2014年猟期用ボディ、完成!

公開日: : 最終更新日:2015/01/22 狩猟よもやま話

猟期用ボディ01

あと3日。もうこのあたりになってくると、散歩の時間が近づいてきた犬みたいにソワソワしている今日この頃です。

今シーズンから参加するであろう大物猟、装備一式を背負った状態での山歩きに備えて登山やジョギングをくり返してきました。ここまでしたのはハンターになって初めてのことです。

振り返ってみれば、今年3月の鹿猟見学の際の山歩きで師匠についていくのがやっとだったのがきっかけでした。

あの時の師匠は普通に歩いていたのでなんとかついていけたのですが、急ぎ足になったらついていけなかったであろうというのは自分の息の切れ具合ですぐにわかりました。

自分の父親ほどの年齢、しかもこっちはほぼ手ぶらなのに対して師匠はライフル装備一式を背負った状態。狩猟をなめてました。そしてショックでした。自分の体はここまでなまっているのか、と。

こっちはまだ40にもなってないんだ。これでも高校時代は厳しい硬式野球部で鍛えてたんだ。俺だってハンターなんだ。ちくしょう、このまま終わってたまるか!

そんな一心で体を動かしてきました。すべては今シーズン、今猟期のために。

そして、完成しました。これが僕の2014年猟期用ボディです!

2014猟期用ボディ02

おっ、デブぅー!

・・・ふっ。時間が足りませんでした。考えてみりゃ山登り始めたのは7月かそこらだっけか。ちょっと考えが甘かったかな。

でも体重自体は78→70kgにまで落とせたんですけどね、身長が166だからまだまだ重い。もともとガッチリ体型だということを差し引いても。

しかしアレですよ、この画像はちょっと写りが悪い。別の画像だともうちょっとマシです。そう、こんなふうに!

2014猟期用ボディ03

おっ、デブぅー!

・・・orz

チクショウ、同じだった!

ただまぁ、実際けっこう動けるようにはなりました。山には金剛山×6、高見山×1の登山を敢行し、ジョギングは3㎞のコースを週2ぐらいでやってきたわけですから。

最初の金剛山の翌日と翌々日は日常生活に支障を来すレベルの筋肉痛に襲われたものですが、最後の方はもう楽勝。念仏坂ルートならもう登りに1時間かかりません。見た目はアレですが、いちおうの成果をみました!

今年はこのスーパーボディで逆に師匠を置き去りにして、

「あれwwどうしたんすか師匠wwwひょっとしてwもうバテたんすかwww」

って言ってやろうかと思います! ( ゚∀゚)

・・・いや、あの人のことだから今年もまたぶっちぎられそうな気が・・・。負けたらどうしよう。orz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

こける

足元の枝の向きを見れば狩猟中の転倒・滑落防止に役立つ

「狩猟ヒヤリハット体験その2 単独猟、忍び猟で負傷」と「狩りバカ日誌 2015年1月12日(

記事を読む

サバゲー

年齢的に狩猟免許が取得できない青少年にサバゲーを勧める4つの理由。

http://blog.livedoor.jp/missiontaka/より[/caption]

記事を読む

散弾とスラッグ弾

狩猟で一日山へ入る時、弾を何発持って行く?ツイッターで聞いてみた

最近、kenshiという超時間泥棒なゲームに頭のてっぺんまでどハマリしてしまって何事も手につ

記事を読む

ストロング猪

ここらで世界の巨大イノシシを見てみましょう。

狩猟オフシーズンの楽しみ、ジビエ料理。僕は猟期中はあまり獲った獲物の肉は食べないのです。猟期

記事を読む

シューター気質とハンター気質。どっちかと言えば、貴方はどちら?

長年…と言うほどじゃないけど、7年目ともなると結構いろんなところでいろんな銃猟関係者と知り合

記事を読む

猟友おおさか

大阪と大阪近辺の銃砲店情報を、(あまり知らないけど)ちょっとだけ書いてみる。

大阪府猟友会に入会すると、年に一度こういった冊子をもらえます(同時に「日猟会報」という冊子も

記事を読む

先生

獲りすぎ注意!狩猟において目指すべき数は○○ではなく□□である!

今年も2月15日が過ぎ、地域やターゲットによって多少のずれやなんかはありますが、ほとんどの都道府県で

記事を読む

注意

僕が猟期前に「今猟期の目標!」を挙げなくなった理由

早いもので、九州四国はもう梅雨に入ったんだとか。猟期終わったのはほんのこないだなのに。光陰さ

記事を読む

ハンターも気になる豚コレラ。罹患・発症したイノシシの見分け方は?

先日、岐阜県の養豚場において「豚コレラ」の感染が確認され、農水省のサイトにて周知されました。

記事を読む

鷹狩り

これも狩りの一形態。大鷹、ハリスホークなどを使う「鷹狩り」

「日本人は農耕民族である」 というのは一度や二度は耳にしたことがあるかと思われますが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑