見つけないと撃てない。僕がシカを発見する時に見ているのはここだ!

公開日: : 狩猟よもやま話

集落内に現れたシカの群れ

2023年度の猟期が始まって二十日あまり。早いようなそうでもないような。皆様、獲物には恵まれておいででしょうか。(・∀・)

僕は今期は調子よくて、現時点ですでにシカ7つほど転がしています。移住してきて3年たってぼちぼち獲物の居所もわかってきた。というのもありますが、やましろちほーはシカに関して言えばだいぶ増えてるように思います。そのおかげが大きいかな。出猟すればほぼほぼ鳴らしています今のところは。よく見かけるんだもの。

もうひとつ言及するなら、ハンター始めて11年目。獲物を発見する目がだいぶ養われてきた。てのを最近ちょっと自覚している自分がいます。我ながらよく見つけたな、ぺーぺーの頃なら素通りしてただろうな。そんなシチュエーションで気づいたシカもあって、やはり成長するものですね人間!

そういうちょっとしたコツのようなものがおぼろげに見えてきた気がするので、シカ限定になりますが、今日はそのへんを軽く取り上げてみることにしましょう。

居そうな場所には居そうな雰囲気がある

たとえば、はじめて入った山でも、なんとなく「このへんは怪しいな」と勘がはたらくことがあります。

”勘”とは「言語化できていない経験則」だという意見がありますが、おおむね同意できます。

僕の場合は、その場所にシカがいることを鮮明にイメージできる場所。なぜイメージが鮮明かといえば、そんな感じの場所で過去に繰り返し繰り返し遭遇しているから。少し開けた感じの日当たりいい雑木の疎林。冬場なら近くに笹があればなおよし。

薄そうな場所に神経割いても効率よくない、濃そうなところにリソースを集中!

まず前提として、そういうところに差し掛かると、アンテナをMAXにして進入します。

広がった耳

図にしてみました。下手です。だがそれがいい。なまじ上手いよりは下手な方が、伝わった時にめっちゃ言ってることがわかってもらえるはず。

まず、一番目を引く、足が止まるのが左右に広がった耳。同じぐらいの大きさの耳が斜め上方に、左右対称に展開されている形状ってのは、山の中では案外目立つものです。他にそんな形状のものってあんまりないから。

シカがこの状態の時ってのはこっちに気づいて注意しているんだけど、それでも射程距離内で様子をうかがってることも少なくないので、射獲できる目も十分あります。

倒木っぽいけどよく見るとしっとり質感の胴体

次。胴体。頭とかケツとかが木々に隠れて胴体だけ見えてるってケースもよくある。

遠目だと、うーん。岩かな、倒木かな? と、双眼鏡をのぞいてみると、岩や木にしてはなんかテクスチャの質感が違う…。…ん、毛皮! シカ! ( ゚Д゚)

縦のラインが多い疎林において、それっぽい横のラインとして目に入ってくるのも違和感たりえます。

独特な間隔で並んでる四本の脚

これは同じぐらいの太さの灌木が集まってるエリアでは難しいけど、たとえば下草のとぼしい植林帯の中であれば、

ヒノキ ヒノキ ヒノキ ヒノキ 細い四本の木っぽいの ヒノキ ヒノキ ヒノキ

みたいに見えたりして、これもやはり違和感としてアンテナにひっかかる一因です。

黒く縁どられた白い尻毛

確かに山中においてあの白い毛はよく目立つけど、その周囲が黒々とした毛で縁どられていることによって、さらにシカの尻としてこっちの認知センサーが反応します。

これがポンポン跳ねて行ってる時は気づかれて逃げて行ってる時なので、その状態でいちかばちか撃つよりは、射程距離内で立ち止まってくれることを期待した方がましかな。まあでもそうなると8割方逃げられる印象。

では、これらをひとつにまとめてみると。

どうでしょう。下手なくせになかなか特徴つかんでないですか? まあまあ説得力あるでしょう? (´_ゝ`)

以前から言ってることですが、最重要猟具はガソリン。山へ行かないと始まらない。何度も何度も、足しげくフィールドに通ってれば嫌でもなんか気づきます。

で、山へ着いたら、自分の目を補ってくれる双眼鏡の出番。視野が広くて明るい防水のやつがいいでしょう。気になったところ、違和感の正体をクリアなレンズで確認。歩く。確認。その繰り返しです。

たいていのところでシカの増加傾向は続いていくと思うので、ハンター目線ではチャンスといえばチャンス。発見できる目を養って猟果へとつなげていきましょう。

Xやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

夏の猟場

苦労の多い有害鳥獣駆除。盛夏の猟場を歩いてみた。

来年からはもしかすると有害鳥獣駆除のメンバーに入るかもしれない。受けるか受けないかはまだ決めてないも

記事を読む

クマー

日本史上最悪の獣害「三毛別羆事件」のwikipediaが恐ろしすぎる件

今年の6月に秋田県で4名がツキノワグマに襲われて死亡、その一部が食害されていた。という事件が

記事を読む

林業用アシストスーツ

狩猟にもOK?山中の歩行を支援する”林業用アシストスーツ”実用化へ

狩猟のなかでも、銃猟といえば空気銃猟と装薬銃猟に分けることができます。どっちが上だとか下だと

記事を読む

猟友おおさか

大阪と大阪近辺の銃砲店情報を、(あまり知らないけど)ちょっとだけ書いてみる。

大阪府猟友会に入会すると、年に一度こういった冊子をもらえます(同時に「日猟会報」という冊子も

記事を読む

メガネ

猪の視力=0.1程度。彼らから人間はどう見えているのか?

狩猟を始める以前に、動物の一般知識として「獣類は視覚がよくないかわりに聴覚や嗅覚が鋭い、鳥類

記事を読む

yeah!

次の猟期が待ちきれない人に送る、ちょっと早く解禁を迎える方法

もう言ってる間にお盆ですね。お盆といえばうちの支部では狩猟者登録申請の時期です! なんだかん

記事を読む

狩猟者登録書類

朗報! 狩猟税が免除or軽減されるかも・・・?

2014年11月5日付けでヤフーニュースに次のような記事が出てました。 <環境省>狩猟税廃

記事を読む

山村

これも狩猟の楽しみ。新規開拓予定の猟場へ下見に行ってきた。

好天にめぐまれた日曜日。峠を車で元気いっぱいに走るのが趣味の知人から「猪や鹿をしょっちゅう轢きそうに

記事を読む

通りがかると90%以上の確率でシカがいる地点の地勢はこちらです

通りがかると90%以上の確率でシカがいる地点の特徴はこちらです

グループ猟の行き帰り、早朝か夕方に通りがかるとほぼ確実に、といっていいほどシカを見かける場所がありま

記事を読む

ちくしょう!

先猟期に逃した射獲チャンスを振り返って再認識したこと

相も変わらず休みの日はほぼ家から出ずkenshiで遊んでいるここ最近。四十すぎてまさかゲーム

記事を読む

Comment

  1. 学生A より:

    いろいろと参考になる情報をありがとうございます。初猟期だと言うのに、ゼミとレポートはかりで射撃練習しかできていませんが……

    • spinicker より:

      そっちの方が大事ですよ。猟はいずれ存分にできる時が来ることでしょう。その日までは学業優先してください。(・∀・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑