お味はいかに!? おいしいと噂のアナグマを塩焼きで試食してみた

公開日: : ジビエ・ワイルド料理

アナグマ肉

ハンター間で肉を融通しあうことはわりとあります。デッドストックのカモ肉をカモ好きハンターに引き取ってもらったところ、お返しにアナグマ肉がうちにやってきました。歓迎━━(゚∀゚)━━光臨!!!

アナグマ肉

アナグマのサイズ感はよくわからないのですが、思っていたよりは小さい。これが標準ってことはないと思うんだけどなぁ。

でもその分、めちゃめちゃ脂乗ってる! こりゃすげぇ! (・∀・)

はじめてのジビエ食材なのでいつも通り、素材の味がわかりやすいよう塩こしょうオンリーでテイスティングしてみます!

スポンサーリンク

アナグマの精肉

アナグマ肉

あまり大きくないと思ったけど、全体から肉を削ぎ集めてみるとそれなりの量になりました。つーか、どうよこの脂の量。絵面のほとんどが白じゃないか! (・∀・)

あと、後ろ脚だと思っていたものは精肉中に肩甲骨が出てきて、実は前脚だったことが判明。アナグマはじめてとはいえ前脚と後ろ脚をまちがえるか普通…。orz

アナグマ肉

アバラはスペアリブとして食べるので、腹腔内部の薄皮をぺりぺりっとはがしておきます。こいつがついたままだと臭みが出るのです。

焼き魚とかでも、はらわたのあった場所は内臓を抜いてあってもちょっと味が変だったりしますよね? あれと同じ理屈です。魚の場合は細かすぎていちいち取ってられないんだろうけど。

薄皮をはがし終わったらアバラを背骨から分離していきます。ちょっと手間だったので画像撮り忘れ。でも身も脂も上々、これはうまいはず!

アナグマ肉

スペアリブはまた今度。今回は肉のみ、味付けは塩こしょうオンリーです。酒振りかけるとかもなし。

アナグマ肉

なんせこの脂乗りなので、フライパンも脂の海になる…かと思いきや、そこまででもない様子。皮付きの鶏ももとかはこれより脂乗りは少なくても、フライパンに流れる脂の量はすごいんですけどね。

鳥は鳥でも鴨とかはそんなことないから、やっぱりブロイラーが不自然なんでしょうね。

アナグマ肉

いい具合に火が通りました。さてお味やいかに!

アナグマのシンプル塩こしょう焼き 食後の感想

味というかなんというか、ものっそいニュートラルさにまず驚きました。臭みとかクセとか、そういったものがほとんどと言っていいほど感じられません。これがほんとにジビエか…! ハッキリ言って、そのへんのスーパーで売ってるグラム100円程度の安売り市販肉よりはよっぽど上です。

海外ものの鶏とか、あと牛の形成肉とか、ひどい時はもう途中で箸を置きたくなるほど臭い時ありますけど、あんなのとは比べものにならないほど自然で優しい味わい。

食感は牛と鶏を足して二で割ったような感じ。さすがに高級市販肉のやわらかさにはかないませんが、ほどよい弾力とコロコロ感。サイズ的にもこの個体は若い個体だったんじゃないかという気がするので、そのへんは引き次第ということも考えられますけどね。なんせジビエなので。

いやいや、話に聞いていたとおり、とてもおいしく食べられました。アナグマ。捕獲後処理の手際もよかったのでしょう。

ただ、脂は乗っていても、クセのなさから淡泊な印象を受けます。脂は乗っているけど淡泊であるという珍しい事例です。

カモのような単体での主張がないと言えばいいのか。カモはどう味付けしてもカモ感たっぷりだけど、アナグマは味付け次第でどうとでも変身しそう。レシピも悩みそうです。
そのままでも十分食べられる、でもさらにおいしくするには調理者の腕というかセンス…引き出しの数、懐の深さが問われるジビエ食材だと言えるでしょう!

もらいものですらこうなんだから、自前で獲ったものだともっと(自己満スパイス効果で)うまいんだろうなぁ。

以前にもいや増してアナグマを獲ってみたくなったspinickerなのでありました。( ・`ω・´)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

テスコムフードプロセッサTK440-W

安いフードプロセッサ、テスコムTK440をジビエ料理用に買ってみた。

以前に本サイトの鹿料理「鹿のあらびきメンチカツ」でもさらっと登場したフードプロセッサ、テスコムTK4

記事を読む

ヤマモモ

そのへんのヤマモモでヤマモモ酒を作ってみた

冬になると鉄砲しょって獣を追う生活を送っているspinicker。冬以外は何をしているのかといえば、

記事を読む

羽根

鳥猟ハンター垂涎。面倒な羽根むしり代行マシーンはこちら。

銃猟はやってるけど鳥はやらない、という人の理由に 「鳥は羽根むしりがめんどくさい」

記事を読む

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイ(大泉緑地産)を食べてみた。

秋も深まって参りました。11月1日から猟期に入る地域では残すところ一か月。北海道はもう明日か

記事を読む

珍品ジビエ

BBQ・鍋のウケ狙いにも。鹿でも猪でもない上級者用ジビエはこちら

秋の行楽シーズンも後半戦。ここから先は屋外でのバーベキューなどはちと厳しくなってくるでしょう

記事を読む

トナカイ皿

夏に行ってみたい。トナカイを食べたり遊んだりできる北海道の牧場

ジビエに興味を示す人というのは、要するに「珍しいもの好き」という性質がより強く発現している人

記事を読む

猪ベーコン

風乾にちょっとだけ工夫が必要。夏場の燻製づくり。

後日作る予定のジビエ料理の材料として、何度目かのイノシシベーコンづくり。夏場の燻製づくりは冬場よりや

記事を読む

エノコログサ試食01

ただの雑草じゃない!エノコログサ(ねこじゃらし)を食べてみた

日本人になじみの深い穀物として「五穀」と呼ばれているものがあります。地域や解釈によって多少の

記事を読む

ばった

散弾銃も空気銃もいらない!そのへんで簡単に獲れるジビエ?食材

こんなブログに来られる方はまぁほとんどの場合、ジビエや狩猟に興味のある方がほとんどだと思いま

記事を読む

大鍋小鍋

カモ鍋用の土鍋。大きいのを買うか小さいのを買うかで迷ったら・・・

地域によって多少前後しますが、猟期は基本的に11月15日~2月15日。冬場です。すなわち鍋の

記事を読む

Comment

  1. ltchughes より:

     写真を見ていて、私も体~足だと思っていました。半身なので、「お尻(肛門)、どんな風に清潔を保ったまま、切ったんだろう。。。」って考えながら見ていたのですが、前足だったのですね。

     半身と言えば、90センチ級の猪の半身を知人にあげたら、シャトレーゼのケーキになって帰ってきました。。。

     アナグマは見たことがありませんが、ドッグフードをエサにしたら、タヌキが3回掛かりました。タヌキがいるのなら、アナグマがいてもおかしくないはず。タヌキは逃がしましたが、アナグマが捕れたら食べてみたいです!

    • spinicker より:

      シカの腕肉なんかは煮込みにでもしないと硬いものだけど、このアナグマは焼いただけでも柔らかくて普通に食べられました。アナグマあなどりがたし!

      狙って獲れればいいんですけどねえ。エサ何がいいんだろうか。タヌキは何でも食べそうなイメージが。。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑