狩猟ヒヤリハット体験その1 子供は神出鬼没

公開日: : 最終更新日:2017/06/10 狩猟ヒヤリハット・事故

子供は神出鬼没

銃猟ハンターであれば、公道(発射した弾丸が公道上を通過する場合も含む)での発砲は禁止である。ということはご存じのはず。

狩猟読本なんかではその理由までは書いてないですが、獲物に集中するとそれ以外への注意が散漫になって道路上を往来する車両や人間の接近に気づかず発砲する恐れがある。とかそういうことでしょう、おそらく。

しかし、それを遵守していてもなおヒヤッとしたことがあります。それはこういう場面でした。

スポンサーリンク

林の中の木立から左手レストで、隣接する池にいるカルガモを狙っていた時。池のふちギリギリまで出ると気づかれそうだったので、池の端から20mほど離れたところから狙撃の体勢を取っていました。

その場所は里山の中ではあるものの銃禁ではなく周囲には民家もなく公道上でもなく、法律的にももちろんオールクリアな場所。カモはこちらに気づいていなかったので、じっくりと時間をかけて集中して狙いをつけていた、その時。

左手をレストさせている木の向こう側から、かすかな子供の声が聞こえてきました。

反射的にスコープから視線を外して声の主を確認します。が、姿は見えません。左手をレストさせている木、そしてさらにその先の茂みのせいで、視界左側の広範囲が死角になっているからです。

そこで左手レストも解除して射撃体勢を解き、身を乗り出して発声源を探すことにします。この時点でカモには気づかれて飛ばれましたが、そんなのは後です。

結局この時は風に乗ってかなり遠くで遊んでいる子供達の声が運ばれてきたことがわかってホッとしましたが、よくよく考えてみると手放しで安堵できる状況でもありませんでした。

今回、子供は遠くにいたわけですが、仮にすぐそばにかくれんぼでもしている子供がいて、足音を忍ばせて声も出さず死角から現れて、トリガーを引く直前に射線に入られていたりしたら、獲物に集中しきっていたあの状況で、はたして気づくことができただろうか―。

子供にかかればどこでも遊び場です。僕も心当たりがありますが、小さいころには裏山に秘密基地なんか作ったりして遊んでました。これがもし山里だったなら、そういった場所は高い確率で銃猟OKになっているはずです。公道でなくても、子供は前ぶれなく銃口の前を横切るかもしれないのです。

それ以来、僕はトリガーを引く直前に必ず耳を澄ませて声や足音に気を配り、再度周囲を確認してから撃つようにしています。

立射&左手レストで撃った場合、場合にもよりますが銃口の高さは小学生ぐらいの子供の頭らへんになります。空気銃といえど、至近距離で子供の頭に当たってしまったら・・・考えるだけでぞっとします。

そうそうあることではないでしょうが、猟場で子供達の遊ぶ姿を見かけた場合は、そういった可能性を念頭に置いて安全に重々気を配るようにしたいものです。

副産物として、ハトを撃つ直前に耳を澄ませているとキジの声が聞こえてきて、そっちに向かったこともありました。猟果upにも有意義なので、ぜひ! ^ ^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狩猟ヒヤリハットその15 日の出直後の森で出会ったのは…?

去年か一昨年かの単独猟でのこと。 その日はいつものように日の出少し前に猟場に到着、

記事を読む

こける

狩猟ヒヤリハット体験その2 単独猟、忍び猟で負傷

人間、生きている以上、ケガはつきもの。「ケガなんかしたことない!」ってな人は皆無でしょう。小

記事を読む

高圧電線

狩猟ヒヤリハット体験その4  体験と西伊豆の事故から学ぶ電気柵

先月19日に西伊豆町で違法に設置された電気柵で2名が死亡した事故から1ヶ月あまり。その後、今

記事を読む

狩猟ヒヤリハットその9 その道路、危険につき。コンクリ林道の特質性

狩猟にはさまざまな危険がつきもの。そのあたりは理解しているつもりだし実際に何度か痛い目にも遭

記事を読む

増殖

狩猟ヒヤリハット体験その5 増殖する銃禁

狩猟をする上で注意しないといけない点はいろいろありますが、その中でも上位にくるのが「許可され

記事を読む

ストロング猪

狩猟中の事故紹介その1 獲物の反撃による事故

狩猟にケガはつきもの。ベテランはもちろん、キャリアの短い人であっても、「いや、狩猟でケガなん

記事を読む

スリップ

狩猟ヒヤリハットその8 冬道の恐ろしさ。川底へ転落しそうになった話

先日のブログ記事で「この時期、どこかで雪を待ち望んでいるようなところもある」「悪路に強いとい

記事を読む

耳

安全確認→発砲、の前に挟んでもらいたい工程はこちら。

北海道でまた狩猟事故が発生した模様。今度はどうやら流れ弾が原因であるとか。矢先の安全不確認で

記事を読む

誤射注意。僕が狩猟鳥に加えて非狩猟鳥も覚えようと思った理由はこれ

僕は散弾銃(M870)で大物猟もやりますが、同じぐらいかそれ以上に好きなのが空気銃(レインス

記事を読む

狩猟ヒヤリハットその16 ハンターの冷静さを奪う意外な存在

猟犬は巻き狩りにおいてなくてはならない存在。人じゃないけどある意味人より重要な役回りを担って

記事を読む

Comment

  1. 学生A より:

     中学の頃の友人が、小学生時代に山で猪用の罠に掛かって警察のお世話になったことがありました。そこは中学校の裏なので銃禁ですが、山に子供がいることについては他人事とは思えませんね。

     

    • spinicker より:

      小学生だと自力では脱出できないかもしれませんね。危険なのは銃だけじゃないということですね…(; ・`д・´)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑