これから始めるハンター予備軍の味方、狩猟セミナー紹介!

公開日: : 最終更新日:2016/10/20 狩猟よもやま話

2014第一回猟場見回り01

僕の場合は「うまいカモ鍋が食べたい!」と思い立ち、そのまま勢いに任せて、主に”銃の所持”関連の情報をネットで集め、それにしたがってまず所轄の生安課へ出向き、そこからだだだーっと手続きを進めていった。・・・というのがハンターになった流れでした。

その結果、実際に今では空気銃も散弾銃も取得してハンターとして活動できているので結果だけ見ると満足ですが、振り返れば最初はとまどってばかりでした。今から思えば、もうちょっとうまくやる方法もあったんじゃないかと考えるようになっています。

これから始めようと思っている方は、知り合いに猟師がいればその人に話を聞いてみるのも手だと思います。また、近くに信頼の置ける銃砲店があれば話を聞きに行ってもいいでしょう。

しかし、近くに銃砲店がない場合、またあったとしても、僕のように

「よくわからない業界の、それも初対面の商売人って信用できるの・・・? (´・_・`)」

という人は、狩猟セミナーやプログラムに参加してみる! という選択肢が有用かもしれません。ざっと見た感じでは、このあたりがよさげな気がします。

スポンサーリンク

ハグハグネイチャー 鳥猟体験プログラム
神奈川県の丹沢山麓で実施されるようです。ほとんど満員御礼になってますね。しかし現時点(2015年1月20日)のweb上では、2月14日に残席が2つあるようです! 気になる方はお早めに! ^^
NPO法人西興部村猟区管理協会ハンティングスクール
こちらは北海道ですね。遠いですが参加料自体は内容からするとなかなか良心的で、「ワイルドライフ教室」なんかも楽しそう。いずれエゾシカ撃ちはしてみたいですが、その際には参加してみたいプログラムです。
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
こちらはぼちぼち有名になりつつある、環境省主催のフォーラム。ご存じの方も多いかと思います。会場も日本のあちこちに点在しててちょっと便利です。

※他にはこんな感じのプログラムもいくつかありますが、今回は現状で実質的に稼働していると確認できたもののみ紹介しました。

忘れもしない、自分の銃での初めての射撃練習。撃っても撃ってもどこに当たったかわからず、調整の仕方もわからず途方に暮れました。その時はたまたま詳しい人が隣にいていろいろ助言をいただけましたが、そうでなかったら今ごろは右も左もわからず、もうハンターなどはやめてたかもしれません。

が、こういったところで顔見知りになった人がいれば、銃のことなどについて聞ける人も増えることでしょう。そうでなくても、顔見知り同士で作る横のつながりが、猟師として活動を始めてからも情報交換やらなんやらで活きてくるものです。

考え方はそれぞれですが、時間とお金に余裕があって、「狩猟を身近に感じてみたい!」という方は、こういった狩猟セミナーに参加してみることも選択肢の一つだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狩りバカ日誌2015年2月7日

空気銃でカモが獲れない時は小さい水域を回ってみようというお話。

僕が空気銃猟を始める前、次が7年目の猟期なので、8~9年ぐらい前のお話。 その頃に

記事を読む

鹿師匠

師匠と歩く猟場―忍び猟(おもに鹿)のコツを聞いてきた。

たまにサイトアドレス宛てにメールをいただくことがあるのですが、なかには 「教えてくれる

記事を読む

ツキノワグマ

WWFのコラム「クマの保護管理を考える」の読み応えがすごい件

個人的には、日本国内の狩猟の最高峰は「ヒグマの単独忍び猟」なんじゃないかと思っています。大口

記事を読む

狩猟したいインドア派だけど続くかな…って人に贈るアンケート結果。

「狩猟を始める前の自分はインドア派アウトドア派どっちだったのか」 という疑問を抱くよう

記事を読む

引っ込み思案

猟友会に入ったのに猟隊に誘われない、という時に取るべき行動。

こういったブログを運営しているといろいろとメールが届きますが、そのなかには 「猟友

記事を読む

夏の猟場

猟場の巡回&開拓は3~4月をおすすめする四つの理由!

猟期が終わってそろそろ二週間が過ぎようとしています。早いような、まだ二週間かって気もするよう

記事を読む

散弾とスラッグ弾

狩猟で一日山へ入る時、弾を何発持って行く?ツイッターで聞いてみた

最近、kenshiという超時間泥棒なゲームに頭のてっぺんまでどハマリしてしまって何事も手につ

記事を読む

萩にイノシシ

間近で野生の猪を観察したい?なら(自己責任で)神戸市東灘区へGO!

どういうところにいるのか、何を食べているのか、逃走前・攻撃前にはどういう前兆があるのか。普段

記事を読む

6粒9粒

バックショット(大粒散弾)禁止?日本猟用資材工業会の見解はこちら

銃猟をやっている人であればこれまでにも耳にしていたであろう、バックショットの使用制限に関する

記事を読む

鹿イラスト

猟場選びに迷ったら。地名から見るその土地の特性

大多数のハンターにとって、新たな猟場を開拓するのは楽しい作業。「あー新猟場探すのダルいなぁ」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑