビ釣りのベストシーズン。また今年も大和川

続きを見る

牛乳好き必見。日本で四か所しか作れない「特別牛乳」を飲んでみた。

2020/06/10 | BC級グルメ

子供のころから、飲まない日の方が少ないってぐらい、牛乳が好きです。 今でも週に3Lは飲んでいます。一年は週になおすと52週間ほどになるので、年でいうと150L強。ここまでの生涯だと優に2

続きを見る

車中泊猟の夜長を利用して焚き火のそばで今話題の「蘇」を作ってみた。

日没を過ぎると(原則)発砲禁止。銃猟ハンターにとっては常識です。 家から通っているのであれば、他の作業にでもかかっていない限りその時点で帰宅を開始するわけですが、これが車中泊猟だとそうは

続きを見る

鹿カツが超簡単に!つなぎの小麦粉・卵なしで揚げられるパン粉はこちら

あまりシシのいない当地では、僕のスタイルだとよく獲れるのはシカ(散弾銃)とカモ(空気銃)。まあいないと言うよりは単独猟で獲りやすいところには少ない、って感じですが。 ジビエのシカとカモ、

続きを見る

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイ(大泉緑地産)を食べてみた。

秋も深まって参りました。11月1日から猟期に入る地域では残すところ一か月。北海道はもう明日からですね。僕の場合、猟以外の遊びに興じられるのもあと一か月だけです。猟期に入れば休日はもう猟以外何も

続きを見る

鹿肉の生姜あんかけを作ってみた。

このところ鹿の竜田揚げを気に入って何週か連続で作ってまして。すると思うのですよ。味はいいんだけど揚げ物はやっぱり片づけ面倒だなー、と。 関連記事:ジビエ×文明の利器。電気フライヤーで鹿の

続きを見る

そのへんのヤマモモでヤマモモ酒を作ってみた

冬になると鉄砲しょって獣を追う生活を送っているspinicker。冬以外は何をしているのかといえば、やっぱりそのへんで何かとって食べて遊んでいます。猫じゃらしの実とか。テナガエビとか。Gとか。

続きを見る

どちらが美味いのか?豚とイノシシを食べ比べてみた。

過去にもシシを食べたことはあるんだけど、それらは言わばすべてもらい物。今年の1月2日に撃ち止めたのが自前で初めてのシシだったので、myシシを食べたのもその日が初でした。 メスのドンコかフ

続きを見る

あなたの街でも食べられる?プロ料理店が提供する「全国ジビエフェア」

2019/01/18 | 外食

僕の場合は猟期にはジビエを獲ってくるだけで、食べるのは猟期が終わってから。というのが今までのパターンでした。 今期そこにちょっと変化が出たのが、自前のシシを手に入れてから。最高の肉質と言

続きを見る

不思議食感の変わり種。君は一世を風靡した「井上鍋」を知っているか?

2018/09/06 | BC級グルメ

なんだかんだ言ってるうちに、まもなく9月半ばにさしかかります。 例年どおりであれば、あと数週間でコガモたちがカモ類の先陣を切って渡ってくることになるでしょう。 季節は夏から秋、そして冬

続きを見る

あなたが主役!BBQの実用+パーティグッズにタクティカルエプロン!

2018/08/02 | 料理

8月に入りました。もうあと半月もすれば盆休みですね! 指折り数えて待っている人も少なくないことでしょう。 僕はとりあえずバイクで琵琶湖一周に行くのはすでに予定しているものの、それ以外の行

続きを見る

鹿背ロースのアロゼ バルサミコソースを作ってみた。

アロゼとは、 アロゼ(〈フランス〉arroser) 《「水をまく」の意》料理で、ソースやシロップなどを上から振りかけること。また、肉や魚に油を振りかけながら焼く料理法。

続きを見る

生存率アップ?昆虫食の通販でポストアポカリプスに備える

「ショットガンを所持している人の95%が、この世がゾンビだらけになった場合のことを想像してみたことがある」というレポートがCIAから報告されたことがあります。 …まぁ、嘘なんですけどね。

続きを見る

あまり味の評判を聞かないヨシガモを食べてみた結果。

もう最近では目標を設定しないようにしてるんですけど、以前は猟期前に「今猟期の目標は○○!」って感じでいろいろ挙げてました。 で、そこでよく言ってたのが「今までに獲ったことのないカモを獲る

続きを見る

お手軽でおいしい!みんな大好き卵かけご飯の食べ方を研究してみる。

このブログは狩猟がメインテーマということで、基本的には男性向け、それも僕とだいたい同世代が読むことを想定したような感じになっています。 ということで、内容もほぼ既婚者を意識したもの。既婚

続きを見る

今、解かれし封印。2014年に射獲した四年ものカルガモを食べてみた

去年の10月に「大丈夫?真空パック済み冷凍ジビエ(鹿肉・二年もの)を食べてみた」という記事をupしまして、結論としては「ぜんぜんいける!」という結果になりました。 それはそれで一段落

続きを見る

ジビエ×文明の利器。電気フライヤーで鹿の竜田揚げに再挑戦してみた

シカって脂乗ってないよな…(´・ω・`) 本州で猟期のみに狩猟をしているハンターにはそういう認識を持っている人が少なくないでしょう。 実はシカの旬は緑の豊富な晩春~初夏あたりで、有害と

続きを見る

鮮やかに蘇る日本昔めし。奈良パークホテルの宮廷料理「天平の宴」

2018/04/10 | 外食

拙ブログを訪問してくださっている奇食珍食好きの皆様方、こんにちは! スギ花粉に続いておそらく今年からヒノキ花粉症にも対応済みになったspinickerです。ふざけんな。(・∀・) ハ

続きを見る

ジビエ料理に好適!猟師が買うべき低温調理器、ヨーグルトメーカー!

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを買いました。(・∀・) 牛乳にスターター(種菌)となるヨーグルトを入れて、温度と時間を指定してスイッチを入れるだけでヨーグルトが

続きを見る

お味はいかに!? おいしいと噂のアナグマを塩焼きで試食してみた

ハンター間で肉を融通しあうことはわりとあります。デッドストックのカモ肉をカモ好きハンターに引き取ってもらったところ、お返しにアナグマ肉がうちにやってきました。歓迎━━(゚∀゚)━━光臨!!!

続きを見る

BBQ・鍋のウケ狙いにも。鹿でも猪でもない上級者用ジビエはこちら

秋の行楽シーズンも後半戦。ここから先は屋外でのバーベキューなどはちと厳しくなってくるでしょう。寒いですからね。(´・ω・`) 他方、これからおいしくなってくるのが鍋料理。こんなブログに来

続きを見る

大丈夫?真空パック済み冷凍ジビエ(鹿肉・二年もの)を食べてみた

狩猟を始めた当初、獲れる得物はそう多いものではありませんでした。 しかし、何年かやっているうちにちょっとずつ獲れるようになってきて、またハンターの知り合いも増えてきたことから、じわりじわ

続きを見る

珍味好きのハンター達へ。君は「タイガーナッツ」を知っているか?

2017/07/23 | BC級グルメ

僕は常々ハンターって人種は「珍妙な食物」が好きな人が多いと思っています。昆虫食をたしなむ人とか。僕もそうですけどね。( ̄ω ̄) 野山で仕入れてくるシシやシカやカモのようなジビエなんかも珍

続きを見る

大阪でジビエ料理といえばここ。「なんば赤狼」で鹿を食らってきた!

2017/07/09 | 外食

我々猟師は日常的に獲物の肉、ジビエを食べているわけですが、前々から気になっていたことがあります。 それは「プロの料理店で出すジビエ料理ってなんぼほどうまいんだろうか?」というところ。

続きを見る

ジビエ認証制度の創設を機にジビエの流通について再考してみる

農林水産省が、ジビエ活用促進の目的で、ジビエの認証制度を創設するそうです。 「ジビエ」認証制度創設へ 農水省、品質管理と有害鳥獣対策の“二兎”追う(産経ニュース) 農林水産

続きを見る

市販のから揚げ粉で鹿のイージーから揚げを作ってみた。

猟期中は獲る方に専念していてあまりジビエを食べることのない僕。猟期が終わって一段落したこれからがジビエシーズンの開幕です。 今シーズンの先頭バッターは鹿のから揚げ。市販のから揚げ粉を使っ

続きを見る

ハンターならできて当然?焼肉・ホルモンの部位がわかる食肉パズル!

2017/04/03 | 料理

仲間でワイワイも嫌いではないですが基本単独行動の僕。メシ食いに行くのも旅に出るのもほぼすべてと言っていいほど単騎です。草野球とか巻き狩りとか一人じゃできないのはまた話が別ですけどね!

続きを見る

【グロ注意】所要5秒。ウサギの内臓を一瞬で抜く方法がすごい

まだしとめたことがないけど、おいしいという話を聞いているのでしとめたい、食べてみたいという狩猟鳥獣はいくつかあります。アナグマ、タシギ、ヌートリア。ぜひ食べてみたいですねぇ、このへん。

続きを見る

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑