狩猟ヒヤリハット体験その1 子供は神出鬼没

公開日: : 最終更新日:2017/06/10 狩猟ヒヤリハット・事故

子供は神出鬼没

銃猟ハンターであれば、公道(発射した弾丸が公道上を通過する場合も含む)での発砲は禁止である。ということはご存じのはず。

狩猟読本なんかではその理由までは書いてないですが、獲物に集中するとそれ以外への注意が散漫になって道路上を往来する車両や人間の接近に気づかず発砲する恐れがある。とかそういうことでしょう、おそらく。

しかし、それを遵守していてもなおヒヤッとしたことがあります。それはこういう場面でした。

スポンサーリンク

林の中の木立から左手レストで、隣接する池にいるカルガモを狙っていた時。池のふちギリギリまで出ると気づかれそうだったので、池の端から20mほど離れたところから狙撃の体勢を取っていました。

その場所は里山の中ではあるものの銃禁ではなく周囲には民家もなく公道上でもなく、法律的にももちろんオールクリアな場所。カモはこちらに気づいていなかったので、じっくりと時間をかけて集中して狙いをつけていた、その時。

左手をレストさせている木の向こう側から、かすかな子供の声が聞こえてきました。

反射的にスコープから視線を外して声の主を確認します。が、姿は見えません。左手をレストさせている木、そしてさらにその先の茂みのせいで、視界左側の広範囲が死角になっているからです。

そこで左手レストも解除して射撃体勢を解き、身を乗り出して発声源を探すことにします。この時点でカモには気づかれて飛ばれましたが、そんなのは後です。

結局この時は風に乗ってかなり遠くで遊んでいる子供達の声が運ばれてきたことがわかってホッとしましたが、よくよく考えてみると手放しで安堵できる状況でもありませんでした。

今回、子供は遠くにいたわけですが、仮にすぐそばにかくれんぼでもしている子供がいて、足音を忍ばせて声も出さず死角から現れて、トリガーを引く直前に射線に入られていたりしたら、獲物に集中しきっていたあの状況で、はたして気づくことができただろうか―。

子供にかかればどこでも遊び場です。僕も心当たりがありますが、小さいころには裏山に秘密基地なんか作ったりして遊んでました。これがもし山里だったなら、そういった場所は高い確率で銃猟OKになっているはずです。公道でなくても、子供は前ぶれなく銃口の前を横切るかもしれないのです。

それ以来、僕はトリガーを引く直前に必ず耳を澄ませて声や足音に気を配り、再度周囲を確認してから撃つようにしています。

立射&左手レストで撃った場合、場合にもよりますが銃口の高さは小学生ぐらいの子供の頭らへんになります。空気銃といえど、至近距離で子供の頭に当たってしまったら・・・考えるだけでぞっとします。

そうそうあることではないでしょうが、猟場で子供達の遊ぶ姿を見かけた場合は、そういった可能性を念頭に置いて安全に重々気を配るようにしたいものです。

副産物として、ハトを撃つ直前に耳を澄ませているとキジの声が聞こえてきて、そっちに向かったこともありました。猟果upにも有意義なので、ぜひ! ^ ^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スズガモ

鳥猟ハンターがカモ類のメスを捕獲するときに注意するべきこと

ハンターが猟をするにあたって留意する点はいろいろありますが、特に銃猟ハンターには気をつけるべ

記事を読む

注意一秒ケガ一生

瞬時に止血できる新発明「Vetigel」はハンターの救世主となるか?

僕自身は今のところ幸いにも狩猟中に大量の出血をともなう外傷を負ったことはありません。ちょっと

記事を読む

ちくしょう!

狩猟ヒヤリハットその14 超ヒヤリ。ガンロッカーの鍵がどこにもない!

先日。 さて射場へ向かうか。銃を取り出そうと保管ケースを開けると、ガンロッカーの鍵があ

記事を読む

ストロング猪

狩猟中の事故紹介その1 獲物の反撃による事故

狩猟にケガはつきもの。ベテランはもちろん、キャリアの短い人であっても、「いや、狩猟でケガなん

記事を読む

なんぞや

恵庭市盤尻の誤射事故が不可解な点だらけなのでまとめてみる

今年も猟銃の死亡事故が起こってしまいました。 誤射被害で職員死亡、森林管理局の悲痛

記事を読む

川流れ

狩猟ヒヤリハット体験その3  猟師の川流れ

空気銃でのカモ猟をメインに狩猟をやっていると回収に手間がかかるのが普通になって、たまにキジや

記事を読む

こける

狩猟中の負傷ワースト5(2017年度まで)を挙げていこうと思う。

その昔、「傷は男の勲章」なんて言葉がありました。もしかしたら今でもあるのかもしれませんが。

記事を読む

銃猟ハンターと色覚異常。恵庭市誤射事故の背景と得るべき教訓

※今回の内容は、誰を擁護するものでも、逆に非難するものでも、そして何かを強制するものでもありません。

記事を読む

救急

狩猟中の事故紹介その2 自損事故事例

狩猟中の事故紹介、その2は「自損事故」。自分で自分をケガさせたり死なせてしまったりした事故の

記事を読む

ハンターマップ

実例あり。新規追加がなくてもハンターマップは毎年熟読しましょう

猟期に入って半月ほど経ちました。猟果はいかがでしょうか?(・∀・) 僕は現在の所はまず

記事を読む

Comment

  1. 学生A より:

     中学の頃の友人が、小学生時代に山で猪用の罠に掛かって警察のお世話になったことがありました。そこは中学校の裏なので銃禁ですが、山に子供がいることについては他人事とは思えませんね。

     

    • spinicker より:

      小学生だと自力では脱出できないかもしれませんね。危険なのは銃だけじゃないということですね…(; ・`д・´)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑