Gよさらば! 格安で効果抜群のゴキブリ対策

公開日: : 最終更新日:2015/01/22 暮らしよもやま話

G

大学生の頃、ゴキ○リに足の指をかまれたことがあります。こんばんは、spinickerです。

あごの力が強いようでかなり痛いうえに、毒でもあるのかというほど腫れました。しかし、それ以上に大きかったのが「○キブリに噛まれた」という精神的ダメージです。地味にトラウマです。orz

誰が言ってたのかは忘れましたが、今年はゴキブ○の当たり年だと聞いたことがあります。言われてみれば、うちのぼろアパート周辺でも、毎日1つや2つはあたらしい死骸が路面にひっついているのを見かけます。

それに比例するように、僕の部屋でもよく姿を見かけるのです。それはもう、おなじアパートのどこかがゴミ屋敷にでもなってるんじゃないかというほど。3匹同時に発見したこともあります。

「ハンターやってるくせにゴキ○リがこわいのか」と言われそうですが、Yes,sir! あとはクモ類も超苦手でございます。

--夜、のどの乾きで目が覚め、麦茶でも飲もうかと台所に行って電気をつけると・・・ぃぃぃぃぃいいぃぃやあぁぁああぁぁぁぁぁ!

誰にでも一度や二度はそんな体験があるはず。今日はうちの部屋で実績抜群、○キブリを見かけなくなる方法を伝授いたします!

それではまず、キッチンのシンク下を見てください。うちではこんな感じになっています。

シンク下対策前

排水用のパイプがシンクからずーーーっと下りてきて、戸棚部分の床を突き抜けてさらに下りていきますが、床部分とパイプの間にすき間があります。奴らはどうやらここをメインの出入り口としているようなのです。

事実、追い詰めたゴキ○リがこの中に入っていくのを見た回数が1回、この穴から触覚が出てふりふりしているのを見たのが1回あります。あと、撮影時には取り除いてありますが、糞も散乱してました。(黒い大きな物体は、その糞をねずみのものだと誤認して設置したねずみとりです)

そこで・・・

シンク下対策後

穴から殺虫剤をしこたま噴入してやったあと、このように奴らの出入り口をガムテでふさいで通れなくしてやります!

この対策をほどこしてから今日で10日ほどになりますが、梅雨が明けたあたりからは少なくとも週に4、5回のペースで遭遇してたのが、まだ一度も姿を見ていません。かかった費用は殺虫剤3プッシュぶんとガムテープがせいぜい15cmぶん、合計で10円するかしないかです。

オペレーションG、これにてミッションコンプリートです! ( `・ω・´)b

※それでも改善しない可能性もあります。その際は、あきらめてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狂鹿病

日本に来ませんように…。鹿がゾンビになる奇病「狂鹿病(CWD)」米で蔓延

先ほどひりぴん旅から帰国したspinickerです。真冬の日本から常夏の国への旅は余計な荷物

記事を読む

セミ幼虫捕獲時間

セミ幼虫の採取は時間帯に注意!夏の夜は○○昆虫のパラダイス!

先日、セミの幼虫を食べてみて「おいしいと噂のセミの幼虫を素揚げにして食べてみた結果。」という

記事を読む

山賊ダイアリー終了

【悲報】山賊ダイアリー、連載100回で終わって始まる【朗報】

狩猟をメインにした大人の趣味ブログみたいな感じでやってる僕のブログ。 こんなブログに来

記事を読む

シカいっぱい

一猟期一善。Tポイント寄付で貢献する生物多様性。

僕が小さい頃の南河内は今よりもっと雪が積もった記憶があります。積雪で小学校の1,2時限目が雪

記事を読む

ツナ缶

天才か。缶切りなしで缶詰を開ける超単純な方法。

あってほしくないことですが、狩猟で山へ入る時には一応、非常事態への備えは持って行ってます。

記事を読む

ピラミッド

現代技術でピラミッドは作れるか?スーパーゼネコン大林組の本気。

昔には作れていた物が、技術が失われて今では作れなくなった。というものがこの世にはあるそうです

記事を読む

ハンター川柳

僕も入賞しました。株式会社ハイク主催、ハンターあるある川柳大会!

「狩猟」「狩り」といった単語をぼちぼち見聞きするようになった第一次狩猟ブーム(と、僕が勝手に

記事を読む

事故物件マップ

もしかしたらあなたの部屋も…?一目でわかる全国事故物件マップ

4月も下旬にさしかかっていますが、4月といえば新生活が始まる時期。マンション・アパートの部屋

記事を読む

ロング・ロード・ホーム

ロングロードホーム鑑賞前に。バグダードバーニングで見るイラク戦争

最近ナショジオを見ていると、「ロング・ロード・ホーム」という新番組の番宣をよく目にします。

記事を読む

シカ問題

増えすぎたシカが引き起こす問題を、神奈川県の資料から学んでみる。

日本においては、狩猟をしない人がほとんど。最近、テレビなどでシカの増殖問題が時々取り上げられ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑