BBQ・鍋のウケ狙いにも。鹿でも猪でもない上級者用ジビエはこちら

公開日: : 最終更新日:2017/10/27 ジビエ・ワイルド料理

珍品ジビエ

秋の行楽シーズンも後半戦。ここから先は屋外でのバーベキューなどはちと厳しくなってくるでしょう。寒いですからね。(´・ω・`)

他方、これからおいしくなってくるのが鍋料理。こんなブログに来るような人であれば、ぼたん鍋やらカモ鍋あたりは食べたことあるでしょうね。

しかし、ジビエや珍肉は猟で獲ってくるだけではありません。市販もされています。

そして中には、そんじょそこらの猟師では獲ってくることができない奇品珍品だって流通していて、あなたは家にいながらにしてそれらを注文することができるのです!

スポンサーリンク

狩猟鳥獣じゃない!超ジビエ

ワニ肉

ワニ肉

さて、これを書いている途中に我らが阪神タイガースが清宮を外してガックリきましたが、気を取り直していきましょう。岩見引けたらいいな。orz

ワニ肉。僕も以前に大阪のジビエ料理店、なんば赤狼へ行った時に食べてみようと思いました。鶏肉に近い味であると耳にしたことがあります。

僕と同世代ぐらいのナウいヤングであれば、20年ほど前にプロ野球にいたパリッシュという選手の好物がワニ肉だった。なんてことを思い出した人もいるかもしれませんね。フロリダでは普通に食べられているらしいです。

ラクダ肉

らくだ肉

ハンターであれば知らぬ者のないであろうタフガイ、ベア・グリルス師匠がディスカバリーチャンネルの看板番組、「MAN VS WILD(邦題 サバイバルゲーム)」のサハラ砂漠回で、腹を切り裂いて中にもぐり込んでシェルター代わりにしていた生物がラクダでした。

その時に肉も焼いて食べていましたが、硬いとか言ってたかな。さて、国内流通のラクダ肉のお味はいかに!?

カンガルー肉

カンガルー肉

オーストラリアではカンガルーが増えまくってぶいぶい言わしてて、交通事故も多発してるそうです。なんせカンガルーバー発祥の地ですからね。あれは装飾品じゃなくて実用品なわけですよ。

日本における鹿のようなものかと思いきや、ニホンジカの生息数が推定300万頭ほどであるのに対し、カンガルーは5000万頭にのぼるんだとか。17倍。条件にちがいはあっても、膨大な数字には変わりありません。

そういう個体の駆除されたものの肉なんでしょうか。だとしたらいい取り組みですね。おいしければなおグッド。食べてみましょう! (・∀・)

ダチョウ肉

ダチョウ肉

これは受け入れられやすいんじゃないでしょうか。鳥肉ですからね。鶏肉ではなくとも。淡泊でヘルシーな味であるとかよく聞きます。入門者向け。

ちなみに僕はどちらかというと肉より卵の方に興味あったりします。(^q^)

カエル肉

平面ガエル

こいつはある意味身近なジビエ。食用ガエルとかウシガエルとかってのがそこらじゅうに居るわけですから。金出して買わなくたって、意欲さえあればそのへんで獲ってきて食えます。

でもそれだと衛生面で心配…という人は、清潔な市販品をどうぞ。

僕は少なくとも一度はタイかカンボジアかそのへんのローカル食堂で食べたはずなんですが、味は印象に残ってません。たぶんフツーな感じだったんじゃないでしょうか。こいつも鶏肉みたいな味だとか言いますね。(・ω・ )

冬が近づき、仲間内で鍋を囲むようなこともあるでしょう。

そんな機会に、こういった肉をしらん顔で入れておいて、みんなが口にしたところで種明かし! なんてのも楽しいかもしれません。

…まぁ、絶縁されても知りませんけどね。そのへんはシャレが通じる相手か見極めて、自己責任でお願いします!(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狩猟鳥獣

ジビエ認証制度の創設を機にジビエの流通について再考してみる

農林水産省が、ジビエ活用促進の目的で、ジビエの認証制度を創設するそうです。 「ジビエ」

記事を読む

フードフレッシュバッグ

これは安い。手動ポンプ式の真空パック、フードフレッシュバッグ

獲物のサイズがハトより大きい場合、ジビエ一捕獲あたりの肉の量は一度には食べきれないケースが少

記事を読む

鹿モモ肉ブロック

鹿の骨つきモモ肉まるごと1本!取れた肉の量を測定してみました。

空気銃猟でのメインターゲットは僕の場合、カモとかキジとかヒヨとかハトとか。コジュケイなんかも

記事を読む

スズガモ燻製

ハシビロよりさらにまずいと噂の海ガモ(スズガモ)を食べてみた結果。

以前「まずいと噂のハシビロガモを食べてみた結果。」でハシビロガモを燻製にして食べてみて、世間

記事を読む

狩りバカ日誌2017年12月23日

あまり味の評判を聞かないヨシガモを食べてみた結果。

もう最近では目標を設定しないようにしてるんですけど、以前は猟期前に「今猟期の目標は○○!」っ

記事を読む

トナカイ皿

夏に行ってみたい。トナカイを食べたり遊んだりできる北海道の牧場

ジビエに興味を示す人というのは、要するに「珍しいもの好き」という性質がより強く発現している人

記事を読む

エノコログサ試食01

ただの雑草じゃない!エノコログサ(ねこじゃらし)を食べてみた

日本人になじみの深い穀物として「五穀」と呼ばれているものがあります。地域や解釈によって多少の

記事を読む

大鍋小鍋

カモ鍋用の土鍋。大きいのを買うか小さいのを買うかで迷ったら・・・

地域によって多少前後しますが、猟期は基本的に11月15日~2月15日。冬場です。すなわち鍋の

記事を読む

テスコムフードプロセッサTK440-W

安いフードプロセッサ、テスコムTK440をジビエ料理用に買ってみた。

以前に本サイトの鹿料理「鹿のあらびきメンチカツ」でもさらっと登場したフードプロセッサ、テスコムTK4

記事を読む

羽根

鳥猟ハンター垂涎。面倒な羽根むしり代行マシーンはこちら。

銃猟はやってるけど鳥はやらない、という人の理由に 「鳥は羽根むしりがめんどくさい」

記事を読む

Comment

  1. ltchughes より:

    カエルは、大学生の時に食べました。その頃は、田んぼ、用水路に行けば手のひらサイズのカエルが普通に沢山いましたから。

    今は農薬を大量に使用しているせいか、カエルもイモリもいなくなってしまいましたね。残念な事です。

    いや、食べられないことではなく、環境破壊のことが。。。

    • spinicker より:

      当地では夏になるとカエルの大合唱です。何ガエルかはわかりませんが。イモリは黒焼きにするとほれ薬になると言われてますね。ちょっと探してきます。ヽ( ゚∀゚)ノ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑