【宇宙ヤバイ】人工衛星からのリアルタイム映像が見れる動画三つ

公開日: : 暮らしよもやま話

星空

搬出や解体の手間を考えて、大物猟はあまり日没直前まではやらないのが一般的。あっというまに暗くなる山中でのそういった作業はいろいろと難儀だからです。

なので獲れても獲れなくても夕方前には一段落ついているのですが、そこから解体に精肉、狩猟談義や銃談義でワイワイしていると、山小屋を後にする頃にはもう一番星が出ている。という場合も少なくありません。

それぐらいの時間帯に空を見上げた時、小さな光点がすーっと空を横切っていたら、それはおそらく地球を観察している人工衛星。データ収集のためにおはようからおやすみまで暮らしを見つめる宇宙の旅人です。彼らの機械の目にはどんな光景が映っているんでしょうかね。

スポンサーリンク

ISSリアルタイム映像

それを視聴できるのがyoutubeのリアルタイム動画"Earth From Space"。国際宇宙ステーション(ISS)が撮影している動画をリアルタイムで見ることができる、男の子の浪漫が詰まった動画チャンネルです!

まずはこちら。宇宙飛行士が装着しているウェアラブルカメラからのリアルタイム映像がメインの動画。

うまくいけば船外活動で各種調整や修理などをしているところを見ることができます。が、なんといってもそこはリアルタイム映像。タイミングによっては延々と同じような風景だけしか見れないこともあります。(´・ω・`)

カメラは時々切り替わります。自分の思い通りに切り替わってくれなくてイライラが募ることもあれば、予想以上のものが見れて思わず息を呑むことも。

ISSリアルタイム映像

飛行士自身が登場したりもします。

リアルタイムなのでスクリーンショットがうまく撮れなかったのですが、真っ暗な宇宙空間と真っ青な地球をバックにして宇宙飛行士がカメラに微笑みかけてるのを見た時はもう鳥肌モノでした。

ISSリアルタイム映像

宇宙空間で燦然と輝く太陽と地球、そして国際宇宙ステーション。宇宙ヤバイ、でも人類も負けてない! (・∀・)

音声があったら言うことなかったのですが、そこだけが残念。

こちらは定点カメラ。ただひたすらに地表のリアルタイム映像が流れています。

ISSリアルタイム映像

これこそが彼らが機械の目で見つめていた風景ですね。移りゆく昼と夜の境目を見た時はため息が出ました。美しい星に訪れた夕暮れ時の瞬間。

ISSリアルタイム映像

たまに「しばらくお待ちください」みたいになります。(´・ω・`)

こちらはヒーリングミュージックみたいなのが流れています。でもリアルの音声が欲しい・・・と思ったら、そうか。真空だと音は伝わらないのか。ようするに音って空気の振動のことだし。orz

こちらは先の動画とほぼ同じですが、画面の一部が飛行ルートなどを示す各種データ表示になっています。今は○○上空か、などということが把握できてより興味がわきます。(・∀・)

こういうのを見ていると、元旅人(バックパッカー)な僕は宇宙へ旅に出たくて仕方がなくなります。

僕が生きているうちに行けるかなぁ。でも行けるようになったとしても高いんだろうなぁ。2泊3日食事付き9800円とかなら出せるんだけどなぁ。orz

そんな日が来るのを期待せずに待ちながら、その日まではこうやってリアルタイム映像を見て楽しむことにします。

あっ、今UFO映った(嘘)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

どくろ

マムシやハブ以上の毒性。日本の無名陸生毒蛇「ヒャン」はこちら。

近年は温暖化が進んでいるということもあって、ヘビ類も猟期の最初の方にはまだ冬眠していないこと

記事を読む

シカ問題

増えすぎたシカが引き起こす問題を、神奈川県の資料から学んでみる。

日本においては、狩猟をしない人がほとんど。最近、テレビなどでシカの増殖問題が時々取り上げられ

記事を読む

3年保存が頼もしい。車に積んでおける「ガソリンの缶詰」で災害対策

10月末あたりから当地では和歌山県北部を震源とした地震が続き、不安がつのる今日この頃。もうじ

記事を読む

手書き文字

字が汚い人の救世主。こちらが代わりに「手書き」してくれる機械です!

機械化・IT化が進んだおかげで手書きで文字を書く機会は減った。といっても、役所などではまだま

記事を読む

実録・ハンターの趣味!日曜猟師は他にどんな趣味を持ってるのか?

地域とターゲットによって多少の前後はあれど、猟期の開始(11月15日)まで三ヶ月を切りました

記事を読む

ツナ缶

天才か。缶切りなしで缶詰を開ける超単純な方法。

あってほしくないことですが、狩猟で山へ入る時には一応、非常事態への備えは持って行ってます。

記事を読む

JHAオンラインストア

ちょっと変わった手作り腕時計がいっぱい!JHAオンラインストア

僕などはええ年こいて家庭も持たず狩猟という趣味に生きているわけですが、男の趣味といえばいろい

記事を読む

ウォーキング

Googleマップだけじゃない! ダイエット・散策にはMapion(マピオン)!

最近、というか30代に入ってからというもの、お腹まわり限定で絶賛成長中です。こんばんは、sp

記事を読む

老若男女

実録・ハンターの職業!日曜猟師は普段どんな仕事をしているのか?

現状、日本にはそれのみで生計を立てているという、いわゆる「専業猟師」と言われる人はほぼいない

記事を読む

杉花粉

花粉症のくせに2月3月の杉林に入る猟師おすすめの花粉症薬はこちら!

今日は2月12日。今年ももうそろそろ、スギ花粉症持ちにとってつらい時期が来ます。地域や体質に

記事を読む

Comment

  1. 藤屋 より:

    星や宇宙の話題に成ると、男の子(私65歳も)は引き込まれますよネ。地球を上から眺めて「ワシらは小さいのー」も良いのですが、ワシらの眼だけを1億光年ほど向うにやって、宇宙を見ると「大っきいの~~」となるのでしょうね。

    • spinicker より:

      ブラックホールがあるようにホワイトホールがあるって本当でしょうかね。なんで六角形の渦ができるんでしょうかね。なんで途中まで垂直なのにそこから90度折れ曲がる煙なんて存在するんでしょうかね。宇宙は不思議なことばかりです!

      男はいくつになっても少年なのでノープロブレム。おもしろければおk! (゚∀゚)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑