ではどういう人なら狩猟はやめておいた方がいいのか、考えてみた

公開日: : 狩猟よもやま話

拒絶

狩猟ブーム? の影響で、このところまたいろいろとブログ宛てメールや自分の周囲なんかでぼちぼちと質問が舞い込みつつあります。一度はパッタリと途絶えてたんですけどね。

関連記事:狩猟の質問「狩猟はしんどくない?辛くないですか?」に答えます!

そんな中で、始めたいけどどうだろうか系の質問、言い換えれば”自分に合うかどうか知りたい”みたいなのは少なくないんだけど、逆に「どういう人には合わないのか」なんてのは聞かれたことがないような。
多少なりとも興味があるから聞いてくるんだろうけど、なんか心のどこかで「始めないための理由」を探しているようにも感じてしまうのはなんでなんだぜ。

今日はそのへん、多少は興味があったとしてもこういう人は始めない方がいい。というのを僕なりにいくつか挙げてみましょうか。あんまりないですけどね…

スポンサーリンク

潔癖症な人

潔癖症

職場でたまに話する程度の人。そう接点が多いわけじゃないので僕がハンターだってことも知らなかったはずだけど、どこで聞いてきたのか、何度か質問を受けたことがあります。
この人の場合は完全主義っぽいこととも関係ありそうだけど、けっこうな潔癖症傾向があるような方でして。

「猟のスタイルや出猟場所にもよるだろうけど、どこにでもトイレがあるわけじゃないし、頻繁に出猟するならば年に一度や二度はNGSに挑戦する機会があると思っておいた方がいいですよ」

…といった感じの返答をしたところ、それ以降は何も聞かれなくなりました。

まあNGSはまぬかれたとしても、出血をともなう解体・臓物の摘出も必要になれば、ひっくり返ったりぬかるみに足つっこんだりして泥だらけになることもあるし、きれいなもんじゃないですからね狩猟って。

やってみないとわからないかもしれないけど、現役ハンターから見てもやっぱり極端なきれい好きな人には合わないだろうと感じます。

他力本願な人

他力本願

そりゃ聞かれればアドバイスぐらいはします。けど、車がないから毎回乗せていってください! とかいい笑顔で言われても難しいです。最初は冗談で言ってんのかと思いました。でも彼は本気でした。

巻き狩りオンリーならアリかもしれないですね。でも結局、狩猟って引くか引かないかとかをはじめとして、いろんなとこで自分で決断して自力で解決しないとクリアできない問題に直面するものです。他人を当てにする傾向が強い人には向いてないでしょう。

今までの経験では、これは若い人に多いように感じています。おっさんはなんだかんだで自分でなんとかしようとする人がほとんどな印象。そうじゃない人もいたけど、やっぱりいつの間にかいなくなってました。

いつまでも考えてる人

なんぞや

始めようかと思ってるんですよ! と言ってた人が、数年ぶりに出会ってもまだ同じようなことを言っていて、始めていませんでした。こういう場合はたぶん、心のどこかで本能的に避けてるんじゃないかという気がします。本当にやる気がある人は案外ぱぱっと動いてます。

何かが心にひっかかっていて始められないのなら、それはおそらく合ってないのです。そっちの判断の方が正しいと思われます。あまり何年も同じことを言いながらも動かない人はそういう人なんだと思います。

decoline2

上から目線でなんだかんだ言いましたが、何年も熟慮の末におそるおそる狩猟を開始して結果どっぷり肩まで漬かってる人だって知り合いにいます。ここに挙げたのはあくまで僕の勝手な印象。熱意があればすべて塗り返せます。
僕は潔癖症じゃないけど内臓とかはさすがに最初はダメでした、でもやってるうちになんとか慣れました。

それでもわからないというのであれば、なんならすぐに始めてみてください。ダメなら一年でやめればいいのです。負けでも恥ずかしいことでもありません。合わなかっただけです。

そして、始めてみれば、合ってるか合ってないかは一発で身をもってわかることでしょう。

そういえば、猟をやる人が共通して気の惹かれる可能性が高いものがいくつかあります。バイクとかナイフとか釣りとかですね。
そのへんに何か感じるところがあれば、可能性は高いんじゃないかと最後に付け加えておきます!(・∀・)

Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

レインストームのコッキング・デコッキング

僕がレインストームの(1個目の)マガジンに4発しか弾を詰めない理由

狩猟用空気銃は装薬銃ほどのパワーはないといっても、それでもやはり「狩猟用」。至近距離で首から上に命中

記事を読む

慣れている鳥

撃つ気になれない、慣れすぎた狩猟鳥

獲物との駆け引きは、狩猟の醍醐味のひとつ。ハンターは獲物の行動パターンを予測、それに己の経験

記事を読む

猟師になりたい未成年の君へ

猟師になりたい未成年の君へ。今からやっておくといい、5つのこと。

僕が猟師を志したのは30代半ば。わりあい早い方だとは思いますが、もっと早くに決心する人もいて

記事を読む

マダニ

そろそろ山菜&山歩きシーズン。猟師とお役所推奨のダニ・害虫対策薬剤

暦は既に3月。今年ももうすでに1/6が経過しました。なんてこったい。orz 今年は

記事を読む

ごみとカラス

カラスと農家と猟師と知性。あなたはカラスを撃つ?撃たない?

唐突ですが、僕は普段クジラ肉を食べない人間です。 なんか昔からあまり好きじゃないんです

記事を読む

血痕

大物の銃猟には必須?「獲物がいた場所」を知っておく必要とその方法

銃猟は「撃って当てればそれでおしまい」というわけではありません。しとめたとしても、獲物を持っ

記事を読む

夏の猟場

猟場の巡回&開拓は3~4月をおすすめする四つの理由!

猟期が終わってそろそろ二週間が過ぎようとしています。早いような、まだ二週間かって気もするよう

記事を読む

人間のステルス

動画で見るエクストリーム擬態。これが野生動物のステルス性能。

忍び猟で大物を狙う時に壁になってくることのひとつが、動物の擬態能力。 今では野山に天敵

記事を読む

効率なら最強の流し猟。狙うべき林道・見るべき地形はここだ!

今日はどうしてもシカを獲りたい! なんて日もあります。ただ単に猟欲がたぎってるだけだったり、

記事を読む

カメラ

猟師予備軍におすすめ。狩猟トレーニング法「カメラハンティング」

こう見えても新規ハンターの世話・勧誘に貢献している…つもりのspinicker。ほぼブログ経

記事を読む

Comment

  1. ぷうきち より:

    非常に興味深い内容です^^
    初めてとったキジバトはなんとなく気持ち悪くて足を摘まんで回収すると一緒に行ってたじいさんに「お前何しとるん??」って言われました。
    今は鹿の内蔵、引きづりだしてます^^
    釣りは小学生からずっと、バイクは40歳位まではレース、ナイフはなんやかんやと5、6本あります。
    早く猟期来ないかな~^^

    • spinicker より:

      やっぱり釣りは子供の頃からやってるって人多いですねー。僕は最近は全然行ってないですが…。ハンターやる前はよくチヌとカレイ釣りに行ったもんです。

      反対にバイクはハンターになってから乗り始めました。レースはやらないけど、林道をとことこ走るのは気持ちいいもんです。(・∀・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑