中古車購入検討中!ハンターにぴったりなベストオブ猟用車は?

公開日: : 最終更新日:2015/05/02 狩猟車・猟用車

エブリイ車中泊仕様

本サイトの車中泊ページでもあげているように、今の愛車は車中泊仕様のエブリイ。猟師になることが決定的となった頃に買い換えた、いわばハンター仕様の車にするつもりでした。

しかし、中途半端な知識しかなかった当時の僕は

「奈良県といえば近畿でもまんなかより南寄りやし雪なんか降らんやろ、こっちのが安いしwww」

といった軽い気持ちでエブリイの中古車、2WDを選択しました。アホなことをしたものです。タイムマシンがあるのなら当時の自分の頸椎をかんざしで突いてでも止めますけどね、ええ。奈良県でも雪は積もるうえに立ち往生の原因は雪だけじゃないのです、実際。 (-_-)

今の車はおおむね気に入っているのですが、ただ1ヶ所だけが気に入らないので買い換えを検討しています。

それはやはり四駆ではないところ。狩猟中、四駆でさえあれば楽々脱出できたであろうスタックや脱輪にどれだけ苦しめられたことか。。。orz

ハンター仲間で話をすることがありますが、空気銃で鳥猟をしているハンターがかなりの確率で経験しているのが「キジ猟中の脱輪」です。

空気銃でのキジ流し猟は、田んぼの中のほっそい農道をキョロキョロしながら運転することになりますからね、たいていの場合。段差や用水路トラップによくやられます。僕も何度か経験がありますし、おそらくこれからも一度や二度はやらかすと思います! (・∀・)

加えて、昨期からは大物猟も開始しているので、これからは未舗装の林道を走るシーンも出てくることでしょう。

ということで「軽四(小回りが利く、維持費も安い)」であり、かつ「四駆(スタック対策)」を必須として、あとは燃費を考慮してできればMT!

といった狩猟用の中古車を検討してみたところ、以下のような候補が挙がりました!

※画像は各メーカーのウェブサイトより。なので新車の画像ですが、僕が検討しているのは中古車です!

候補その1.エブリイ(軽バン)

エブリイ

まずはなんといってもエブリイ! これなら今現在使っている道具、自作のコンパネ床材だとか敷きものなんかがそのまま流用できるし!

スタッドレスやチェーンなんかもエブリイを買えばもちろん流用できるのですが、これは軽四の商用車であればほぼ共通の規格なんで、このあたりもポイントですね。

    いいところ!

  • 車中泊が余裕でできる!
  • 今使っている用具を流用できる
  • ターボモデルは動力性能も○
    気になるところ・・・

  • 軽トラのような荷台がないので汚れ物の扱いが面倒
  • 林道の走破性が未知数

林道の走破性も四駆でさえあれば問題ないと思うのですが、デフロックの設定がないぶん後述の軽トラと比べると若干の不安があるのも事実です。

その2.ハイゼットジャンボ(軽トラ)

ハイゼットジャンボ

狩猟のことだけを考慮するのであれば、どう考えてもこいつが最強です! 山奥の林道のような悪路中の悪路ではただの四駆ではスタックしてしまうことも考えられますが、デフロックがあれば鬼に金棒! まず問題ないです。

基本的に林道というのは軽トラで走ることを前提に敷設されています。ある意味基準となる車なのです。

そして、このハイゼットジャンボという車は荷台が若干短い代わりにキャビン(室内)が広く、シートの後ろに銃や小物なんかを入れておける、猟師にはとても評判の高い軽トラです。

と。ここまで見ればいいことづくめなのですが、車を二台も所有できる身分ではない僕は、一台ですべてをこなさないといけません。

・・・うーん。軽トラ、軽トラねぇ。。。ナウいヤングなので見栄が邪魔をします! セカンドカーであればこれほどいい車はないのですが、残念ながら僕の場合は問答無用でファーストカーとなります。orz

などと考えていたのですが、一度実際にデフロックつき軽トラで鹿の流し猟に同行した時、その走破性にちょっと心が揺らぎました。落石や折れた木の枝が散乱するガッタガタの林道も難なくクリア! 荷台も広いし、あれはあれでアリかも。

しかも、

こんな本もあって、なんか遊べそうな車じゃないですか軽トラって! うむう、迷う。

    いいところ!

  • 走破性は十二分に確保
  • 荷台が広くて実用性・拡張性が高い
    気になるところ・・・

  • 車中泊ができん・・・
  • 見た目、というか軽トラというジャンルそのもの!
  • どうあがいても二人乗り
  • 長距離ドライブは軽バン以上につらい

その3.ハイゼットデッキバン

ハイゼットデッキバン

軽バンと軽トラを足して2で割ったようなのがこれ。4人乗れる代わりに荷台が短い軽トラみたいな感じ。

これなら工夫次第で車中泊もなんとかなりそうだし(未確認ですが)、狭いながら荷台もあって使い勝手はよさそう。外見も個性的で嫌いではありません。

これでデフロックがあればほぼ決まりなんですが、かなり古いモデルでないとデフロックの設定がないらしく、これまた決め手に欠けます。

長所短所も軽バンと軽トラを足して2で割ったような感じなので省略!

おそらく上記3種のどれかになると思いますが、すぐには結論が出ません。悩むなぁ。今のエブリイいくらで売れるかなぁ。ま、次の猟期まで時間があるんで、ゆっくり考えます。

お金さえあればね、ジムニーなんかも候補に入るんですがね。車そのものがたっっっっっかいところへ加えて燃費も壊滅的に悪いそうです! 軽四でリッター10㎞に届かんってそれは・・・。

あとは悪路の走破性次第ではハスラーやウェイクなんかも楽しそうな車ですね。

特にウェイクはサイズ的に軽バンと大差ないような感じで車中泊は問題ないだろうし、これでラフロードをしっかり走ってくれれば最高! けど、値段も最高! 高くて買えやしねえ! 世の中ゼニや!

というか、こういう車はないでしょうかね。

わかりやすいように図にすると、まずエブリイは

軽バン図

こんな感じですね。→が進行方向です。で、軽トラが

軽トラ図

こう。最後に、ハイゼットのデッキバンが

デッキバン図

こんな感じですね。

車中泊するには室内が広ければ(細長ければ)いいのですが、汚れ物を放り込んでおける荷台の存在も、ハンターからすれば助かります。

な の で 、

夢の猟用車!

こう! こんな車があれば荷台も使えるし足を伸ばしてゆったりと寝られます! こんな形で四駆でデフロックつきの軽四があればなぁ、車中泊派のハンターは100000000000台ポチるのになぁ! どこかのDイハツさんが作ってくれないかなぁ!(チラッチラッ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジムカーナ5

街中でラリー車が大暴れ。ケン・ブロックの「GYMKHANA」シリーズ

画像はKEN BLOCK'S GYMKHANA FIVEより[/caption] 今度うちに

記事を読む

車

はたして猟用車に四駆は必要か?奈良県・和歌山県の場合―

狩猟のスタイルを問わず必要になってくるであろうツールのひとつが『原動機付きの乗り物』。猟場が

記事を読む

世界の変態ATV

狩猟車には無理だけど。これが世界の変態(ほめ言葉)ATVだ!

スタイルによって程度の差はあっても、狩猟をやっていると不整地道路を走る機会は多くなることでし

記事を読む

新車

老婆心ながら新車の狩猟車を検討してる人に車傷の一例を挙げてみる。

ハンターを志して免許やら各種手続き、その他諸々の艱難辛苦を乗り越え、スタート地点まであと一歩

記事を読む

デッキバン特装車

spinickerの予想、若干当たる。デッキバン特装車、2018年1月登場!

猟師に人気の狩猟車、ハイゼットデッキバン。この車に猟師向けの特装車がラインアップされるかもし

記事を読む

林道

狩猟車えらびに新たな2台の選択肢、その名は・・・!

以前、「中古車購入検討中!ハンターにぴったりなベストオブ猟用車は?」でもふれたとおり、次期狩

記事を読む

サンバーVSエブリイ

サンバーに乗って1ヶ月。エブリイとの違いが見えてきた!

二代目猟用車・サンバーがうちに来てはや1ヶ月。早いものです。 その間、普段の足として街

記事を読む

車メンテ

エブリイ(DA64V)のフューエルリッド(給油口蓋)を安く直す方法

もうじき買い換えますが、エブリイは故障の少ないいい車です。パートタイム四駆でさえあれば林道だ

記事を読む

狩りバカ日誌2017年1月22日

温暖な地域在住だからこそ。猟場での雪道・氷盤路について考える。

昨今では大物猟は3月15日までという地域が多いかと思われますが、そうだとすると、まもなく猟期

記事を読む

歴代ジムニー

【遅報】最強の猟用車ジムニー、2018年にいよいよフルモデルチェンジへ!

特にブログのネタに困っているわけではないので最近はすっかりごぶさたになっていた、日刊工業新聞

記事を読む

Comment

  1. mimimi より:

     普通の軽トラの、荷台に寝るって、無しですか?
     
     荷台の右もしくは左半分に一人用のテントを張れるように床材を置いてテント固定用のアンカーを打つとか、あるいは荷台の半分くらいの大きな木箱を作って、中で寝られるようにするとか?(棺桶!?)
     
     それよりも幌の方が安上がりですか。ジムニーという選択枝はないのですね?

    • spinicker より:

      案外あちこちで『軽トラ荷台泊』を勧められます、不思議と。 ^ ^;
      でも荷台はしとめた大物を置いたりするとでっかいダニが落ちたりするので、やはりあそこで寝るのは避けたいですね。血なんかは拭けば終わりなので気にならないのですが。。。
      ジムニー・・・格安で程度のいい本体があれば、といったところですかね。(´・ω・`)

  2. 因島のトラ より:

    中古しかありませんが、猟で使うのはスバルサンバーが最強です。当然四駆!

    新車を狙うなら、ハイゼットのデッキバンでしょうね。車中泊も出なくもない。

    ミニクレーンを付けるなら、ジャンボですが、車中泊を諦める。

    犬を乗せるか乗せないか。大物猟をするかどうかでも選択肢が変ります。
    すぐ傷だらけになるので中古で程度の良い物があればそれが良いです。アンテナを付けたり
    フックを取り付けたり、ちゅうちょなくドリルで穴をあけたり、ねじ止めが出来ます。

    • spinicker より:

      はじめまして! (・∀・)

      サンバーですか。一時候補にはあがったのですが、いつのまにか消えてました。なんでだろうな。また検討しなおしてみます!
      確かに枝があろうがなんであろうがそのまま突っ込みますからね、僕のエブリイも天面は傷だらけのはずです。気にしてませんが。^ ^;
      それぞれ一長一短でなかなか悩ましいです!

  3. α より:

    こんにちは。いつもブログ拝見している者です。
    エブリーにヒッチラック装着で全て解決しますよ。内装もタイヤも全て流用できます。
    ランクルとかジムニーで猟してる方はヒッチラック率高いです。
    参考までに…。

    • spinicker より:

      はじめまして!(・∀・)

      ヒッチラックという単語自体知りませんでした、ある程度車のことは知っていると思っていたのですが勉強不足だったようです。。。orz
      ありがとうございました、調べてみます!

  4. ゴンタロウ より:

    4駆でも四輪の内一本でも空転してしまうと、動けなくなる可能性があります。(特に雪道)
    こけを回避するには、リミテェトスリップデフ(LSD)の装着が必要です。(かなり高価)
    自分はかつてこの装置を付けた車に乗っていて、スキーなどに行った時、動けなくなった大型四駆を(三菱&トヨタ)をかなり助けたことがあります。

    • spinicker より:

      はじめまして!(・∀・)

      そうなんですよね、滑りやすい路面だとただの四駆ではダメな時があるんですよね。他に人も車も通らないような山奥で立ち往生するのは困るし、いろいろと悩みます。。。

  5. α より:

    追記
    ヒッチラック=ヒッチキャリアとも言います。
    小型のバイクくらいなら楽々積載可能です。汚れても水でジャブジャブ洗えますし、ダニの心配も解消されます。
    スタックの心配をされておられる様なので更にアドバイスですが、リア側はヒッチラックを装備してフロント側に電動ウィンチを装備することをお勧めします。ニュートラル状態でウィンチで引けばスタックから楽々脱出できます。
    安物の電動ウィンチなら3万くらいからありますよ。
    参考までに…。

  6. α より:

    更に追記
    中国製のウィンチなら5千円くらいから売ってますね。
    壊れたら使い捨ての感覚なら良さそうです。

    • spinicker より:

      ご丁寧にありがとうございます!
      ウインチはいいですね、獲物を引き上げるのにも役立ちそうで。選択肢が増えてきた・・・( ̄∇ ̄*)

  7. ひかる より:

    はじめまして

    ハイゼットカーゴのセパレート2シーターを、
    こんな風にカットしてもらえたら
    https://matome.naver.jp/odai/2133534536327952001

    • spinicker より:

      はじめまして!(・∀・)

      これもなかなか思い切ったのがありますねぇ…。黄色いのはちょっと面白いかも。思い切ったコンセプトモデルがモーターショーなんかで出てきたら期待してしまいますね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑