空気銃でカモが獲れない時は小さい水域を回ってみようというお話。

公開日: : 最終更新日:2018/07/13 狩猟よもやま話

狩りバカ日誌2015年2月7日

僕が空気銃猟を始める前、次が7年目の猟期なので、8~9年ぐらい前のお話。

その頃にも少ないながらも狩猟関連のブログ…というかサイトはいくつかあって、参考にしていました。今はもう更新が止まってるか404かばっかですけど。(´・ω・`)

当時、たいていのサイトでは「カモはなかなか獲れない、簡単じゃない」というようなニュアンスの記事が多くて、ああやっぱ狩猟ってそうイージーなものでもないんだな。と、逆になんというかこう、簡単じゃないからこそやる気が奮い立った記憶があります。

ar6

そして初めての銃所持がかない、気合いを入れて空気銃でのカモ猟に挑んでみた結果。

1期目は、エバニクスの「HUNTINGMASTER AR-6」という、ものすごくパワフルではあるものの精度に難のある銃を使っていたせいもあって、カモは一羽だけでした。今ほど情報なかったですからねぇ。
(てか今になってよく見たら、この銃、なんで撃鉄なんかついてんだ? ペレットに雷管なんかないのにいらんやんこんなもん orz)

財布には大ダメージだったけど、その銃はすぐに廃棄。二挺めには音はともかく精度には定評のあったレインストームを導入。実質ここからがスタートみたいなものです。

するとどうでしょう、メインターゲットのマガモカルガモがわんさか獲れるではありませんか! カモ撃ちってイージー! (゚∀゚)

…いやいや待て待て。

確かにヒマ人なんで猟場には毎週ほど足を伸ばしてる。鉄砲もよく当たるのを買った。犬はおらんからこの際おいとくとして、猟果を上げるために昔から言われてる「一犬二足三鉄砲」の原則のうち、「足」「鉄砲」はクリアできてるのはわかる。

けどそれにしてもよく獲れる。他にも何か理由があるのかもしれない。

スポンサーリンク

狭い池/川は狩猟がしやすい?

そこで思い至ったことの一つが「水域の狭さ」。

当地は海から遠いことが原因なのか、川幅はあまり広くないところが多いのです。川って基本的に海に近いほど、河口とか下流になればなるほど広くなっていきますね。
池についてもあまり大きくないのがほとんど。こちらは理由は定かではありません。

一般に、広い水域ってのは狩猟にはあまり適していないと言えるでしょう。

空気銃でカモが獲れない時は小さい水域を回ってみようというお話。

こちらは狭い水域のイメージ。

空気銃でカモが獲れない時は小さい水域を回ってみようというお話。

池のふちや川っぺりって堤や堤防になっていて、遊歩道のようなつくりである場合が少なくありません。散歩の人の往来なんかもよく見かけます。

空気銃でカモが獲れない時は小さい水域を回ってみようというお話。

狭い池や川だと、たとえ中央に浮かんでいても、散歩道との距離はあまり遠くにはなりません。

そういった場所で暮らすカモはそれが日常なので、人の姿が比較的近くにあることに慣れているようです(かといってさすがに散歩道の上から撃つことはないですけど)。当地のカモはこちらを見つけてもあまり飛ばないのです。あまり警戒心が強くない。

空気銃でカモが獲れない時は小さい水域を回ってみようというお話。

以前には他県の水場を偵察に回ったこともあります。その土地の池はとても規模の大きいところが多かったのを覚えています。

空気銃でカモが獲れない時は小さい水域を回ってみようというお話。

ということは、人の姿が遠いところにあるのが、そのエリアを根城とするカモたちにとっては日常なのです。そこのカモたちはこちらがちょっとでも近づくとすぐに飛んで逃げました。ハンター目線で言うと、スニーキングが難しい。

池の中央にいるのを狙うとしましょう。距離が遠いので射撃も難しいけど、腕でカバーしてしとめられたとしても、回収もまた難しい。そういった広い場所は風の影響も受けやすいものです。回収ができなければ撃つ意味がない。

というわけで、そのエリアでのカモ撃ちは向いていないと判断して、足が遠のいた。といったことがありました。

僕が以前に参考にしていたサイトの人たちが通っていた水場は、今から思えば、当地より広大であったのかもしれません。スニーキングも回収も一筋縄ではいかないほどに。それは確かに難しいだろうなぁ。

などといったことがあるので、もし空気銃猟でカモがなかなか獲れない。という場合には、地図をよく見てみて、可能であれば今より川や池が狭い場所に下見や猟に行ってみるのも有効であるカモしれませんね!(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

猟師の楽しみのひとつ、新規の猟場開拓。このブログでも過去に何度か取り上げています。

記事を読む

狩りバカ日誌2017年1月21日

悩める鳥猟ハンターに朗報!カルガモの雌雄の見分け方

このところ移住計画に頭がいっぱいで何かと他のことが手につかないspinickerです。不動産

記事を読む

レインストームのコッキング・デコッキング

僕がレインストームの(1個目の)マガジンに4発しか弾を詰めない理由

狩猟用空気銃は装薬銃ほどのパワーはないといっても、それでもやはり「狩猟用」。至近距離で首から上に命中

記事を読む

萩にイノシシ

間近で野生の猪を観察したい?なら(自己責任で)神戸市東灘区へGO!

どういうところにいるのか、何を食べているのか、逃走前・攻撃前にはどういう前兆があるのか。普段

記事を読む

狩りバカ日誌2015年1月1日(マガモ猟)

鴨の流し猟は本当に朝イチがベストなのか?もう一度考えてみた。

ハンターには”以前に(または今でも)釣りをやっていたことがある”という人が多い様子。その影響

記事を読む

狩猟雪姫

銃猟人口、絶賛減少中。「狩りガール」は救世主になりうるか!?

画像は関西テレビwebサイトより[/caption] ここ数年、各種メディアで「狩猟」「ジビ

記事を読む

筆毛ガモ

鴨臭さの原因、埋没した筆毛を除去する方法

猟期も終盤に入ってくると、『筆毛』の目立つ鴨が多くなってきます。『棒毛』とも言いますね。

記事を読む

狩猟とトイレ

狩りガール予備軍は特に留意しておきたいこと―狩猟とトイレ

人間、生きている以上、食物を摂取する必要があります。霞を食べたり光合成でエネルギーを得ている

記事を読む

イノシシ

続・モニタの前でえび満月でも食べながらイノシシの居場所を探る方法

脱・単独猟におけるイノシシ童貞。 こいつを達成するために今期は今までとはちがう猟場を新

記事を読む

鴨鍋と焼酎ロック

なんでハンターやってるんだろう?―活字にして見直す狩猟の魅力

さて山開きまであと2ヶ月(ry 狩猟を始めたのはそう昔の話でもないんですけどね。ついこの間

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑