射撃場でスラッグ弾の射撃練習する時はグリスを持って行こう。

公開日: : 最終更新日:2017/01/07 射撃

スラッグ弾

このサイト、このブログにはベテラン猟師さんの参考になりそうなことはそれほど載っていないと思われます。僕自身の経験が浅いですし。

一番に念頭に置いているのは「狩猟に興味を持ち始めていろいろとネットで調べている人」。そう、あなたのことです! m9(`・ω・´) 

もちろん、僕も猟師になる前はネットでいろいろと調べて行動しました。便利になったものだとは思いますが、では狩猟にまつわるすべての事がキーボードを叩けば出てくるかといえば、もちろんそんなはずありません。

(僕の場合は今でもそうですが、特に最初のうちは「何をわからないかがわからない」ってこともよくあることですし)

今日の内容もそういったことの一つ。スラッグ弾をたくさん撃つ時には弾頭にグリスを塗っておかないとちょっと面倒になりますよ、ということ。実際にスラッグ射撃をすることになった当日に初めて知ったことなのでした。

スポンサーリンク

レッドバード12番スラッグ弾

さて、取り出しましたるは大物猟用装弾、12番スラッグ弾。よく当たると評判のレッドバード射撃用。こいつをM870のスラッグ銃身でぶっぱなしてシシやシカを仕留めるわけです。1箱10発入りで税込み2106円。スラッグ弾はたいてい1箱10発入りですね。

ではこいつにグリスアップをほどこします。

スラッグ弾弾頭

前から見ると、むき出しになっている弾頭が銀色に光っています。ここにグリスを塗ったくります。

スラッグ弾に塗るグリス

グリスは特にハイパーなものは必要ないそうです。こういったチューブに入っている、何の変哲もない工作機械用のグリス。これでOK。

スラッグ弾グリスアップ

こんな調子でこう、にゅるっと。

スラッグ弾グリスアップ

どーん。完成。ちょっと盛りすぎた、あとでツライチになるぐらいまで拭いとこ。(´・ω・`)

グリスアップを忘れたら。

なんでこんなことをするかと言うと、銃身内の掃除を楽にするため。弾頭の前部に塗られたグリスが銃身内をうまい具合に潤滑して、弾頭のカスである鉛がこびりつきにくくなる。というメカニズムです。 ・・・たぶん。

実際、これをやっておくと、防錆潤滑剤(WD-40)を噴きつつ数回ブラシを通すだけでほぼキレイになります。

が、やっておかないと、射撃後にいくらブラシを通しても、銃身内にこびりついた鉛のカスがいくらでも出てくるのです。実際に一度忘れたまま30発ほど撃ったことがありますが、あの時はひどかった。(´・ω・`)

人によっては「ライフルやサボットならともかく、スムースボアのスラッグならそこまで気にしなくていいよ」って人もいますが、鉛カスがたまってた方が当たる。なんてことないはずだし、気分的なものもあるので、数撃つ場合はこうやってグリスアップしています。

これは特にグリスでなくても、「ラード」でも代用できるようです。

僕が初めて射場でスラッグ射撃の練習をした時、僕について教えてくれた射場の常連さんが受付で「ラードある?」と聞いてくれてまして、当時はなんのことかわかりませんでしたが、しばらくしてやっと理解できた次第です。

ただ、ラードは融点が低いので、冬場に塗った弾を夏まで置いておくと装弾ロッカー内が悲惨なことになりそう。その点は気をつけた方がよさそうですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

モスバーグ製M870サボット銃身でサボット弾を撃ち比べしてきた。

先猟期の結果を受けて狩猟用サボット弾の選定を考え直してみた

先猟期はフェデラル製のサボットスラッグ弾を使用していたspinicker。 しかし60

記事を読む

ターゲット

続・乗るしかない、このビッグウェーブに!―散弾銃を手にした女性タレントたち

芸能界の動きに疎いので知らなかったのですが「女性芸能人がクレー射撃を始めた」なんて話がちょっ

記事を読む

スラッグ射撃

サイトの調整ついでに評判のソーベストレとブリネッキを試してみた

M870につけているSD-33のマウントはサドルマウント。銃のシリアルナンバーをかくす形で装

記事を読む

バイポッドいらず!たいていの猟場でレスト射撃が可能になる方法

画像はhttp://www.harrisbipods.com/より[/caption] 僕は

記事を読む

ターゲット

実践的な射撃練習。M870でランニングターゲット射撃に行ってきた。

猟期がいよいよ間近にせまってきました。 ハンターたちは散歩の時間が近づいてきた犬みたいにソワソ

記事を読む

モスバーグ製M870サボット銃身でサボット弾を撃ち比べしてきた。

モスバーグ製M870ハーフライフル銃身でサボット弾をテストしてきた

猟期までひと月あまり。11月頭から解禁のところではもうひと月切ってますね。射撃場も猟期を楽し

記事を読む

京都笠取国際射撃場01

関西エアライフルマンの聖地、京都笠取国際射撃場へようこそ!

先日、半日ほど出かけて帰ってきたとき、エアコンがつけっぱなしだったことに気付いて膝から崩れ落ちました

記事を読む

初心者射撃研修会

社団法人主催だから安心!猟銃初心者・所持希望者向け無料講習会

昨今のジビエ・狩猟ブーム、とまで言うと大げさかもしれませんが、ちょっとずつ日の当たる場所へ生

記事を読む

岸和田国際射撃場

岸和田国際射撃場の感想。と、クレー射撃料金

先猟期に頻発した、「至近距離で踏み出したシカへの構え遅れ」問題。 対策として、ここのと

記事を読む

散弾とスラッグ弾

わりと最近まで知らなかった「狩猟用」と「射撃用」スラッグ弾の違い

狩猟の世界にはまず空気銃での鳥猟から入り、散弾銃での大物猟に参加しだしたのは去年から。最近で

記事を読む

Comment

  1. ltchughes より:

     ラードって、、、後で臭いそうですね。

     南北戦争や古い時代の西部劇に出てくるような、火薬を詰めて鉛玉を入れてレバーでグイッとやるリボルバー。あれも最後にグリスを塗りますよね。同じ目的なのでしょうか。

     それだけ油を詰めても弾道に影響しない。。。さすが装薬ですね。それにしても1発あたり200円以上とは。。。自分には無理です。。。

    • spinicker より:

      ほほー。西部劇って見ないので知りませんでしたが、たぶん同じ理由な気がします。その頃だと鉛っぽいし。ラードはこれといっておかしな臭いはしないですよ。

      スラッグは弾が高いのが悩みの種です。ハンドロードで100円以下になるらしいですが、そのためにはハンドロード用の機材を買う必要が出てきて、これまたお金がかかってしまうというジレンマ・・・。_:(´ཀ`」 ∠):_ …

    • あさだあめ より:

      私も京北射撃場でスラッグをやってます。3年になりますが、初めからずっとラードです。なんとなく天ぷらの匂いみたいで、気に入ってます。シシや鹿の肉も、グリスだと食べる気にならないけど、ラードなら安心だし、指でチャチャチャとぬれるし。夏場は、酸化したからか、案外固化していて装弾ロッカーも大丈夫ですよ。

    • spinicker より:

      はじめまして!(・∀・)

      ラードといえば、新家でもフロントに備えつけてあるのはラードでした。言えば貸し出してくれます。初めてのスラッグ射撃の時はグリスアップのことなど知らず持っていってなかったので、親切な先輩に教えてもらって塗ったのを覚えています。
      匂いのことはその時は初射撃でそこまで気が回りませんでしたが、天ぷらの匂いと言われると気になるなぁ。そのうち使ってみようかな。( ̄∇ ̄;)

  2. […] 射撃場でスラッグ弾の射撃練習する時はグリスを持って行こう。|吾輩はプアである […]

  3. […] 参考:射撃場でスラッグ弾の射撃練習する時はグリスを持って行こう。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑