ドングリの中で最も美味といわれるスダジイ(大泉緑地産)を食べてみた。

公開日: : ジビエ・ワイルド料理

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

秋も深まって参りました。11月1日から猟期に入る地域では残すところ一か月。北海道はもう明日からですね。僕の場合、猟以外の遊びに興じられるのもあと一か月だけです。猟期に入れば休日はもう猟以外何もしないって感じなので。

野山は実りの秋。厳しい冬に向けて狩猟鳥獣もひたすらに食べまくり、おいしい脂を身にまとう季節でもあります。

その役割の中でも重要な位置にあるのがドングリ。僕も猟期に入る前に、以前からなぜか気になっていた、一番おいしくて生食も可能だというスダジイの実を試食するべく、堺市の大泉緑地公園を訪れました。

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

採集したのは赤〇のあたり。大芝生広場のちょっと南の林の一角。航空写真で見ると、

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

林のすぐ南には三差路が走っています。黄色のラインが三差路が合流するところ、そこから10~15mほど入ったところのおそらくこの赤〇の木がそうじゃないかと。もうあと一本か二本近くにあったかもしれません。

単にドングリというだけなら家の近所にもいくらでも転がってるんですけど、当地ではドングリのなる木というと、最も多いのはアラカシの木。近所のやつもほとんどこれです。アラカシも食用にはなるけど、ドングリ全般に言えることですが渋み成分「タンニン」が多く含まれていて、おいしく食べようとするとひと手間ふた手間かかってしまうのが難点。

その点このスダジイ、拾ったその場で生食できるほどタンニン含有量が低いのです。ヒャッハーな世の中になった時、覚えておけば助かるかもしれませんね!(・∀・)

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

こいつがスダジイの実。こんな感じで成っています。9月末から一か月ぐらいがシーズンらしいけど、タンニン少ない→防御力低いなので、遅いと虫にやられそうな予感。食用で採集するなら早めがいいかと。

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

根本にもいっぱい落ちています。この画像の中にも10や20は写っています。どれだけ見つけられるかな?(・∀・)

もし木が発見できなければ、こうして下を見てみると、実や殻斗(帽子みたいなやつ)が発見できるので判別できます。スダジイの殻斗は細長く全体を覆うような形でちょっと変わっています。

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

30分ほどで大きめの茶碗2杯分ぐらい拾えました。蚊が多いので虫よけ必須です。もし忘れたらすぐ近くに防虫効果のあるクスノキの巨木がそびえているので葉をわしゃわしゃして肌に塗るとそこそこ効果あるんですが…園の木なのでやめといた方がいいかもですね。虫よけ忘れず。(´・ω・`)

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

では殻をむいていきましょう。

素手は非効率的なのでラジオペンチやニッパーを使いましょう。おしりの方から地道に少しずつはがしていって、ある程度の大きさの穴があいたらそこからは爪を使って。という形が僕はベストでした。

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

あまり大きくないけど、白くてきれいな実。生食可能なので食べてみると、ほぼ無味。植物の青臭さすらない、非常にフラットなテイストで後味だけほんのり甘い感じ。

そして食感はコリコリしつつもなぜかちょっと粉っぽさが。どんぐりが粉っぽいとは意外。

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

画像はhttp://www.in-ava.com/donguri.htmlより

ちなみにドングリの栄養価はこうなっているそうで。糖質が豊富ですね。どんぐり酒というのも売っているそうですよ。なんとなく香ばしそう。(^p^)

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

しかしブツが小さくて殻もそれなりに頑丈なので、数をこなそうとするとなかなか大変。縄文人なんかはよくドングリ食べてたっていうけど、ドングリの時期にはほぼ一日中これやってる人とかもいたんじゃないかな。これだけの量でもまあまあ苦労します。以前食べてみたヒシの実よりはましだけど。

関連記事:ヒシの実の塩ゆで

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

ある程度処理したところで煎ってみることにします。香ばしさを引き出したいのでオリーブオイルを軽く引いて、岩塩をひとつまみ。長い目に火を通すのも香ばしさのため。

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

こんがりきつね色にローストされました。では早速!

スダジイのロースト 食後の感想

ガリッ…! か、硬い…!(゚Д゚;)

火を通しすぎたのか、めちゃくちゃ硬いです! 最近弱ってきた僕の歯茎では耐えることができません! いやマジで。どうしようこれ。捨てるしかないぞ…orz

エノコログサ(猫じゃらし)を食べてみた時も同じこと思ったけど、やっぱり品種改良されていない野生の実とかって、食べることは「可能」であっても「適している」とは言えないってことなのかなと、やはり似たような感想に到達しました。

その後加熱時間を短くして、乳白色の実の色がほんのり透明っぽくなった時点で火を止めると、粉っぽさ+コリコリ感から粉っぽさを消してコリコリ感をほくほく感に転換させたような食感に生まれ変わりました。火を通すのであれば、狙うところはここかな。

まあ、期待しすぎていたのが原因なんだろうけど、思ってたほどおいしいものでもありませんでした。食べれるようにするまでの手間もかなりのものです。

移住したら庭に植えようかと思ってましたが…ちょっと考え直そうかな。(´・ω・`)

Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ウサギ解体法

【グロ注意】所要5秒。ウサギの内臓を一瞬で抜く方法がすごい

まだしとめたことがないけど、おいしいという話を聞いているのでしとめたい、食べてみたいという狩

記事を読む

スズガモ燻製

おいしく食べるために。しとめた鴨を冷凍保存する時に心がけている事

(ハンターの務めだと思って撃っている)カラスやカワウとはちがって、カモとくるとこれはもう10

記事を読む

2014猟期用ボディ01

筋トレやダイエットにも!健康な体づくりに狩猟をおすすめする理由

世はまさに大健康時代。通販の商品なんかでも、半分以上がズバリ健康に関する効果をうたったサプリ

記事を読む

エノコログサ試食01

ただの雑草じゃない!エノコログサ(ねこじゃらし)を食べてみた

日本人になじみの深い穀物として「五穀」と呼ばれているものがあります。地域や解釈によって多少の

記事を読む

デュビア試食

【昆虫食】南米産ゴキブリを食してみた結果。【画像注意】

※昆虫食の画像が出てきます、閲覧注意 最近、「ヒョウモントカゲモドキ」、またの名を

記事を読む

ジビエ×文明の利器。電気フライヤーで鹿の竜田揚げに再挑戦してみた

ジビエ×文明の利器。電気フライヤーで鹿の竜田揚げに再挑戦してみた

シカって脂乗ってないよな…(´・ω・`) 本州で猟期のみに狩猟をしているハンターにはそうい

記事を読む

アナグマ肉

お味はいかに!? おいしいと噂のアナグマを塩焼きで試食してみた

ハンター間で肉を融通しあうことはわりとあります。デッドストックのカモ肉をカモ好きハンターに引

記事を読む

鹿肉

ジビエ肉のにおい―鹿臭さってどんな感じ?

アイスバケツチャレンジがまわってきたら、誰を指名しようか悩んでいます。こんばんは、spinicker

記事を読む

猪ベーコン

風乾にちょっとだけ工夫が必要。夏場の燻製づくり。

後日作る予定のジビエ料理の材料として、何度目かのイノシシベーコンづくり。夏場の燻製づくりは冬場よりや

記事を読む

珍品ジビエ

BBQ・鍋のウケ狙いにも。鹿でも猪でもない上級者用ジビエはこちら

秋の行楽シーズンも後半戦。ここから先は屋外でのバーベキューなどはちと厳しくなってくるでしょう

記事を読む

Comment

  1. バラクーダ より:

    こんにちは、ご無沙汰しております。
    今年も間近に迫ってきましたね。
    今猟期で人生二期目で、まだまだ昨年と変わらずド素人な私です。

    こんがり焼きすぎてしまったのは粉砕機(ミキサーの類?)で細かくして、サラダ等にトッピングしても良いかも?
    スリコギでのんびりグリグリってのもいいのかな?
    粉にして砂糖を混ぜてきな粉風にしてみたり・・・。

    と勝手言ってますが、こういう挑戦は素晴らしいと思います。
    いざという食糧難に対処できますね。
    ご教示いただきありがとうございました。

  2. spinicker より:

    硬いけど確かに香ばしさはかなりのものたつたので、トッピングにするのは良さそう。ただ、スリコギでも厳しいかなという気が…。金づちの出番かも!

    こちらはあと一か月を切りました。もうすぐですね!(・∀・)

  3. よるひらく より:

    はじめましてこんにちは。

    水分を飛ばさないように加熱するのがポイントかもしれませんね。

    スダジイは殻をむかずに使用済封筒や袋状に折った紙とかに入れて電子レンジでチンすると簡単です。時間は量にもよるけどいくつかパンパンはじけたころが目安かも。やや半透明になってやわらかくもちもちした弾力が出て生食よりさらに甘くなります。レンジの空焚きにならないようコップ一杯の水を一緒に入れるといい。あまりおいしくない栗よりは全然おいしいくらいで止まらなくなります。マテバシイも同じ方法で食べれて大きい分食べごたえはあるけど甘みはスダジイに及びません。

    職場にどちらも生えているので時々仕事中にチンしておやつに食べてます。

    • spinicker より:

      はじめまして!(・∀・)

      ツイッターの方でも同じようなアドバイスをもらいました。やはり殻むかずに炒った方が味的にも手間的にもナイスでした。あとのネックはやっぱり殻むきでしょうか。全部が全部火を通しているうちにヒビ入ってくれたらいいんですけどね…。これがもっと楽になれば。(´・ω・`)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑