これから始めるハンター予備軍の味方、狩猟セミナー紹介!

公開日: : 最終更新日:2016/10/20 狩猟よもやま話

2014第一回猟場見回り01

僕の場合は「うまいカモ鍋が食べたい!」と思い立ち、そのまま勢いに任せて、主に”銃の所持”関連の情報をネットで集め、それにしたがってまず所轄の生安課へ出向き、そこからだだだーっと手続きを進めていった。・・・というのがハンターになった流れでした。

その結果、実際に今では空気銃も散弾銃も取得してハンターとして活動できているので結果だけ見ると満足ですが、振り返れば最初はとまどってばかりでした。今から思えば、もうちょっとうまくやる方法もあったんじゃないかと考えるようになっています。

これから始めようと思っている方は、知り合いに猟師がいればその人に話を聞いてみるのも手だと思います。また、近くに信頼の置ける銃砲店があれば話を聞きに行ってもいいでしょう。

しかし、近くに銃砲店がない場合、またあったとしても、僕のように

「よくわからない業界の、それも初対面の商売人って信用できるの・・・? (´・_・`)」

という人は、狩猟セミナーやプログラムに参加してみる! という選択肢が有用かもしれません。ざっと見た感じでは、このあたりがよさげな気がします。

スポンサーリンク

ハグハグネイチャー 鳥猟体験プログラム
神奈川県の丹沢山麓で実施されるようです。ほとんど満員御礼になってますね。しかし現時点(2015年1月20日)のweb上では、2月14日に残席が2つあるようです! 気になる方はお早めに! ^^
NPO法人西興部村猟区管理協会ハンティングスクール
こちらは北海道ですね。遠いですが参加料自体は内容からするとなかなか良心的で、「ワイルドライフ教室」なんかも楽しそう。いずれエゾシカ撃ちはしてみたいですが、その際には参加してみたいプログラムです。
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
こちらはぼちぼち有名になりつつある、環境省主催のフォーラム。ご存じの方も多いかと思います。会場も日本のあちこちに点在しててちょっと便利です。

※他にはこんな感じのプログラムもいくつかありますが、今回は現状で実質的に稼働していると確認できたもののみ紹介しました。

忘れもしない、自分の銃での初めての射撃練習。撃っても撃ってもどこに当たったかわからず、調整の仕方もわからず途方に暮れました。その時はたまたま詳しい人が隣にいていろいろ助言をいただけましたが、そうでなかったら今ごろは右も左もわからず、もうハンターなどはやめてたかもしれません。

が、こういったところで顔見知りになった人がいれば、銃のことなどについて聞ける人も増えることでしょう。そうでなくても、顔見知り同士で作る横のつながりが、猟師として活動を始めてからも情報交換やらなんやらで活きてくるものです。

考え方はそれぞれですが、時間とお金に余裕があって、「狩猟を身近に感じてみたい!」という方は、こういった狩猟セミナーに参加してみることも選択肢の一つだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狩猟とトイレ

狩りガール予備軍は特に留意しておきたいこと―狩猟とトイレ

人間、生きている以上、食物を摂取する必要があります。霞を食べたり光合成でエネルギーを得ている

記事を読む

狩りバカ日誌2015年1月1日(マガモ猟)

鴨の流し猟は本当に朝イチがベストなのか?もう一度考えてみた。

ハンターには”以前に(または今でも)釣りをやっていたことがある”という人が多い様子。その影響

記事を読む

エゾシカ衛生処理マニュアル

ハンターの解体新書「エゾシカ衛生処理マニュアル」が改訂されました!

ツイッターの方では先ほどツイートしましたが・・・平成18年に発表され、充実した内容から好評を博した、

記事を読む

2014第一回猟場見回り01

猟期まであと少し、今シーズン1回目の猟場見回りに行ってきました!

なんだかんだ言ってるうちに、もうあと1ヶ月ですね! 早いものです。光陰矢のごとし。昔の人

記事を読む

ボウハンティング

えげつない!アメリカの鹿猟に見るコンパウンドボウの威力!( ;゚Д゚)

「蛇は寸にして人を呑む」「栴檀は双葉より芳し」というとちょっと大げさですけど、僕もやはり子供

記事を読む

夏の猟場

苦労の多い有害鳥獣駆除。盛夏の猟場を歩いてみた。

来年からはもしかすると有害鳥獣駆除のメンバーに入るかもしれない。受けるか受けないかはまだ決めてないも

記事を読む

レインストームのコッキング・デコッキング

僕がレインストームの(1個目の)マガジンに4発しか弾を詰めない理由

狩猟用空気銃は装薬銃ほどのパワーはないといっても、それでもやはり「狩猟用」。至近距離で首から上に命中

記事を読む

狩猟雪姫

銃猟人口、絶賛減少中。「狩りガール」は救世主になりうるか!?

画像は関西テレビwebサイトより[/caption] ここ数年、各種メディアで「狩猟」「ジビ

記事を読む

狩りバカ日誌2015年2月7日

空気銃でカモが獲れない時は小さい水域を回ってみようというお話。

僕が空気銃猟を始める前、次が7年目の猟期なので、8~9年ぐらい前のお話。 その頃に

記事を読む

マダニ

そろそろ山菜&山歩きシーズン。猟師とお役所推奨のダニ・害虫対策薬剤

暦は既に3月。今年ももうすでに1/6が経過しました。なんてこったい。orz 今年は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑