*

「料理人のためのジビエガイド」書評!

公開日: : 最終更新日:2015/01/22 書評

もうすぐ猟期、というのは口が酸っぱくなるほど言ってることですが、実はもうすぐ僕の誕生日でもあるのです。あーやだやだ、またひとつ年をとってしまう。最近はおっさんへの階段を二段飛ばしで上がってるような気がします!

そんなこんなで、自分へのプレゼントとしてぽちったのがこの本。

料理人のためのジビエガイド01

「料理人のためのジビエガイド(柴田書店)」です。ちなみにお値段3456円! たっけぇ! けど、年に一度のことだ、よしとしよう(震え声)。

さて、3456円もしたこの本。胸を張っておすすめします!

・・・と、言いたいところだったのですが、微妙です。 (´・ω・`)

というよりは、僕は料理人というよりはまずハンターなんで、ハンター視点で見るからなんでしょうかね。

確かに鴨や鹿なんかの解体や熟成方法、それらジビエを使った本格フレンチ・イタリアンのレシピは見応えがあります。写真もきれいです。が、その対価が3456円というのはいささか高すぎです!

そしてなにより気になるのが、書籍前半部分の、各狩猟鳥獣の特徴や捕獲法が掲載されているところ。よく調べたな、というところもあれば、「えっ、マジすか ( ;゚Д゚) 」てなこと書いてるところもあります!

たとえば28ページの「◎熟成方法」のところには

マガモに限らず鳥類にはノミが寄生しているため

とあります。それ以降にも何度も出てくる記述ですが・・・そんなの見たことありません。もしかして見落としてるだけかな、僕が。

いやー、ハトやらなんやらを含めると今まで獲った鳥は10や20どころじゃないしなぁ。ことごとく見落としてるってのは考えにくいように思うんだけど。よっぽど小さいのかな?

これだけならまだしも、他にもいろいろ挙げられます。おもだったところでは、64ページ「ホンシュウジカの狩猟方法」の

一つの山で30~50ヵ所にわなを仕掛けて

とか。違法ですねこれ。鳥獣保護法の法第十二条第一項第三号において、30ヵ所までと定められています。

あとは日本雉を扱った47ページ「熟成が向く肉」では、

食用にするならメスがいいだろう。

とあります。メスキジの捕獲は違法! ・・・と言いたいところですが、これはきわどいですね。実はメスキジの捕獲は放鳥獣猟区でならOKなのです。一般的でないのは確かですけどね。

・・・などなど、細かいところは他にもありますが、ハンターがこの本に書いてあることを鵜呑みにして狩猟をするのはどうかな、ってとこがちらほら。

まぁ、ちゃんと狩猟免許を取得してきっちりやってる人は大丈夫でしょうけどね。でもこの本を読んだのがきっかけで狩猟に興味を持って、なんて人は気をつけた方がいいかも。ってとこです。

前半の狩猟に関するパートはちょっと雑で、後半の解体法&ジビエ料理メニューはいい出来。良くも悪くも「料理人のための」本ですね。

反面、ハンターが3456円も出して買い求める値打ちがあるかどうかといえば・・・うーん。その人がどれだけお金持ちか次第でしょうか。

個人的評価 ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10点)

この本を買う前に戻れるとしたら、僕なら買いません!

以上、「料理人のためのジビエガイド」書評でした! m(_ _)m

・・・それはそうと、本当にカモにはノミがついてるのかな。気になって仕方がない。(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

どんぐりノート

「ひろってうれしい 知ってたのしい どんぐりノート」書評!

秋という季節はいろんな言葉で修飾される季節。「読書の秋」だとか「スポーツの秋」だとか。「天高

記事を読む

うまいぞ!鹿肉

「うまいぞ!シカ肉」書評!

猪の肉(シシ肉)がおいしいのは有名、だけど鹿の肉ってのはちょっと評価が分かれる。うまい個体は

記事を読む

哺乳類のフィールドサイン観察ガイド内容

「哺乳類のフィールドサイン観察ガイド」書評!

ハンターになるまではそれほど意識しなかったことですが、ハンターになってから注意しながら猟場を歩いてい

記事を読む

狩猟専門誌「けもの道」

狩猟専門誌 月刊「けもの道」書評!

狩猟人口の減少を受けて、かつての狩猟専門誌「狩猟界」が休刊になったのが2009年。その跡を継

記事を読む

山歩きの必携図鑑

「新 ヤマケイポケットガイド④ 山菜・木の実」書評!

むかしむかしあるところに居たという、いわゆる職業猟師、本物の猟師は普段から山里、あるいは山中

記事を読む

山怪

「山怪 山人が語る不思議な話」書評!

山を歩く、それも休日の明るい登山道などではなく、薄暗い森の中で単独忍び猟なんかをしていると、時として

記事を読む

河内地方

猛虎弁マスターにも最適。「河内弁大辞典 やぃ われ!」書評!

おとんがテレビに映ったAKB48のライブの様子を見ていた時。 おとん:のつこつする

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑