盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

公開日: : 最終更新日:2018/08/17 クロスカブツーリング(林道等)

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた

毎年恒例…といっても、まだ二回目ですが、盆休みクロスカブの旅。去年は伊賀市を訪れました。今年は琵琶湖一周を目指します。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた

14日の朝に南河内を出発。京都市内の北の方を経由して山中越えといわれるルートから滋賀県に入ります。

京都市内の北を通るのは、学生時代に京都のこのへんで暮らしていたから。あんまり来ることないので懐かしかったのですが、ここはまた別の機会、秋頃にじっくりと回ろうと考えたので、そこそこで切り上げることにしました。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた

山中越えは峠道。頂上の展望台からは琵琶湖がちょっと見えてテンション上がってきます! (゚∀゚)

しかしこの電線が邪魔ですね。今度来る時までに切っておいてください。>関電

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた

琵琶湖到着! まずは湖畔でバイクも入れてパチリ。うーん、絵になるなぁクロスカブは。

が、このあたりからちょっとご機嫌斜めになってきます。

琵琶湖が見えるルートを走りたかったので県道558号線というルートをメインに進んでいたところ…めっちゃ混むんですねこの道。同じことを考える人が多いのか。orz

国道161号線の方に移行しようかとも思ったものの、そっちは空いているという確証もなく、暑さに耐えながらのろのろと動く車の列に加わること1時間ほど。すり抜けできないこともないけど、よっぽど道幅に余裕がある時でないとやりたくないのよね。危ないし。(´・ω・`)

結局、びわこバレイを過ぎて高島市に入ったあたりで渋滞が解消されるまでこのいもむし行軍は続きました。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

時々はこういった脇道にも入ってみます。ブロックタイヤを履いたクロスカブはこういう軽いダートが大得意。スタンディングでほどよい振動と凸凹感を楽しみながら進みます。スタンディングはヤエーをもらえる率が上がるという効果もあります。(・∀・)

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

この魚は…鮎かな? 琵琶湖に注ぐ河口にいっぱい泳いでました。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

かなり北の方まで来ました。このあたりになると山と湖の距離がかなり近くて、だいたいこういった風景の中を快走することになります。やはり山の民なので市街地よりこんな感じの方が気分が乗るなぁ。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

このへんまで来ると水の透明度もかなりのもの。南の方はとても泳ぐ気にはならないけど、これだけきれいだといくらでも泳げそう。実際、水泳場はかなりの盛況でした。かといって人が多すぎるわけでもなく、ほどほどな混み具合がいい感じ。

しまった、海パンでも持ってくればよかった。ツーリングでかいた汗を琵琶湖に飛び込んで流すのも悪くない。次の機会があればそうしよう。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

こうして見ると…海にしか見えん。古事記に「「淡海(あはうみ)」と書かれてるらしいけど、非常に納得のいく表現。

…しかしアレですね。確かに景色いいんだけど、めっちゃ広いし時間かかるし、三分の一周ぐらいで飽きてきますね実際。orz

飽きてきたので道を急いで本日の宿泊地、彦根に到着。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

短パンにレガース装着して長時間走るとこういうことになります。去年も同じ愚を犯したなそういえば。今思い出した。(´・ω・`)

気を取り直して彦根城とか見に行こうかと思ったんだけど、チェックインしてちょっと仮眠してから出かけようと予定を立てたのに、目が覚めるともう夜。ちくしょう。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

仕方なくそのへんで酒買ってきて部屋で一杯ひっかけて寝ることにしました。外に飲みに出ると酔っぱらい状態で帰ってくるのが面倒なんですよねぇ。部屋だとベッドに倒れ込めばいいだけなので楽ちん。

おはようございます。今日は近江八幡市の水郷巡りからスタートです。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

こういった小さい屋形船みたいなので琵琶湖の周囲の水路を遊覧します。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

ギイ…ギィ…。聞こえてくるのは、船頭さんが操る艪の音、芦の海を渡る風の音。とても静か。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

バイクでさえなければ、一杯やりながらこの景色を楽しんでもいいんだけどなぁ。

船から下りて、さてここから大津まで走れば琵琶湖一周を達成したことになります。が、僕はすでにガッツリと飽きています。一周するしないにもうこだわりはありません。

てなわけで、予定を変えてここから即南下、湖南市・甲賀市あたりを経由して伊賀市→名張市→奈良と走って帰宅するとしましょう。

何を隠そう、湖南市や甲賀市あたりは僕の移住先候補にも入っているのです。このあたりの視察は今回のツーリングの重要な目的でもあります。

…が、日頃の行いが悪いのか。大粒の雨が降ってきました。ブロックタイヤと濡れた舗装路の相性は最悪です。遠出でこれはきつい…orz

予定を切り上げ、そのまま家路につくことにしました。

最後にケチはついたけど、やっぱり年に一度ぐらいはバイクで遠出するのはいいもんですね。クロスカブはたいていの道は走れるし、冒険心を満たすのにいい乗り物なのは間違いなし。

盆休みバイクの旅。クロスカブで琵琶湖を3/4周ほど回ってみた。

とりあえず今回の行程はだいたいこんな感じになりました。走行距離二日間で432㎞。案外あるんですね。300㎞ぐらいかと思ってました。

僕はまた来年の盆休みもどこかへ出かけることになるでしょう。さて、どこがいいかな!(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

クロスカブで行こう!猟場の新規開拓&林道ツーリング2018

クロスカブで行こう!猟場の新規開拓&林道ツーリング2018

確かに2017年度猟期は終わりました。しかし、2018年度猟期に向けた戦いはもうすでに始まっているの

記事を読む

盆休みクロスカブの旅後編

盆休みバイクの旅。クロスカブで忍者の里・伊賀市を回ってみた(後編)

盆休みクロスカブの旅、二日目。宿をチェックアウトすると、その足で伊賀流忍者博物館へ。

記事を読む

盆休みクロスカブの旅

盆休みバイクの旅。クロスカブで忍者の里・伊賀市を回ってみた(前編)

今日は8月20日、日曜日。福利厚生の充実したホワイト企業様などでは今日まで盆休み、というとこ

記事を読む

クロスカブ黄色

クロスカブ×オフロード。猟場の林道を走ってみた(下り編)

先日のクロスカブ林道走行動画はほぼ上り100%でした。 上りと下りではバイクの挙動はぜ

記事を読む

クロスカブ林道走行

クロスカブ×オフロード。猟場の林道を走ってみた(上り編)

ただでさえ気候のいいこの時期、しかも連休。これはもうバイクで走りに行け、と神様が言っているよ

記事を読む

クロスカブ林道走行

クロスカブ×オフロード。猟場候補の林道を探索してみた

アンダーガードも取り付けてさらに林道走行向けになってきたクロスカブ。ちょっと暑くなってきたけ

記事を読む

【秋定期】クロスカブで猟場の見回り・ロケハンに行ってきた【2018】

先の日曜日。日本晴れの素晴らしい陽気に誘われて、猟期前の猟場見回り&ロケハンに行ってきました。

記事を読む

Comment

  1. LtcHughes より:

     昨日、甲賀市から大津を通って国境方面へ抜けました。もう、車でもうんざりするくらいの距離と時間でした。

     この時期は帰省する人、お盆休みで比叡山付近や大津に旅行する人、琵琶湖周囲のキャンプ場や遊泳場に行く人で道路はパンクしますね。

     次こそは琵琶湖1週、がんばってください !

    • spinicker より:

      >昨日、甲賀市から大津を通って国境方面へ抜けました。
      まじすか。もしかしたらすれ違ってたかもしれませんね。昼過ぎ頃黄色のクロスカブ見ませんでしたか?(・∀・)

  2. フォレスト より:

    私が今進めている仮住まい(狩り住まい)計画の場所は甲賀なんですよ。
    私もお盆はその辺をウロウロしていました。狩りポイントも開拓してるのでツーリングしたいね。
    バイクがないけどorz

    • spinicker より:

      確かそうでしたね。あのへんも良さそうですよね。やはり目のつけどころはハンター同士似通ってくるのかもしれません。

      僕がバイクの免許取ったのは去年の2月でバイク買ったのは3月です。持ってないのであればフォレストさんもバイク買いましょう、楽しいですよ! (゚∀゚)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑