*

気持ちを新たに昨年度の狩猟事故を振り返る。狩猟事故2014

公開日: : 狩猟ヒヤリハット・事故

オペ

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。m(_ _)m

年が明けてから年末の狩り合宿のことを2本書いてはいるのですが、あれは去年のできごとということで。ブログ的には今日からが新年という感じがします。(^∇^;)ゞ

ということで、新年一発目?として、気持ちを新たに昨年度の狩猟事故の紹介から。ソースは日猟会報41号。ハンター予備軍の方は参考にしてください。ハンターの方は手元の日猟会報をどうぞ!

狩猟中の自損事故

銃器による自損死亡事故

銃自損死亡2014

これは記憶に新しいところ。確かテレビのニュースにもなったような? なんか銃の自損死亡事故ってライフルがらみが多いような気がします。気のせいかな。

銃器による自損傷害事故

銃自損傷害2014

なるほど、はっはっは。知らんがな。(´・ω・`)

でも下二つの暴発関連は身につまされるところ。山歩き中にバランス崩して転倒ってのは1シーズンに何度かはあります。「薬室に入れておかない」は大切。

・・・そういえば、上下やオートで狩猟してる人はどうやってるんだろう。M870みたいに簡単に弾倉→薬室の操作ができるのかな?

銃器外の自損死亡事故

銃外自損死亡2014

2014年度については水が絡んだ自損死亡事故が多かったようです。

赤で囲んでいるのが正味の溺死。カモの回収もありますね。気持ちは痛いほどわかる。もうちょっとなのに届かないとか、泳いででも取りに行きたくなります。でも特殊な訓練でも受けていないかぎり、着衣での寒中水泳は避けるべきです!

寒い日に指先がかじかんで動かなくなるように、不慣れな者が着衣で寒中水泳をすると「全身がかじかんで動かなくなる」と聞いたことがあります。こうなると泳ぎがうまいとかヘタとか関係ない。カモも大事ですが人命はもっと大事です!

溺死以外にも、水が悪さしたんじゃないかというようなものがちらほら。堰堤の水がかかるとこなんか苔でズルズルですからね。

狩猟中の他損事故

銃器による他損死亡事故

銃器他損死亡2014

気持ちがあまりにも前のめりすぎると周囲が見えなくなってしまうもの。人のことは言えないですけどね僕も。崖崩れで車幅一台分しかない、今にも崩れそうな林道を無理くり通った前科があります。m(_ _)m

確かに、山奥で大物猟をやっていると、オレンジ色が見えたら「人がいる」とハンターならすぐ認識します。

が、ハンターオレンジの服を着ていない、茶色っぽい服装の人が薄暗い森でゴソゴソしていたら? と想像すると・・・こわいなこれは。他人事ではありません。

銃器による他損傷害事故

銃器他損傷害2014

ちがいは被害者が命を落としたかケガでおさまったかだけで、こちらも発生のメカニズムは上と同じですね。

20年、30年、それ以上の経験があってもやってしまうというところを頭に入れておいた方がよさそう。長いキャリアが有益なものだけを生み出すとは限らないわけです。ガチガチの固定観念なんかも副産物として発生してしまうらしい。

獲物の反撃による事故

獲物反撃2014-1
獲物反撃2014-2
獲物反撃2014-3

反撃事故は相変わらずクマとイノシシで8割以上を占めている印象。シシは全国的に、クマも東日本ではどうも生息数を増やしているような具合。

増えているといえば、この中でも二件ほど報告のあるカモシカ。僕も何度か猟場で見たことがあります。他のハンターからも同じような報告があり、少なくとも紀伊半島ではカモシカは増えてきているようです。

あと、気をつけないといけないのが実際に何度か聞いたこともある「シシのタヌキ寝入り」。シシは何かの拍子で気絶することがままあるんだそうです。銃弾が命中しなくても近くをかすめた、とかでも。

上方の古典落語「池田の猪買い」という演目でも気絶したイノシシが目を覚まして走って逃げる、というシーンがあるので、案外昔から知られていることかもしれません。で、ひっくり返ったのでしとめたと思い近づいてみると復活、反撃をくらう、といった次第。

おそろしい事例も載ってますね。治るケガなら辛抱できるし指をかまれるのは仕方ないけどちぎってくれるなと言いたい。ちぎられると治らん。向こうも必死ですね。orz

新たな年を迎え、猟期も折り返しを過ぎました。残りの猟期を安全に、有意義に、楽しく過ごしましょう! (・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ストロング猪

狩猟中の事故紹介その1 獲物の反撃による事故

狩猟にケガはつきもの。ベテランはもちろん、キャリアの短い人であっても、「いや、狩猟でケガなん

記事を読む

救急

狩猟中の事故紹介その2 自損事故事例

狩猟中の事故紹介、その2は「自損事故」。自分で自分をケガさせたり死なせてしまったりした事故の

記事を読む

捜索!

狩猟ヒヤリハットその7 猟銃紛失・見失いはこうして起こる!

猟銃に関するトラブルといえば誤射などの他損事故を思い起こしがちですが、地味に「紛失」というの

記事を読む

注意一秒ケガ一生

瞬時に止血できる新発明「Vetigel」はハンターの救世主となるか?

僕自身は今のところ幸いにも狩猟中に大量の出血をともなう外傷を負ったことはありません。ちょっと

記事を読む

子供は神出鬼没

狩猟ヒヤリハット体験その1 子供は神出鬼没

銃猟ハンターであれば、公道(発射した弾丸が公道上を通過する場合も含む)での発砲は禁止である。

記事を読む

増殖

狩猟ヒヤリハット体験その5 増殖する銃禁

狩猟をする上で注意しないといけない点はいろいろありますが、その中でも上位にくるのが「許可され

記事を読む

餌

狩猟ヒヤリハット体験その6 ハンターと餌付け民

以前にも言った記憶がありますが、たいていの場合、ハンターというものは動物が好きな人種です。動

記事を読む

こける

慣れてきた頃が危険。spinickerのシカ猟中プチ滑落動画2

あと一ヶ月半ほどの山開きを楽しみにしながら昨シーズンの動画を見返していたところ、そのうちup

記事を読む

タイーホ

狩猟中の事故紹介その3 他損事故事例

狩猟事故紹介シリーズ、最終回は自分以外の人間に危害を加えてしまう「他損事故」の事例、日猟会報

記事を読む

こける

狩猟ヒヤリハット体験その2 単独猟、忍び猟で負傷

人間、生きている以上、ケガはつきもの。「ケガなんかしたことない!」ってな人は皆無でしょう。小

記事を読む

Comment

  1. ltchughes より:

     あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

     「20、30年以上の経験があってもやってしまう」と言うより、むしろ経験があるからこそ、やってしまうのでしょうね。
     管理不十分、違反も車の運転と同じで、ちょっとやってみたら問題なかった、さらにやってみても大丈夫だった、、、と、偶然にも問題ない状態が続いてしまうと、それを大丈夫だと勘違いして常習化し、事故につながったりします。どんな年代も気を引き締める必要がありますね。

     上下の中折れですが、折った状態で実包を入れてました。獲物発見で先台を上げ、装填完了と。

     転んだり落としたりしたときにまっすぐになって、衝撃で暴発する可能性もあるんだろうなぁと、見ていてハラハラしました。

    • spinicker より:

      今年もよろしくお願いします。m(_ _)m

      慣れというのはおそろしいもので、僕も自分だけの単独猟の時はちょっと扱いがぞんざいになってきてるように思います。これがいかん。脱砲を忘れたまま歩いてるのに気づいたりしたら自分で自分を殴ることにしています。(♯´・ω×`)

  2. monndou_n より:

    会社では、安全に対してとてもうるさくなって来ています。歩いていて、目にゴミが入ったぐらいでも、報告書ものです。おかげで、現場では常時保護メガネ着用となってしまいましたが…。
    この世界に入ってからの印象なのですが、とても危険な物(猟銃やナイフ)を扱っているのに、扱いが雑だなと。(ここに書き込まれている皆さんはそんな事は無いと思いますが。)
    射撃場で見学させてもらった時に、一瞬でしたが、弾を込めた状態で銃口をこちらに向けられた事がありました。(銃は折った状態でしたが…。)あの感覚は、今でも忘れる事は出来ません。
    生意気を言いますが、講習会では事故事例だけで無く、事故を起こさない為のトレーニングなんかも行った方がいいような気がします。

    • spinicker より:

      たしかにぞんざいに扱ってる人もいますね。(x_x)

      でも目に余る人にはいちおう声をかけますし、それでも直らない人は次第に鼻つまみ者になって共猟にも呼ばれなくなります。

      そういや自動銃を機関開放すらせずに肩に担いで歩いてた人はいつのまにか姿を見なくなりました。こういうのも昔ながらの猟師というか、ハンター歴の長い人に多いようです。もう直らないんだろうなぁ。(-_-)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑