あまり味の評判を聞かないヨシガモを食べてみた結果。

公開日: : ジビエ・ワイルド料理

狩りバカ日誌2017年12月23日

もう最近では目標を設定しないようにしてるんですけど、以前は猟期前に「今猟期の目標は○○!」って感じでいろいろ挙げてました。

で、そこでよく言ってたのが「今までに獲ったことのないカモを獲る」。未賞味のカモを獲ってみたい。カモ猟から実猟の世界に入った者としては当然の欲求と言えるでしょう。

なので昨猟期の12月23日にヨシガモが獲れた時はとても興奮しました!!! (*゚∀゚)=3ムッハー

数が多くないということで、違法ではないけど捕獲には自粛要請の出てるカモなので、今回うまかろうとまずかろうと、当面の間は以後の捕獲は見送る方針。慎重に味わいたいです。

スポンサーリンク

あまり味の評判を聞かないヨシガモを食べてみた結果。

下処理の経過はいろいろとすっ飛ばして、燻すところからスタートします。燻製器をちょっと斜め下から撮ってみました。特に意味はありません。

あまり味の評判を聞かないヨシガモを食べてみた結果。

燻しあがりました。まずまずの色合いです。が…未処理のダウンがちょっと目立ちますね。(´・ω・`)

あまり味の評判を聞かないヨシガモを食べてみた結果。

脂の乗りはなかなかGoodな感じ。
さぁ、お味はどんなもんでしょうか!?

ヨシガモの燻製 食後の感想

・・・・・・ (-_-)

うう~~~ん。決してまずくはない、かといって「うまい」とも言えない。そこそこの血の味、中途半端なカモ風味。ビミョーな味。

でも考えてみれば、けっこうこのヨシガモ、獲った時も燻した時も、あまりいい条件じゃなかったんだよなぁ。

  • かなりの撃ち下ろしになり、胸肉の一番いいところに当たっていた
  • 気温の高い時期と言うことで風乾を冷蔵庫でやることになった。寒い時期に寒風で乾かすのがベストかと思う
  • 燻煙したのが風の強い日の夜。煙の上がり具合が暗いのと風のせいでわかりにくかった。火加減も強風で難儀した

このへんが少なからず影響したはず。

脂の質はよかったです。軽やかで甘みのある脂。それだけに処理が甘かったのが悔やまれます…orz

あまり味の評判を聞かないヨシガモを食べてみた結果。

そんな状態であっても、なんだんかんだでぺろっと完食。お見苦しくてすみません。

過去にハシビロガモを燻製で食べた時もその個体はあまりいい状態じゃなかったんですけどね。ヒシの実に邪魔されて回収&下処理に時間かかったし、あの時もボディショットだったし。でもうまかった。このあたりが均一な状態のものを用意できないジビエの面白さでもあり、難しさでもあります。

きっちり処理すればもっと期待できるはず。その点は確認できたけど、今後は個体数が目に見えて増加しない限りはヨシガモを撃つことはないので、暫定だけどこれが最終回答。

ヨシガモ、増えますように!(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

フードフレッシュバッグ

これは安い。手動ポンプ式の真空パック、フードフレッシュバッグ

獲物のサイズがハトより大きい場合、ジビエ一捕獲あたりの肉の量は一度には食べきれないケースが少

記事を読む

エノコログサ(ねこじゃらし)が香ばしかったのでコーヒーにしてみた。

なかなか新しい仕事についていけずあたふたしているうちに、気がつけばもう10月。それも言うてる

記事を読む

鹿カツが超簡単に!つなぎの小麦粉・卵なしで揚げられるパン粉はこちら

鹿カツが超簡単に!つなぎの小麦粉・卵なしで揚げられるパン粉はこちら

あまりシシのいない当地では、僕のスタイルだとよく獲れるのはシカ(散弾銃)とカモ(空気銃)。ま

記事を読む

いまさら感がすごいけどちょっとハチの子を食べてみた。

spinicker氏は猟師なんでジビエは常に食べていますが、東南アジアを放浪していたこともあ

記事を読む

カルガモ解体後

血の味解消!ジビエ鴨をおいしく食べるための処理法(ただし我流)!

初めて大ガモをしとめた時のことは今でもありありと思い出せます。20発に1発ぐらいしかまっすぐ

記事を読む

2014猟期用ボディ01

筋トレやダイエットにも!健康な体づくりに狩猟をおすすめする理由

世はまさに大健康時代。通販の商品なんかでも、半分以上がズバリ健康に関する効果をうたったサプリ

記事を読む

猪ベーコン

こないだ作った猪ベーコンがおいしかったので自慢する。

自身は未だイノシシ・シカ等大物の射獲経験がないものの、いつのまにか猟隊にまぎれ込みちゃっかり

記事を読む

ウナギ釣り&料理は難しいと思ってたけどやってみたら簡単だった。

梅雨の時期ってのはだいたい猟期終わってから次の猟期への中間地点らへん。世のハンターたちの狩猟

記事を読む

大鍋小鍋

カモ鍋用の土鍋。大きいのを買うか小さいのを買うかで迷ったら・・・

地域によって多少前後しますが、猟期は基本的に11月15日~2月15日。冬場です。すなわち鍋の

記事を読む

今、解かれし封印。2014年に射獲した四年ものカルガモを食べてみた

去年の10月に「大丈夫?真空パック済み冷凍ジビエ(鹿肉・二年もの)を食べてみた」という記事を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑